平成27年度講座 考古学最前線

石川県埋蔵文化財センターの講座が県立美術館で開催されました。

考古学最前線

テーマによって行ったり行かなかったりしてますが、今年は水上交通がテーマで河北潟近くに住んでいる者としては興味がありました。

考古学最前線

最初に埋文の川端氏が「北加賀の古代水上交通」というテーマで古代の県内の港の話がありました。

古くは舟が小さかったり、航海技術が未成熟だったこともあり、港(津)は海に面して造るというよりも、海から少し入った潟に造られていたそうです。県内には能登に邑知潟、加能境に河北潟、加賀に木場潟・今江潟・柴山潟の加賀三湖があったので利便は良かったのかもしれません。

考古学最前線

河北潟は現在は半分以上を埋め立てられてしまいましたが、潟の特徴としては流れ込む川の数に比べて、海に流れ出す川が圧倒的に少ないということではないでしょうか。そのため、潟もひとかたまりというわけではなく、周辺にフゴと言われた湿地帯が多数あったそうです。

続けて滋賀県立琵琶湖博物館の用田学芸員から「都と日本海をつなぐもの」というテーマで講演がありました。

馬よりも舟のほうが大量に早く物資を運べることに着目し、織田信長は安土、長浜、坂本、高島大溝という4地点に城を築いて湖上交通を統制しました。その場合、南北の道は坂本-長浜ということになるでしょうが、さらに北の塩津に大きな港町があったという話に特に興味を持ちました。

考古学最前線

この話は今週水曜日に報道されるということで、数日フライングでしたが、塩津地内の国道の付け替え工事のなかで、湖岸から大規模な遺跡が見つかりました。

考古学最前線

水が入ってくるので大きな枠を打ち込んでの大がかりな発掘調査ですが、桟橋の石畳や周辺から多量の遺物が発見されました。

考古学最前線

塩津は一山越えれば敦賀に通じているので往来は多かったのでしょう。運送業(舟や馬を扱う)の人たちだけでなく、鍛冶や細工師、塗師などの職人、飲み屋などの繁華街があったであろうということ。ただ、あまりきれいな場所ではなかったようです。

道はすでに完成したということですが、工事は年度末まで続いているようなので見てみたくなりました。

講座「加能史料」はいま

加能史料はいま

今日は、石川県立図書館で加能史料編纂室の定期講演会「加能史料はいま」がありました。加賀・能登の編年史を収録する「加能史料」の編纂段階でわかったことなどを発表する場です。

今回は木越氏祐馨氏による「大坂本願寺と加賀の一揆」というテーマの講演でした。加賀の一向一揆は一向衆寺院と一向衆門徒であった地元有力者との連合体による政治闘争でしたが、越前や越中をも巻き込んで一進一退の攻防を繰り広げました。中世は村や郷という境界は意識しても国という概念は薄かったのかもしれません。

石浦神社で北陸新幹線開業絵馬

地元新聞朝刊に広告が出ていたので石浦神社へ

北陸新幹線開業絵馬

鳥居をくぐると参道にいたずら?

北陸新幹線開業絵馬

本堂の前まで来るとおたまじゃくし!!

北陸新幹線開業絵馬

じゃなくて曲玉か!このアート理解できる人多くないかもと思いながら参拝

北陸新幹線開業絵馬

それから絵馬を入手してきました。平成27年限定らしいです。金沢には珍しいくらい商魂たくましい神社ですが、このくらい他の観光地では当たり前なんで観光客は気にならないだろうけど、控えめな地元民はやはり違和感あるのかな?

朝日スポットを探せ! 氷見・長坂の棚田

週末になると、天気予報と夜の星空とにらめっこして朝日を見に早起きします。

長坂の棚田

今日は先日来て、目を付けていた氷見市の長坂の棚田です。 先日の朝日から3週間、日の出の時間は30分も早くなってしまいました。もっと暗い内に到着する予定だったのですが、なんとかギリギリ到着しました。今日は零下で寒い。まだまだ防寒具が必要です。

長坂の棚田

太陽が東側にある午前中は山並みが霞みやすく、時期的にも天気の良い日は朝と昼の気温差が激しくなるので、モヤがかかりやすいのです。

日の出前の立山連峰の山並みは幻想的です。棚田の雪も田植え前の棚田に趣きを加えてくれています。 ここの風景は棚田、その向こうに山があるおかげで近代的な建造物が隠れます。そして立山の山並み。実はその間に富山湾が見えているのです。

長坂の棚田

待つこと数分、太陽が頭を出しました!

長坂の棚田

幻想的な瞬間です。朝日はやはり有り難く感じますね。

今度来るときは青々と稲が実った頃か、厳冬期か、もう少しうっすらと明るくなる頃のほうがきれいかも。今日は思ったり雲が多かった。

金沢駅が賑やかだ

北陸新幹線あと4日

北陸新幹線金沢開業まであと4日!

駅案内所

仕事で用事があったので金沢駅に行ってきました。

新しくなった駅案内所。パンフレットがかなり充実しました。

ひゃくまんさん

着ぐるみのひゃくまんさんも時々登場するようですが、案内所の入口に置物が常時鎮座することになったようです。

兼六園口

東口の看板も「兼六園口」に変わりました。西口はまだ「金沢港口」にはなってませんでした。

改札前のロビーも改装され、20本の柱に地元の伝統工芸品が展示されています。輪島塗、九谷焼、山中漆器、金沢漆器、珠洲焼の作品が、中には人間国宝の作品もあります。目立たない所にあるので、上を見て歩きましょうね。

