新春を寿ぐ 加賀万歳

新春の金沢市内へ行ってきました。年末は大荒れだったけど、予報では大雪だったのに天候は落ち着いています。人出も上々のようです。
金沢城
まずは金沢城へ。年末に石川櫓の囲いが取り払われ、
金沢城
純白に塗装されたきれいな壁になりましたが、出窓部分がそのままなので少しアンバランスですね。
金沢城
中に入ると、三の丸公園では雪ダルマがお出迎え!
金沢城
恒例となった橋爪門の藩政期のしめ飾り(14日まで)が飾られ、埋蔵文化財調査のため閉じられた扉が開かれています。といっても通過することはできません。
しめ飾りは昨年まで、わら工芸師松本長俊さんが手がけていて、高齢のため存続が危ぶまれていましたが、今年から吉岡克己さんが引き継ぎました。
金沢城
「加賀藩儀式風俗図絵」の元旦登城を参考に2002年から「数の子飾り」と呼ばれるこのしめ飾りが飾られています。
尾山神社
金沢城をあとにして、金沢城旧二の丸御門を移築した裏門から尾山神社に入ります。
尾山神社
2日の昼過ぎということもあってか、尾山神社への参拝客はごった返しているほどではありませんでした。お参りを済ませ、おみくじを1個買って金沢能楽美術館に向かいます。
尾山神社は行列はありませんでしたが、金沢神社は行きも帰りも参拝客の行列が数十メートル続いていました。受験シーズンということもあり、学問の神を祀る金沢神社は人気ありますね。
金沢能楽美術館
金沢能楽美術館は今日・明日は入場無料です。
「節季を仕舞 新春を寿ぐ」 金沢能楽美術館
まだ早かったので、展示のほうを先に見学しました。能はどの演目もストーリーがあるものだと思っていましたが、今回展示されている「翁」(おうな)という演目は正月に舞われるだけの演目だそうです。
加賀万歳
恒例となった新春加賀万歳は3階で開催されます。30分前に場所取りのため入り、念願の最前列を取りました。
加賀万歳
パンフレットでは、今年も「式三番叟」「町尽くし」「北国下道中」の三演目となっています。
男みくじ
始まるまでの間に、先ほど引いてきたおみくじを見ました。尾山神社の「男みくじ」です。金箔の袋に入った金沢らしいおみくじですね。(ちなみに「女みくじ」というのもありますよ)
男みくじ
今年は「中吉」です。運気はぐんぐん上昇中、なんかいいことありそう!ですよ。
「趣味」の項は「一人静かにおこなうがよし」。今年もひとり黙々と安土城築城と城めぐりをせよ!ということですね(#^.^#)
加賀万歳
今日は天候が穏やかだったからか、口コミ効果が出てきたのか、会場は定員を大幅に超える300人近い人で埋め尽くされました。(昨年は荒天で出足が悪かったですからね。)
まずは藤島館長から加賀万歳について説明がありました。
加賀万歳
最初は「式三番叟」。
続けて「魚尽くし」が舞われました。もう何回も加賀万歳を見せていただきましたが、初めての演目でした。魚や甲殻類がたくさん登場し、言葉遊びもある、なかなか面白い演目でした。
加賀万歳
その後は旧金沢町の町名をめぐる「町尽くし」。
加賀万歳
最後に「北国下道中」が舞われました。田中会長は今回はこの演目だけでした。年中に行われる万歳には若手が出てくることが多くなりましたが、この正月公演だけはベテランが揃いますので見ごたえあります。
いやー、何度見ても楽しいですね。ここで加賀万歳を見ると、新年が始まったという感じがします。
今日はNHK金沢と金沢ケーブルテレビの二局が来ていました。ともに後ろ姿だけ映っていましたが、明日の新聞はどうかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です