二俣一夜城と戦国時代絵巻

二俣一夜城と戦国時代絵巻
昨日に続いて、また二俣城にやってきました。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
今日もイベント目白押しです。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
昼間に見る復元天守は夜とは違いますね。週間天気では雨が予想されていましたが、朝は何とか晴れてよかったです。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
勇壮な和太鼓演奏からイベントは始まりました。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
続けて居合が披露されます。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
午前の部の最後は、日本放鷹協会による放鷹術披露です。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
本丸内を颯爽と飛ぶ鷹、今は日本種ではなく、イギリスのスカイホークなどを使用するようですが、観客も参加して鷹匠がどういう訓練をしていたのかを体験しました。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
昼の休憩の後は居合から始まりました。竹の居合斬りは切れないミネを使用するもので、すごい迫力でした。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
昨日以上の観客が来ていましたが、期間限定の二俣城復元にしてはもう少し人出があってもよかったと思いますね。新型インフルエンザの影響もあるのでしょうけど。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
続けて、朝から準備をしていた武者行列が始まり、
二俣一夜城と戦国時代絵巻
舞台上で徳川軍と武田軍による演劇が行われました。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
続けて、長篠・設楽原鉄砲隊による火縄銃砲術演武が行われました。すでに天候がかなり怪しくなってきていましたが、順調に演武は進み、
二俣一夜城と戦国時代絵巻
三段構えの演武などもあり、
二俣一夜城と戦国時代絵巻
すべての演武を終えるまでなんとか天気は持ちました。
一通りイベントを楽しんだので、帰ろうと駐車場に向かっている途中で土砂降りとなってしまいました。後のイベントはどうなったでしょうね。しかし、わざわざこのイベントのために遠征してきて良かったです。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
帰りにイベントに連動した企画展をしていた田代家に寄りました。田代家は天竜川を利用した筏問屋です。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
中では、「二俣城物語展」として、二俣城や鳥羽山城の発掘調査や小説、絵画などが部屋に所狭しと並べられていました。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
中に、平成7年に初めて復元されたときの二俣城復元天守の写真がありました。今回の天守は立派だと聞こえてはいましたが、比べるまでもないですね(#^.^#)

三方原古戦場碑やっと見つけた!

写真でよく見る画なのだが、なかなか場所が分からなかったもの
三方原古戦場碑
この「三方原古戦場」の碑です。
三方原古戦場碑
地元の観光マップにも載っていない?地元に入った後にどうしても見たくて探していると・・・
三方原古戦場碑
ありました。ここは中区の浜松市営の墓地です。
三方原古戦場碑
ちょうど管理事務所では
三方原古戦場碑
三方原合戦の貼絵展が開催中でした。

二俣一夜城と戦国時代絵巻

今回静岡まで足を伸ばした理由に、国民文化祭にあわせてここ二俣城に天守が復元されると知ったからです。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
初日の今日は一日限りの夜のイベントが開催されます。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
天竜川も夕暮れに沈んでいきます。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
城跡となっている山上へは東側の公園入口から上るのが通常ですが、隣りの鳥羽山城を見に行った帰りでもあり、地元の人と一緒に西側入口より登ります。
そのおかげで山上にのぞく復元天守と月の風景を見る事ができました。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
山上に到着すると目の前に復元天守が現れました。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
回り込みます。一夜城として発表されていたイメージ図どおりではないですが、9日間という公開限定期間で撤収されてしまうのは勿体無い出来ですね。
後で聞いたところによると、建築に2、3週間もかかったそうで、解体された後はいつかまた公開されるまで保管されるそうです。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
本丸入口に立つ木像は、ここで自害した家康の嫡男信康の像です。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
今日は地元の方中心に100人以上の人が集まっていました。ドライアイスの煙幕とともにイベントが始まりました。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
天守二階の窓が開き、法螺貝が演奏されます。窓開くんだー、という驚きの演出です。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
初めに、犀ヶ崖資料館で見た遠州大念仏が演じられました。漆黒に浮かぶ復元天守の前で演じられる大念仏はなんとも言えない厳かなものでした。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
続けて、地元生田流の琴の演奏がありました。金沢城でも同様のイベントを何度も見ましたが、城に和の演奏はやはり合いますね。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
最後に日本舞踊が披露されました。晴れてて良かったですが、夜は寒かったですね。明日は昼のイベントです。

