花咲くいろは 第六回湯涌ぼんぼり祭り点灯式

第六回湯涌ぼんぼり祭り

湯涌ぼんぼり祭りはアニメ「花咲くいろは」の劇中に登場する祭りを実際に再現したもので、今年も第六回の開催が決まりました。

第六回湯涌ぼんぼり祭り

まだ点灯式まで時間があったので人もまばらでしたが、10月の本祭に比べると点灯式の人出はかなり減ってきているようです。今年は本祭に行くかどうかわからないので、定番グッズのクリアファイルとポスターを購入してきました。

こしのくに国府スタンプラリー踏破第1号

こしのくに国府スタンプラリー

3月28日に始まった「こしのくに国府スタンプラリー」

古代に越の国と言われた越前国、加賀国、能登国、越中国、越後国の国府があった(あったと推定される)5市をめぐり、国府の形跡を廻りながらスタンプを集める企画です。

今日踏破認定証(と景品の等伯ファイル)が届きました。やったぜ!第1号!!

狙ってはいましたが、すでに2カ月経ち半分無理かもと思っていました。まだまだ広報不足で訪ねる人が少ないのでしょうか。古代はまだ不明なことが多いですが、その分歴史浪漫を感じられる旅となりますよ。

こしのくに国府スタンプラリー

スタンプ帳はスタンプ設置場所にあります。国府の印を模したスタンプで、中央の瓦の模様がそれぞれ違っています。
実際の印の展示は越中国のみありましたが、実際には文字のみです。当たり前か?

こしのくに国府スタンプラリー

3月31日
1国目、越中国府の高岡市を訪ねました。スタンプは高岡市万葉歴史館です。
国府推定地は高岡市伏木の勝興寺。周辺には国分寺跡や総社の気多神社があります。万葉歌人として有名な大伴家持が国守として赴任したときは越中国は能登国の領域を含んでいました。万葉歴史館に越中国の歴史を学ぶ展示があります。

七尾市にも行きましたが、年度末で休みでした。

こしのくに国府スタンプラリー

4月10日
2国目、能登国府の七尾市を再訪しました。スタンプは能登国分寺展示館です。
国府推定地は七尾市古府周辺。展示館のある国分寺跡、総社の能登総社神社、国分寺にあった薬師堂がある火司神社(国分町)、印と鍵を管理していた印鑰神社があります。

こしのくに国府スタンプラリー

4月12日
3国目、加賀国府の小松市を訪れました。スタンプは小松市埋蔵文化財センターです。
国府推定地は小松市古府周辺。最初に国府台の河田山古墳群史跡資料館を訪れました。埋葬者が全く判明していない河田山古墳群ですが、国府に近い地勢から加賀建国の有力者の可能性もあるでしょう。以前開催した国府関連の展示が残っていて、無料ながら非常に充実した展示でした。近くの古府町には国分寺跡かと推定されている十九堂山遺跡、府南社と呼ばれた総社と推定される石部神社があります。

こしのくに国府スタンプラリー

続けて、小松市埋蔵文化財センターを訪れました。縄文・弥生時代の展示が中心ですが、国府関連の展示も少しあります。

こしのくに国府スタンプラリー

4月30日
4国目、越後国府の上越市を訪れました。スタンプは上越歴史館釜蓋遺跡ガイダンスです。
越後国府は謎だらけで推定地は北陸新幹線上越妙高駅の東側周辺。五智に国分寺があるので直江津地区が国府と考えられてきましたが、ここは鎌倉時代以降の越後国府で、古代は頸城平野の真ん中にあったと想定されるようになりました。古代の遺跡、釜蓋遺跡、吹上遺跡、斐太遺跡などが国府とつながるキーワードになるとか。謎なので展示館でも国府の展示は少ないですが、質問すれば丁寧に教えていただけますよ。

こしのくに国府スタンプラリー

5月28日
最終5国目、越前国府の越前市を訪れました。スタンプは越前市武生公会堂記念館です。
国府推定地は武生駅の西側一帯。周辺には国分寺や総社大神宮があります。市街地のため発掘調査もなかなか進みませんが、公会堂記念館では発掘速報として国府跡の遺物を見ることができました。

古代の国府を巡る旅、平成30年2月28日まで、皆さんも訪ねて楽しんでみたらいかがでしょう。

こしのくに国府スタンプラリー 越中国

こしのくに国府スタンプラリー

地元新聞で先週報道され、今週から始まった「こしのくに国府スタンプラリー」
なかなか情報が出てこない中、小松市のホームページでようやく報道資料を見つけたので早速行ってきました。

こしのくに国府スタンプラリー

まずは越中国スタンプの設置場所である高岡市万葉歴史館。

こしのくに国府スタンプラリー

始めて入ったので展示をひととおり見学した後、中庭に出ると、梅や

こしのくに国府スタンプラリー

カタクリが見頃でした。

こしのくに国府スタンプラリー

ガイドマップが見当たらなかったので、受付で尋ねると、明日1日から出す予定だったとのこと。
実施期間は始まっているはずと伝えると、出してきてくれました。1番目の押印です。

