すべてのWEBサイトがSSL化される時代は近い?

ベリサインと契約している会社に不定期に送信されてくる「VeriSign Letter」、その7月号に気になることが書かれていました。


Googleのhttps化がおよぼす影響とは?
ウェブサイト運営者の多くはアクセスログ解析ツールを使って訪問者がどのサイトから来るのか、どんなキーワードで検索してくるのかを日々確認されていると思います。そこで本日はGoogle社が新しく開始したSSL暗号化対応の検索サイトの登場によって、これまでのログ解析結果にどのような影響が出てくるのか少し触れてみたいと思います。
5月21日よりGoogle社はエンドユーザのプライバシーを保護するため、SSL暗号化対応のベータ版検索サービスを立ち上げました。エンドユーザの検索キーワードと検索結果はSSL暗号化によって通信経路上の第三者から守られます。その一方で、非SSL(URLがhttp://から始まる)のサイト運営者には、このサイトからの訪問者がどこから来たのか、どんなキーワードを検索したのかが分からなくなってしまい、ウェブマーケティング活動に支障をきたす恐れがあります。
通常Internet ExplorerやFirefoxなどのブラウザは、サイト訪問者が直前に訪問していたURLをリファラと呼ばれる情報としてウェブサーバに送信します。ところが直前のURLがhttpsから始まるSSLサイトの場合、非SSLサイトへ遷移してもリファラを送信しない仕様となっています。これはブラウザのセキュリティ仕様による動作です。例えばプログラムが稼動しているサイト上ではURLにセッションIDなどプライバシー情報につながりやすいパラメータを含むことがしばしばあります。そのような場合でも、前出の仕様によってSSL暗号化されたサイトのセッションIDなどが通信経路上の第三者に渡ってしまう事を防げます。
しかし、サイト運営者にとってリファラはSEOやレコメンド機能などウェブマーケティング活動の重要な基礎データとなります。そこでこれまで通りリファラを取得するためにはサイト全体をSSL化するがひとつの解決手段となります。
Google社のSSL検索サイトの利用者の数はまだまだ多いわけではないと思いますので対応を急ぐ必要はなさそうですがプライバシー意識の高まりによって今後SSLがどのように利用されてゆくようになるのか、気に留めてみるのも良いかもしれません。
–>> Google社のSSL検索サイトを試してみる
   http://vmail.verisign.co.jp/c?c=9229&m=37718&v=a8328336


SSL証明書購入しないといけないのか?お金かかるな。
というぐらいにしか思わないかもしれませんが、SSL導入するときは、
・SSL証明書をドメイン1つにつき、1つ購入する
・ドメイン1つにつき、1つのグローバルIPアドレスを取得する
という2つの難関を突破しないといけません。
マルチドメイン対応のSSL証明書があるではないか?
と思う方もいると思いますが、マルチドメイン対応証明書は携帯電話には対応しません。今時、モバイル対応できない証明書に意味があるとは思えません。
もっと深刻なのは、グローパルIPの問題です。現在IPv4のIPアドレス枯渇問題が間近に迫る中で、すべてのWEBサイトにグローバルIPアドレスを準備することは到底無理です。
この問題に対応しないデメリットは・・・
リファラが取得できないことにより、アクセス解析ができなくなることです。Google Analyticsではサイトに来た経緯として。「検索エンジン」があり、さらにどのような「キーワード」で検索されて訪問したのかが分かります。
しかし、SSL対応のGoogleから来たユーザーは「https」から「http」にリファラ情報を引き継げないことにより、直接訪れたユーザーのように見えるということです。検索された「キーワード」もわからないので、どうページを変更していくか方針が立てづらくなります。
そもそもGoogleの意図はどこにあるのか?
建前は「エンドユーザのプライバシーを保護するため」となっていますが、途中で解読できなくなるため「自社検索サイトで入力された単語も含めた情報の独占」なのか、それとも自社広告を介しての「Google CAの販売」なのか、後者は話が飛躍しすぎですが、かなり影響は大きいでしょうね。
いずれにしてもプライバシー保護の流れは止まらないでしょうから、近い将来すべてのWEBサイトはSSL化することになりそう!?です。
それともうひとつ、


携帯電話でSSL通信ができないと何が起こるのか?
~ケータイSSL接続検証サービスを開始しました~

携帯電話端末からインターネットアクセスをする際に、SSLで通信を暗号化する場面は多々あります。しかし、携帯電話端末に組み込まれた“ルート証明書”によってはSSLサーバ証明書との暗号化通信ができず、携帯電話端末の画面にエラーが表示されます。エラーの内容は各携帯電話端末の通信方式や機種によって異なり、接続を終了してしまう機種もあります。また、SSLサーバ証明書や中間証明書のサーバ設定を間違った場合にもエラーが表示されます。
弊社では各種携帯電話端末からお客様指定の携帯電話向けサイトにアクセスをして、SSL暗号化通信が正しく行えることを検証するサービスを開始しました。接続検証に関しては、多数の携帯電話端末機種を保有する必要があり検証を正確に実施するための専門的な知識が必要になります。携帯電話向けサイトオープン前の実機検証、お客様からの問い合わせに即時回答するために対応機種を特定しておきたいなどのニーズに応えるサービスです。詳しは以下をご覧ください。
–>> 日本ベリサインの「ケータイSSL接続検証サービス」の詳細はこちら
   http://vmail.verisign.co.jp/c?c=9230&m=37718&v=c6af2618


なんかおかしな気分です。証明書の携帯端末への対応度調査は日本ベリサイン社自身が実施して発表するべき作業です。
自社サイトの証明書がベリサインであれば、サイトのコンテンツにより証明書が影響を受けるわけではないでしょう。
と思っていたら、ベリサイン以外のSSL証明書を使用していても申し込みはできようです。ということは、結果が悪いから自分ところの証明書に替えましょう!と営業かけられるためにお金払う人はいるでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です