米マイクロソフトがWindows XPの販売可能期間をまた延長

米マイクロソフトは2010年7月12日(米国時間)、OEM版Windows 7に付随する「ダウングレード権」の提供期限を延長する方針を明らかにした。
ダウングレード権とは、最新OSのライセンスによって、過去のOSを利用する権利のこと。パソコンにプリインストールされるOEM版Windows 7の場合、Professional以上のエディションでダウングレード権が付与され、Windows Vista BusinessやWindows XP Professionalなどへのダウングレードが可能になる。
現在もなお、メーカーから「Windows XP Professional搭載パソコン」の販売が続いているのは、このダウングレード権を行使しているためだ。こうしたWindows XP搭載パソコンの販売期間が、大幅に延長されることになる。


原因は今に至っても企業のWindowsXPの利用率が80%を越えることがあるようだ。しかし、また延長してマイクロソフトはどうしたいのでしょうね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です