こしのくに国府スタンプラリー

越中国の国府は現在の浄土真宗勝興寺に比定されています。万葉歌人大伴家持も国守として赴任しました。
国分寺跡や総社だった越中一宮気多神社も付近にあります。

こしのくに国府スタンプラリー

続けて能登国スタンプの設置場所、能登国分寺展示館に行きました。

こしのくに国府スタンプラリー

ところが、年度末で閉館。なんということでしょう。
応募先は七尾市なのでここは最後にします。

こしのくに国府スタンプラリー

折角天気も良いので、隣接する能登国分寺跡を見学します。

こしのくに国府スタンプラリー

南門をくぐると、中門、金堂、講堂、塔の跡が再現されています。
能登国の国府は国分寺跡の北古府付近に比定されていますが、はっきりした場所は判明していません。

さて、次はどこへ行こうかな。

情報が見つかりにくいので掲載しておきます。
<スタンプラリー実施期間>
平成28年3月28日(月曜日)~平成30年2月28日(水曜日)
<スタンプ設置所>
越前国 武生公会堂記念館
加賀国 小松市埋蔵文化財センター
能登国 能登国分寺展示館
越中国 高岡市万葉歴史館
越後国 上越歴史館釜蓋遺跡ガイダンス
<内容>
古代北陸道に位置する越前国、加賀国、能登国、越中国、越後国の国府が置かれた越前市、小松市、七尾市、高岡市、上越市の4県5市5ヶ所の国府の紹介ならびに歴史文化スポットを巡るスタンプラリー。特典として、5ヶ所のスポットをすべて巡り、最終到達点にて所定の申し込み用紙でご応募いただいた方全員に、「こしのくに踏破認定証」を進呈。

和田竜さんの講演会に行ってきた

歴史小説を紡ぎ出す

石川県立図書館で開催された講演会「歴史小説を紡ぎ出す」というテーマで和田竜さんに会ってきました。

和田さんは処女作「のぼうの城」でベストセラー作家の仲間入りし、第三作「村上海賊の娘」で本屋大賞を受賞しました。映画化された「のぼうの城」は東日本大震災で公開延期されましたが、歴史好きの自分は公開時には映画館に見に行きました。

もともとは脚本家志望だったという和田さんは作品を考えるときに、全体構成→脚本→小説という手順で小説を書かれるそうです。脚本賞への応募は歴史ものは制作費がかかるということでNGのものが多いところ、逆に注目を浴びて小説が売れたら映画化するよ、という約束の中で「のぼうの城」(最初は「忍びの城」といったそうです)は映画化されたということですが、映画を見たときは面白いながらも少し大げさな部分も多いなーと思っていました。

しかし、和田さんが物語を書くときは「意外性」とか「爽快感」を大事にされていることを聞き、そういう視点で作品を見ると確かにそうなんだと納得しました。

Jumpin’ 2周年ライブ最高!

楽しみにしていた「JUMPIN’2 the FUTURE!!」に参戦してきました!

JUMPIN'2 the FUTURE!!

場所はまるびーの地下。今年もチケット入手できた、ありがとう!

JUMPIN'2 the FUTURE!!

すでに長い列。写真撮らないから前のほうだったけど、今年は同じ会場でも埋まっていた。少し去年より多かったのかな。

JUMPIN'2 the FUTURE!!

1部はアクターズスタジオの発表会。2部はJumpin’2周年ライブ。

ゆめりちゃんは都合により欠席という話で始まったけど、最後に卒業発表。アンコールの中、JUMPINメンバーが1人1人スクリーンに、あれ少ないと思いきや、チームJUMPINとチームSUZUCAに分かれて活動するという。簡単にくくると県外遠征組と能登活動組ということらしい。

JUMPIN'2 the FUTURE!!

アルバム発売イベントでじゃんけん挑戦するも負けた・・・弱い。限定ポスターは「Byuuunn!」って、やっぱ北陸新幹線開業祝いだから??

オリジナルグッズは缶バッジとステッカー。完全燃焼した最高の1日だった。
歳甲斐もなく動いたのでちょい筋肉痛だ。

ジモドルフェスタ Jumpin’参戦

待ちに待ったJumpin’の初アルバム。デビュー以来のすべてのオリジナル曲が収録され、新曲もあります。

Jumpin'アルバムリリース

先着50名にポスタープレゼントがあったのですが、先頭は7時半!って、今日は昼からジモドルフェスタin北陸もあったので、遠征してきた方がたくさんいたようで、ポスターは売り切れ・・・残念。

でも、アルバムと2周年イベントチケットはゲットしてきました。

ジモドルフェスタ

昼からは片町8ホールでジモドルフェスタ

Jumpin’の出番は2番目。ハイテンションのゆーひやななかのマジマジ、初披露の新曲(アルバム収録曲)もあり、盛り上がりました。

若者の熱気とハイボリュームのスピーカに当てられて次の3組目が終了したところで帰ってきました。

次は2周年ライブだね!

