Access 2010 でマクロがXML化した?

Accessで業務アプリを開発する場合、マクロはほぼ使うことはなかったのだが、下のAutoKeysマクロだけは使用していた。
Access2007マクロ
これはAccess2007で見たものだが、Access2003と同じように見える。内容はファンクションキーを押したときのデフォルト動作(F1キーを押すと「Accessヘルプが開く」など)を無効化すること。(マクロ名は指定しているけどアクションが指定されていないので結果的に何も起きない)
ところが・・・
Access2010ではマクロのデザインビューが一新された。デザインビューだけかと思っていたら、下のように作成したマクロ(F1キーを押したときにアクション定義なし)は、
Access2010マクロ
Access2007で見ると下のように見える。コメント??しかもXML??
Access2010マクロ
結局、マクロの保存形式が全く変わって下位互換がなくなってしまった。
・Access2010で旧形式(2007以前)のAutoKeysマクロをインポートする
・Access2010でAutoKeysマクロを新規作成する
いずれの方法でも今までどおりの設定ではAutoKeysマクロは意図した動作をしてくれない。
とりあえずの回避策は、
Access2007でAutoKeysマクロをインポートし、Access2010で動作させること
この場合、マクロを変更しなければ意図通りの動作をしてくれる。
Access2010のみで如何に今までどおりのAutoKeysマクロを実現するかは思案中・・・
この記事の続き
Access 2010 の AutoKeys マクロの作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です