輪島塗輪島塗

九谷焼金沢漆器

輪島塗山中漆器

九谷焼山中漆器

珠洲焼九谷焼

輪島塗九谷焼

金沢漆器九谷焼

九谷焼九谷焼

九谷焼山中漆器

倶利伽羅不動尊 涅槃会

2月にしては良い天候に恵まれました。

涅槃会

地元新聞に載っていたので倶利伽羅の涅槃会に行ってきました。30分前に到着しましたが、早くからたくさんの方が参拝に来られていました。

涅槃会

光っていて見えにくいでしょうが、涅槃会では檀家の方により作られた餅団子が撒かれます。

白・桃・黄・緑・紫の5色の小さな団子と、最後に黄の大きな団子が撒かれましたが、前のほうにしか撒かれず、自分が座っていたところまでは前からはまったく飛んできませんでした。

涅槃会

と思っていたら、そういうことも予想の範囲内なのか後ろからたくさん飛んできました。ということで福を10個以上いただけました。

さて、涅槃会とはお釈迦さんの亡くなった日の法要であり、また2月は年の吉凶を占う星祭の月でしたので、不動尊では護摩法要の後、星祭、団子撒きと続きました。

ちなみに今年大吉の色は黄色だそうですよ。

未年始まる

アトリオ羊

未年の初売り行ってきました。といっても何も買っていません。雰囲気だけです。

尾山神社

目的は恒例となった尾山神社初詣。

尾山神社

今年は1日が大雪だったためか、2日になっても行列でした。時間かかりそうだったので隣りの金谷神社にお参り

尾山神社

利家公も雪の帽子を被っていました。寒そう!

加賀万歳

最後にはこちらも恒例となった前田土佐守家資料館の加賀万歳。楽しかったです。

珠洲で今年最高の日の出を見た!

見附島

今日の日の出は本当に最高でした!

立山連峰の山並み、朝日、海面に映る一筋の光、紅く染まった空

真っ暗な時間に出発し、マイナス気温の中待った甲斐がありました。石川県内では一番神秘的な景色ではないかと思います。
ここは珠洲の見附島という場所です。えんむすビーチとして恋人の鐘を鳴らすため夏は大勢の観光客やカップルが訪れる場所ですが、冬は人もまばらです。天気が良ければ寒い中早起きする価値は十分にあります。

見附島

陽が昇るまでは立山連峰の山並みがくっきりと見えました。先日は雲が地平線にかかっていたため珠洲からは見えないのかと思っていましたが、日の出までは見えるようです。

見附島

陽が昇ってしまうと、やはり山並みはすぐに見えなくなります。空気の澄んだ季節で、地平線に雲がかかっていない日のみ限定の景色です。

狼煙の灯台

今日はもしかしてと思って狼煙の灯台に来ましたが、今日も佐渡島が見えず。残念・・・
こちらも立山が見える条件と同じなのかもしれませんね。

ゴジラ岩

近年珠洲の名所のひとつとなったゴジラ岩です。外浦の岩礁は格好の釣り場となっているようで、ゴジラ岩でも大きな魚を吊り下げた釣り人に会いました。大漁でしたよ。

七ツ島

輪島の七ツ島は今日はきれいに見えました。

金沢のサムライパン

香林坊を通る帰り道に、ふと思い出して香林坊109の裏通りにあるパンブラザーズアベに寄りました。

サムライパン

目的は先日地元の新聞に報道された「サムライハウス」というパンです。北陸新幹線の金沢開業も盛り上げるため、近所の長町武家屋敷をイメージして作ったというパンで、売値はサムライの語呂合わせで361円です。

サムライパン

特徴は、屋根に乗った刀です。屋根の瓦はいろいろあって、この2種類の他にもありました。どんなのがあるかはぜひ自分の目で確かめてください!

チョコレートたっぷりで、ちょっぴりカロリー高めだけどおいしいよ。

さいはてにて ロケ地探訪

さいはてにて

来年2月公開の映画「さいはてにて」

さいはてにて

今日はそのロケ地である珠洲市の木ノ浦海岸に行ってきました。ここは能登国定公園のひとつで、看板にあるように「木ノ浦海中公園」です。海中公園とはどういう意味でしょうね?

近くにスキューバダイビングポイントもあるようですので、夏には海水浴してもいいのかな?

さいはてにて

ここにロケ地として建てられた舟小屋が寄贈されて残されています。営業もしていると噂を聞いたのですが、もう冬だからか閉まっていました。

北陸特有のどんよりした冬空の下では、より最果て感が増しますね。昭和40年頃の能登ブームの頃はたいへんな賑わいだったようですが、映画公開でまた少し盛り上がるといいですね。新幹線来ても金沢からはけっこう遠いです。
(車で2時間くらいかかります。それだけ乗れば上越や彦根まで行けてしまいます。これは県内人にも最果てです。)

さいはてにて

海岸から見上げるとボロボロのところもあり、いつまで持つのでしょう。雰囲気はありますけど。

さいはてにて

海岸の奥の方へ進むと潮だまりになっている場所がありました。

さいはてにて

なにか居ないかな-?とのぞき込んでいると・・・

やどかりがたくさん歩いていました。やどかりなんて子供の頃以来で久しぶりにみたので、しばし観察してしまいました。

天候が悪化する予報だったので、海が荒れてくるのが分かっているのか、潮だまりの奥の方、奥の方へとやどかりたちは歩いていきました。同じ方向にみんなで歩いているとなかなか健気に思えてきます。

さいはてにて

海岸の一部には小石と貝殻の道ができていました。

こうなったら貝殻探しでもしましょうか。寒空の下、海岸には自分ひとり。童心に帰ってしばし夢中に探しました。

さいはてにて

やどかりの抜け殻の貝殻。割れずにシュークリームの形そのままのものがいくつか見つかりました。きれいですね。
ここはやどかりの天国のようです!

映画の公開は真冬ですので、暖かくなってから来てくださいね!