映画「ジュラシック・ワールド 炎の王国」

ジュラシック・ワールド 炎の王国

ジュラシックパークの最新作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を見てきた。

第1作のジュラシックパークから25年、第1作から映画館で見ているファンとしては何とも感慨深い。近くの映画館では今週中に字幕版が終了するので、レイトショーに行ったが観客は自分と女子高生2人のみ。平日はこんなものか。

映画の内容は眠気も吹き飛ぶ面白さだった。登場する恐竜もさらに増えた。新登場のアロサウルスはあまりパッとしなかったが、火砕流に飲み込まれる恐竜たちには涙した。

長いエンドロール中に女子高生は帰ってしまったが、最後に少し映像が残っていた。パンフレットを読むと2021年に次回作があるらしい。楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です