1月例会

金沢城・兼六園研究会 1月例会
1月例会としては恒例となってきた金沢城調査研究所の木越副所長による講演会でした。お題は「城下町金沢異聞 高山右近、金沢に来たる!」
高山右近はマニラで1615年2月(和暦では1月)に亡くなっているので、来年度は没後400年ということで、高槻市など関係する市町ではイベントが企画されているとか。金沢にとって今年は右近を国外追放してから400年という不名誉な年になるのですが、海外からも注目される年になるかもしれませんね。
本会で長年編集してきた子供向け兼六園読本は少し趣旨を変更して頒布する運びとなりました。
「大名庭園・兼六園 読本 ~愛する人の輪をひろげよう~」
カラー写真で見所を紹介しながら、大名庭園の魅力や現在の課題が記されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です