国民文化祭しずおか2009 絵図でみる浜松城

国民文化祭しずおか2009を見るために静岡までやってきたので、関連イベントを見ていきますよ。
国民文化祭しずおか2009 絵図でみる浜松城
まずはクリエート浜松で開催中の「絵図でみる浜松城」です。
国民文化祭しずおか2009 絵図でみる浜松城
会館の一室に絵図や浜松城の発掘調査成果などの写真が展示されていました。
国民文化祭しずおか2009 絵図でみる浜松城
貴重な大絵図も堪能できるこの展覧会、期間限定ながら無料です。
国民文化祭しずおか2009 徳川・武田争奪の城
そして、道向いの浜松まちづくりセンターに移動します。そちらでは「徳川・武田争奪の城」として、北遠・湖北の30の城について絵図や縄張り図、写真が展示されていました。それらの城跡が紹介された「浜松の城跡見どころマップ」もゲットできました。こちらも無料でした。

三方原犀ヶ崖古戦場

今日はいい天気になって良かった!浜松に到着するまでに豊田で1時間の大渋滞にはまってしまいました。
三方原犀ヶ崖古戦場
浜松市に到着して初めに寄ったのは犀ヶ崖古戦場です。まずは犀ヶ崖資料館を見てきました。
三方原犀ヶ崖古戦場
中には遠州大念仏の資料が展示されていますが、三方原合戦唯一の史跡として当時の模型があります。決戦場の広さを実感できますよ。
三方原犀ヶ崖古戦場
犀ヶ崖がその名のとおり深い崖地です。三方原合戦で夜営していた武田軍を徳川軍が急襲して、この崖に次々と落ちて亡くなったという場所だそうです。
三方原犀ヶ崖古戦場
石碑もあります。
三方原犀ヶ崖古戦場
のぞくとかなり深いです。斜面には竹も群生しており、当時はこれで竹槍なども作ったのでしょうかね?
三方原犀ヶ崖古戦場
資料館の裏には合戦でこの地で討死した本多忠真の顕彰碑もあり、その後ろには徳川家康お手植と伝わる楠木もあります。
この碑の右後方には「旗立ての松」という看板があるのですが、附近に松らしき木がない!?
不思議に思って資料館の管理人に聞いてみると、数年前に松くい虫にやられて枯れてしまったとか!それは残念なことです。看板の謎、解決です。

惣構跡探訪会(東内・外惣構)

金沢歴史遺産探訪月間2009
金沢歴史遺産探訪月間が昨日から今年も始まりました。探訪会、文化財公開、伝統芸能披露と多くのイベントが開催されます。
惣構跡探訪会
今日は、惣構跡探訪会に参加しました。昨年第一回として西内・外惣構跡探訪会が開催され、今年は東内・外惣構跡探訪会が開催されます。
今まで惣構の探訪会は西惣構が中心だったので、東で開催されるのは今回が初めてではないでしょうか。講師は惣構跡探訪ではすっかりお馴染みになりました、金沢工業大学の増田教授です。
2年続けての参加が多いものと思っていましたが、数人だったのが意外でした。
惣構跡探訪会
集合場所であった金沢市庁舎南分室で講義を受けてから出発です。
惣構跡探訪会
東外惣構の見所はやはりその始点になる兼六園内の山崎山ですね。
惣構跡探訪会
早速、出発して県立美術館裏の階段を上り、小立野口から兼六園内に、山崎山で初めの解説です。
喰違虎口の一部であった山崎山は土塁の一部であり、古木が多く樹生するあたりが言われてみると庭園とは異なる趣に見えます。
惣構跡探訪会
そこから八坂を下り、路地に入ります。東外惣構が流れ落ちる道筋は非常に少なくなっているのですが、写真の中央の用水は新しいものです。右側からこの用水に合流している溝が惣構堀の名残りだということでした。
惣構跡探訪会
そこからすぐ近くの駐車場に土盛りが残っていますが、これが土居の跡ではないかと思われるのですが、民有地のため保存が難しいそうです。貴重な文化財ではありますが、一般生活との両立ができないのは残念なことです。
惣構跡探訪会
そして、材二親和会童志園は敷地が惣構堀、向こうの壁が土居の高さを示しており、痕跡は全くありませんが、その大きさのよく分かる場所です。
惣構跡探訪会
途中、旧成瀬家邸の立派な石垣を横目に、常福寺をぐるりと回ります。常福寺の敷地は一段高くなっており、その敷地に添って惣構は流れていきます。
ここで予定コースは横山町に入るのですが、賢坂辻を曲がり、東内惣構へ向かいました。
惣構跡探訪会
内惣構は小将町中学校の前から始まり、味噌蔵町小学校に向かって下ります。小学校前でみんなが覗き込んでいるのは・・・・
惣構跡探訪会
惣構が道路下を通り、流れてくる惣構堀跡です。ここでほぼ直角に右に折れます。
惣構跡探訪会
ここから入ったことのないような細い路地に入りましたが、惣構堀と土居との落差がよくわかる場所でした。
惣構跡探訪会
味噌蔵町交差点から斜めに入り、寺島蔵人邸の1本南側の道を歩きました。ここが惣構の内側の道、内道の跡です。1本北側の道路(寺島蔵人邸前)とは確かに落差があります。
また、個人宅に残る松の木は打道の幅を示しているそうで、興味深いですね。
惣構跡探訪会
枯木橋で惣構の深さを実感し、
惣構跡探訪会
最終地点は東内惣構堀枯木橋詰遺構です。皆さん最後まで真剣に話を聞いていましたね。
来年も開催されるか分かりませんが楽しみにしています。