3月1日にジモドルフェスタライブ

先週末、当選しました!

ジモドルフェスタ

2月4日締め切りだったのですぐ抽選だったようです。

中部ローソン限定のジモドルフェスタキャンペーン。昨春に続く2回目。前回はライブは名古屋のみだったので、諦めてファイルのみ応募してましたが、今回は金沢でもライブがあるということで一通のみ応募。まさか当選するとは

有り難くJumpin’の応援させていただきますよ!!

同日から初のフルCDも販売されるということで、会場で販売されるのか分かりませんが未入手の地域限定シングルも収録されているのでゲットするっきゃないよ。

Jumpin’と行くのと鉄道貸切車内ライブ付き LAST 3 TOWNS TOUR!

12月にここまで雪が降るとは運営も予想だにしてなかったであろうが、なんとか寒波の合間の開催日で良かった。

Jumpin'石川県19市町19チャレンジ!

午前7時半、金沢駅に集合しメンバーの出迎えを受けて楽しみな1日は始まった。

最初の目的地は、ラスト3町のひとつ宝達志水町の喜多家。そこまでのバスにはまだメンバーはいない。しばし静寂の時。自分は今回初めてのバスツアーだけど、前回の珠洲ツアーに参加していたファンの交流会は始まっていた。

Jumpin'石川県19市町19チャレンジ!

順調に到着してしまって早かったため、まだ開門前。子供は風の子とは言っても今年の冬はやはり寒いよね。
突然おしくらまんじゅうが始まって・・・このサプライズもファンには嬉しい。

Jumpin'石川県19市町19チャレンジ!

喜多家は国重要文化財になっているけど、普通に生活している。今のご当主の説明を真剣に聞いてご当地の勉強をするJumpin’メンバーの写真を撮るファン、という構図がこの後続く・・・

喜多家を後にして、バスにはAチーム3人が同乗し、ゲームを楽しみながら次の目的地七尾駅をめざす。

Jumpin'石川県19市町19チャレンジ!

のと鉄道を待つメンバー、やはり外で待つ時間が少し長い今回のバスツアー。

貸切と聞いていたけど、電車は通常ダイヤの2両のうちの1両。もう1両は普通にお客さんが乗る。ライブするので座敷列車かなんかだと思っていたのでちょっとビックリ!

Jumpin'石川県19市町19チャレンジ!

車内の柱にメンバーがサインを書く。サインは一年ほど保存されるという。

ライブは動く電車の通路でよろめきながら歌って踊る。メンバーがすごく近くて逆に恥ずかしい・・・
動くメンバーを動く電車内で撮るのはやはり難しい。ほとんどぶれてた。予想もできたので基本ライブを楽しんだ。

Jumpin'石川県19市町19チャレンジ!

40分ほどで終点穴水駅に到着。あっという間に着いちゃった。
ライブをした後続車両だけ窓は結露して真っ白。2両の窓が歴然過ぎて車長さんも驚いていたけど、それだけ盛り上がったということだよね。

で、これでラスト2の穴水町をクリア!

次は柳田植物公園に移動して昼食。昼食後にメンバーが合流してビンゴ大会。豪華賞品は当たらなかったので参加賞だったけどとても盛り上がった。

Jumpin'石川県19市町19チャレンジ!

外に出ると朝からもっていた天候は雨に変わっていた。

予定していた千里浜はキャンセルになり、最後の内灘町へ。途中までBチーム4人とゲーム大会。

大雨で外のライブは急遽車内ライブに変更。またまた近い
恋人の聖地で今日最後の撮影会。

Jumpin'石川県19市町19チャレンジ!

金沢駅に向かうバス内でCDとのと鉄道記念きっぷの裏にかかれたサインが全員にプレゼントされる。サイン嬉しい!
同乗していない時に車中で30人分書いてくれたんだとか。今日はメンバー大忙しだったのにね。

今日の参加者は県内ばかりではなく、東京、名古屋、上越、山形、山口と遠方から来ていた方もいた。まさに全国区、来年はもっと活躍できるね、きっと!ファンが増えるとライブの場所取りなんか難しくなってちょっと複雑だけど。

帰りは隣に座ったのが山口から来た方だった。本当は友人が先にファンになったらしいのだが、平日休日の仕事でイベントには参加できないとのこと。プレゼントのCDは先日入手していたので、その友人にと差し上げた。わざわざこんな天候の中を石川県まで来てもらったので、地元民としておもてなしを。

実は今回も参加は見送ろうと最初は考えてました。でも発表数日後に定員割れで開催できないかも、と情報が流れたのでそれはメンバーも残念だろうと参加しましたが、あと2、3人だったようです。自分も楽しかったし、何か目覚めてしまいそう