甚之助谷砂防堰堤群 Ver.1.0

甚之助谷砂防堰堤群

甚之助谷砂防堰堤群

配布場所:白山砂防科学館
配布日:2018年6日~(9:00~17:00、木曜日・年末年始は休み)
取得日:2019年2月24日
取得の追加条件:百万貫岩クイズの全問正解

甚之助谷砂防堰堤群
白山砂防科学館

甚之助谷砂防堰堤群
姫川周辺には崩れを観光スポットにしていたが、考えれば白山にも崩れは多い。

甚之助谷砂防堰堤群
昭和9年の手取川大洪水で流出した「百万貫の岩」の縮小模型が展示されている。この模型に設置された百万貫岩クイズ3択4問に全問正解すると認定証が発行され、それを受付に持って行くと

甚之助谷砂防堰堤群
2種類の砂防カードのうち1枚をもらえる。

甚之助谷砂防堰堤群
こちらは2015年の白山登山のときの写真。
砂防新道の中飯場から別当覗に至る途中、不動滝を見られる絶景ポイント。不動滝の下の深い谷に砂防ダムが造られている。こちらは柳谷導流落差工と言われるもので、甚之助谷はこの上流になる。

甚之助谷砂防堰堤群
柳谷導流落差工


そこに白山の砂防施設の案内板がある。


甚之助谷は甚之助避難小屋の直下の谷になるが、深すぎて登山道や小屋からは直接見えないようだ。

砂防施設データ
所在地:石川県白山市白峰
河川名:手取川水系牛首川
形式:重力式
堤頂長:24.0~40.0m
堤高:4.0~5.5m
管理者:石川県
着工:昭和7年(1932)
完成:昭和13年(1938)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です