金沢城・兼六園研究会 5月総会

今日は、金沢城・兼六園研究会の5月総会の日でした。
金沢城・兼六園研究会 5月総会
今まで総会を行っていた石川県庁別館 生涯学習センターが取り壊されるので、今日は石川県立美術館ホールでの開催となりました。
金沢城・兼六園研究会 5月総会
今日は別の行事も重なっていたからか、総会は議決ギリギリの人数でしたが、21期加入者を含めて昨年より微減となった会員数は気になるところです。
金沢城・兼六園研究会 5月総会
研究会発足20周年記念と、兼六園開園記念を兼ねて金沢城・兼六園管理事務所と共催となった記念講演会は公開講座となり、一般の方が大勢入ってきて盛況です。
金沢城・兼六園研究会 5月総会
東京農業大学名誉教授の進士五十八氏による「日本庭園の魅力」は、進士氏の話し好きもあってか時間オーバーしましたが、庭園の成り立ちや特徴がよくわかりました。
金沢城・兼六園研究会 5月総会
20周年を迎えて、11年目から20年目のあゆみをまとめた記念誌もできました。
金沢城・兼六園研究会 5月総会
研究会誌「きくざくら」も20号の節目を迎えました。
そして、ここに記念すべき私の処女論文が掲載されました。
金沢城・兼六園研究会 5月総会
「加賀前田家の城に残る五芒星の刻印」
とても嬉しいですね。これからも頑張ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です