CentOSをインストールしよう

最近ずっとLinuxサーバーを構築していました。以前からメールサーバーはLinuxを使用していたけど、Webサーバーやら、DNSサーバーやら、果ては最近のセキュリティ対策も追加してみたりと悪戦苦闘の日々でした。
ちょっと自信作になったので、今後のためにも備忘録!
まずはOSインストールから始めましょう。
使用したのは、「CentOS5.3」。Redhat社の有償版「Red Hat Enterprise Linux 5」から有償ライセンスを外したフリー版です。皆さんもご存知ですよね。
http://www.centos.org/
サイトからダウンロードします。構築している間に「CentOS5.4」がリリースされてしまいました。
インストールの前に、今回のインストール方針は以下の2つ。
1.パッケージインストール(yum)を基本とする。Linuxは依存関係の管理が非常に面倒なので、ソースインストールすると後の管理や更新が難しくなります。
2.無駄なサービスは起動しない。
セキュリティ対策としてはよく言われていることですが、未だに標準インストールで進める人が多いですから、これでは踏み台になるサーバーは減りませんね。
インストールは方針2により、最小インストールです。
カスタマイズによりほとんどのチェックを外してしまいましょう。最後に残るは「言語」-「日本語のサポート」のみです。本当にこれだけです!それでも1Gくらいはインストールされますね。
インストール手順の中で注意する点は1点。
「タイムゾーンの選択」で「システムクロックで UTC を使用」のチェックを必ず外すようにします。そのまま進んでしまうと時計がやけに狂うのです。
もしそのまま進んでしまったのなら、以下のコマンドで修正しましょう。
# vi /etc/sysconfig/clock

ZONE=”Asia/Tokyo”
UTC=false       →ここを「true」から「false」に変更
ARC=false

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です