十二支の最後はブタ?

ネットで「中国人女性とのデートで、「中華食べに行こうよ」がNGな理由」という記事の中の、「中国人との会話のツカミは「干支」」というページで次のような一覧が出ていた。
鼠:細心、情熱、感情豊富
牛:正直、勤勉、着実
虎:勇敢、きっぱり
兎:静かな、温和
龍:こころざし強く、頭が良い
蛇:賢い、意思強い
馬:決断力ある、独立
羊:温和、善良、忍耐力強い
猿:明るく、頭が良い
鳥:積極的、進取的
犬:忠実、情熱
豚:純真、正直
日本では血液型で「A型の人は・・・・」とか、星座で「牡羊座の人は・・・」というカテゴリー化をよくするが、中国ではこれが十二支になるっていう話。
それで最後が「ブタ」?「イノシシ」ではないのか?と思って調べてみた。
十二支のルールは中国にあるのだが、その中でも「牛・馬・羊・鳥・犬・豚」は六畜と呼ばれ、古代中国における代表的な家畜を当てたらしい。漢字の「猪」も本来の意味は「ブタ」を意味する漢字だそうだが、日本では古来ブタを家畜として飼っておらず、なぜかイノシシの意味になったようで、そのまま今日最後が「イノシシ」になったのだとか。
しかし、日本でイノシシは猪突猛進、勇ましくまっすぐ印象があるが、あなた「ブタ」年生まれですね、と言われるとちょっと・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です