SSHは便利だけど・・・

直接入力するのも大変ですので、SSHを入れましょう。
Tera Termでログインすれば、貼り付けなどで作業効率もグッと上がります。
CentOS5.3にはSSHサーバーは最初からインストールされていますので、早速設定を始めましょう。
# vi /etc/ssh/sshd_config
標準ポートは22番ですが、限られた人が使う場合はセキュリティの観点から変更しましょう。
#Port 22
Port 10022
ログインしたときのバナーを作成します。威嚇程度にしかなりませんが・・・
#Banner /some/path
Banner /etc/ssh/banner.txt
SSHはバナーは設定ファイル内ではなく、別ファイルに記述します。
設定ファイルの最後にログインできるユーザーを記述しましょう。IPアドレスを固定できるのであれば、rootもアリですね。
AllowUsers root
設定ファイルを保存して、ログイン時に表示するバナーを作成します。
# touch /etc/ssh/banner.txt
# vi /etc/ssh/banner.txt
Welcome! SSH Service. This login is recorded in the log.
設定後にデーモンの再起動します。
# service sshd restart
ポートを変更した場合は再接続します、
それではTCPWrappersを次に設定します。CentOSには最初からインストールされています。この機能ではデーモン毎に利用する環境を制限したり、付属してアクションを指定することができます。
http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-4-Manual/ja/security-guide/ch-server.html
注意するのは再起動は不要ということ!
保存と同時に設定が適用されるので、注意して最後の保存はボタンを押してくださいね。
許可ファイルにIPアドレスと許可された場合にログに記録するアクションを記述します。
# vi /etc/hosts.allow
sshd : 127.0.0.1 192.168.0. : banners /etc/banners/
記述は、(デーモン名):許可するIPアドレス:許可された場合のアクション、という順となります。
ネットワーク範囲でIPアドレスを指定する場合は、
192.168.0. (最後に「.」を忘れずに!)
または、
192.168.0.0/255.255.255.0
と記述します。
よくある 192.168.0.0/24 はエラーになるので使えません。
拒否ファイルにIPアドレスと拒否された場合にログに記録するアクションを記述します。
# vi /etc/hosts.deny
sshd : ALL : spawn /bin/echo `LANG=C /bin/date` from %h>> /var/log/sshd_reject.log
記述は、(デーモン名):拒否するIPアドレス:拒否された場合のアクション、という順となります。
上記の例では拒否されたIPアドレスをログに記録しています。
あ!そうそう接続ポートを変更する場合は、SSHの設定前にファイアウォールを停止させてくださいね。
# service iptables stop
外部から接続している場合は何もできなくなってしまいますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です