映画「ガンダムNT(ナラティブ)」

映画「ガンダムNT(ナラティブ)」

宇宙世紀としては、ガンダムF91(1991年)以来27年ぶりとなるガンダム新作映画を見てきました。
実は前売りを購入した時点ではユニコーンの1年後という設定を全く知らず、その続編的な内容だということを直前まで知りませんでした。ガンプラも全く作らなくなって久しいので、ユニコーンのテレビ版を見ていたのでなんとかついて行けました。一つの作品としてはとてもガンダムらしくて面白かったです。

映画「ガンダムNT(ナラティブ)」

入場者プレゼントがあるということで、偶然休みだった初日初回公演に行きましたが、皆さん劇場限定プラモデルを購入するのに行列で、開始に間に合わなかった方もいました。9時15分開始というのに9時にオープンしたので、まあ間に合わないとは思いましたが。

自分はさっさとスクリーンに向かい、入場者プレゼントを確認するとナラティブA装備の原画でした。他にチラシ5枚

映画「ガンダムNT(ナラティブ)」

グッズも物色しましたが、結局パンフレットのみ購入しました。最終報告書はストーリーを追う内容で、後から読むと内容が分かりやすく理解できる。

映画「GODZILLA 星を喰う者」

映画「GODZILLA 星を喰う者」

アニメ版GODZILLAの第3作「星を喰う者」を見てきました。3部作の最終作でどう完結するのかが楽しみでしたが、思想的な内容で考えさせられるラストでした。

しかし、ゴジラとギドラの対決は圧倒的な映像で、大画面の映画館ならではの迫力でした。
第一部 ゴジラVS人類
第二部 ゴジラVSメカゴジラシティ
第三部 ゴジラVSギドラ
という、ゴジラシリーズでも人気のあるメカゴジラとキングギドラがアニメで再現されましたが、テーマは第一作ゴジラの文明の功罪についてのもので、アニメとはいえ大人向けでしたね。

映画「GODZILLA 星を喰う者」

入場者プレゼントがあり今週初めに行く予定していたところ、一週目のプレゼントはなくなったと告知があったので今日からの二週目に合わせて行きました。欲しかったメカゴジラとギドラのカードで良かった!

映画「魔法少女リリカルなのは Detonation」

映画「魔法少女リリカルなのは Detonation」

今日、「魔法少女リリカルなのは Detonation」を見てきました。
前後編の二部作となった後篇になりますが、時が経って少し前作の内容が薄れていました。

最初は登場人物の情報整理に時間がかかりましたが、最後の方はこれぞという内容で期待通りの展開でした。
また新作やってほしいな

今回も週替わりの入館プレゼントがあります。
ミニ色紙ですが、第一周目、なのはが当たって今日の運は使い切ったみたいです。

映画「散り椿」

映画「散り椿」

最近、映画ばかり見ているように思いますが、映画館の会員カードがいつなくなるのか判らないという状況で、台風も近づいていることもあり、公開されたばかりの映画「散り椿」を見てきました。
老夫婦が数組入り、賑わっているほうだったでしょうか。

とても良い時代劇でした。信念を貫くという侍の矜持ともいうべき生き方がよく表現されていました。現代ではとても難しいことだけれども、自分を信じて続けていくということはできるかな。

映画「HIBIKI 響」

映画「HIBIKI 響」

今日は45歳のバースディ

ということで、誕生日割引を利用して映画を見てきました。
欅坂46の平手友梨奈主演のHIBIKIです。原作は漫画らしいですが、平手演じる主役の行動がぶっ飛びすぎて、まあ現実にはいないだろうなあーと思いながらも楽しめました。
そんな彼女が書いた小説を実際にぜひ読んでみたい。

映画「君の膵臓を食べたい」

君の膵臓を食べたい

アニメ版の「君の膵臓を食べたい」を見てきた。

直前に実写版がテレビ放映になったので見たが、大まかなストーリー展開は同じだった。まあ原作があるので当たり前だが、原作に近いのはアニメ版なのだろう。ちなみに原作は読んだことない。

ストーリーを知っているとあまり感情移入できなかった。こちらを見た後に実写版見るべきだったか。

君の膵臓を食べたい

前売り特典の特製クリアファイルと、入場特典の小冊子。

映画「ジュラシック・ワールド 炎の王国」

ジュラシック・ワールド 炎の王国

ジュラシックパークの最新作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を見てきた。

第1作のジュラシックパークから25年、第1作から映画館で見ているファンとしては何とも感慨深い。近くの映画館では今週中に字幕版が終了するので、レイトショーに行ったが観客は自分と女子高生2人のみ。平日はこんなものか。

映画の内容は眠気も吹き飛ぶ面白さだった。登場する恐竜もさらに増えた。新登場のアロサウルスはあまりパッとしなかったが、火砕流に飲み込まれる恐竜たちには涙した。

長いエンドロール中に女子高生は帰ってしまったが、最後に少し映像が残っていた。パンフレットを読むと2021年に次回作があるらしい。楽しみだ。

映画「GODZILLA 決戦機動増殖都市」

GODZILLA 決戦機動増殖都市

アニメ版ゴジラ第二章を見てきました。

今回はメカゴジラが出る~o(^-^)o って期待して行ったんだけど・・・

んーーメカゴジラどこに出てたんだ??と思うほど出番がない。ゴジラと闘ったのはメカゴジラの原料であるナノメタルが作り上げた都市そのものであり、ストーリーとしては面白かったのだが、てっきりメカゴジラがゴジラと闘うものだと思っていた(そういう人は多いはず)分は不完全燃焼

第三章にはついに人気のギドラが出るみたいだけど、今回みたいに裏切らないで

映画「GODZILLA 怪獣惑星」

映画「GODZILLA 怪獣惑星」

アニメ版ゴジラを見てきた。実写でないので見るかどうか迷っていたが、CMを見ていると面白そうでもあり、日本人が作っているならがっかりすることもないだろうと思っていた。

感想は、「そうくるか!」というストーリーで、楽しめました。ゴジラの造形は足が長すぎてあまり好きになれないが、どれかフィギュアは購入しようかな。

映画「GODZILLA 怪獣惑星」

今作の前売りは全国共通ムビチケカードだったが、特典はムビチケカードと同じ図柄。アニメ版ゴジラは三部作で、一作目が公開になり二作目の前売りが早速販売されていた。「決戦機動増殖都市」ではメカゴジラが出るようだ。来年5月公開が楽しみだ。

映画「関ヶ原」

関ヶ原

今日44歳になりました。ということで割引で映画を見てきました。

原作は司馬遼太郎氏ですが、原作は読んでいません。石田三成を主人公にした物語でした。チラシには「誰もが知る関ヶ原の誰も知らない真実」と書かれていて、何を意味するのか興味がありました。関ヶ原の鍵を握っていた小早川秀秋の本当の真意は・・・ということで、あまり驚くような描き方はなかったですね。