安土城下町を歩く

今日は安土城の城下を歩きました。前回の訪問時は安土駅の南側を歩きましたので、今回は北側を歩きます。
安土城下町を歩く
映画「火天の城」で安土町は随分と盛り上がっていました。
安土城下町を歩く
駅前では信長像が出迎えてくれます。
安土城下町を歩く
まずは駅前を西側に進み、「梅の川」に向かいました。
梅の川は、織田信長の家臣武田夕庵が、この水で茶を献上したところ、信長公はたいそう気に入り、茶会に好んで用いたと言われる水場です。
安土城下町を歩く
続いて、「北川湧き水」です。室町時代に常楽寺港として栄えたこの地区には湧き水が当時の姿で多く残っています。
安土城下町を歩く
湧き水の近くに常楽寺港の船着場址が残っています。
安土城下町を歩く
現在では湖岸からかなり内陸部となっていますが、常浜公園として葦茂る良い魚釣り場所となっているようです。
安土城下町を歩く
常浜公園から西の湖に向かう途中、道路上のマンホールが気に入りました。信長の旗印、永楽通宝ですね。
安土城下町を歩く
安土城の西側に広がる「西の湖」です。安土城築城当時は湖面が城の北側に大きく広がっていました。
安土城下町を歩く
安土城の西側に位置する「活津彦根神社」です。
安土城下町を歩く
現在の本殿は江戸時代前期のものです。
安土城下町を歩く
神社から東に進むと、朝鮮人下街道に至ります。安土城はすぐそこに見えます。
安土城下町を歩く
角に嘉永7年の法華塔が残っています。
安土城下町を歩く
百々橋を渡れば、安土城の百々橋口です。
安土城下町を歩く
下街道を戻ると、途中「新宮大社」がありました。
安土城下町を歩く
茅葺の美しい拝殿のある神社でしたが、敷地を取り囲む石垣の入り組み方が複雑で、砦かとも思える程でした。
安土城下町を歩く
さらに下街道を進み、少し外れた場所に「セミナリヨ址」がありました。南蛮寺のあった場所ですね。今はすっかり整備されて史跡公園となっています。
安土城下町を歩く
ここからは安土城が間近に見えます。
安土城下町を歩く
下街道は城下では何度も曲がります。この曲がり角では「常夜灯」が残っています。
安土城下町を歩く
石は一見して古さがわからないのが欠点ですね。
安土城下町を歩く
さらに進むと「活津彦根神社」の参道の入口がありました。ここから数百メートル先に先ほどの境内がありますが、下街道からまっすぐに参道が設けられていたことになります。
安土城下町を歩く
下街道からまっすぐ北に神社への参道、下街道は右に折れます、。
安土城下町を歩く
そこから50メートルほど南に神社の御旅所が残っています。
安土城下町を歩く
この角には「朝鮮人街道」の石碑が立っています。向こうの角を左に曲がれば安土駅です。