南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク Ver.1.0

南アルプスジオパーク

南アルプスジオパーク

配布場所:道の駅 南アルプスむら長谷(配布終了)、伊那市創造館(10:00~20:00、火曜日・年末年始休み)
配布日:不明
取得日:2019年5月2日
取得の追加事項:配布希望の申出

南アルプスジオパーク
道の駅「南アルプスむら長谷」にある「南アルプス 長谷ビジターセンター」がジオパーク拠点のひとつになっている。

南アルプスジオパーク
センターのある伊那市にある構成スポットが紹介されている。
今日の大勢の人が訪れていたセンターではジオパークカードは随分前に配布終了となったらしい。再版の予定を尋ねたところ、もしかしたら伊那市創造館のほうにはまだ残っているかもしれないという情報を教えていただいた。

南アルプスジオパーク
そこで早速、伊那市中心部の伊那市創造館のほうへ。
周囲には駐車場がないため、少し離れた場所にある駐車場に停め訪れる。
文化財展示もある施設だがなんと無料で見られる。窓口でジオパークカードについて尋ねると、随分問合せはないのだろうか、少し間を置いてカードをいただいた。あと10枚も残っていないという。ラッキーだった。

南アルプスジオパーク
カードを無事に入手した安心感の中、展示を見せていただく。
伊那市には自慢の重要文化財が2つある。ひとつはこの顔面付釣手形土器

南アルプスジオパーク
そして、日本一美しいと言われる神子柴の石器

南アルプスジオパーク
翌日、グーグルナビに騙されて!?通過することになった分杭峠。近くに構成スポットがあり、すれ違いの難しい狭い道にもかかわらず交通量の多いところだった。

ジオパークデータ
団体名:南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク協議会
構成市町村:飯田市、伊那市、富士見町、大鹿町
メインスポット:中央構造線路頭
代表的な岩石:赤色チャート、石灰岩、緑色岩、蛇紋岩
ジオキャラ:ジオ博士、助手の構造くん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です