金沢城の正月の風物詩

北陸のつかの間の晴天。金沢市街に出かけました。

金沢城橋爪門

金沢城で恒例行事となった正月の注連飾り。「数の子飾り」という藩政期と同じものです。

金沢城橋爪門

今年が違うのは門の中の景色です。二の門が来春の完成に向けてほぼ仕上がっているということです。まだ中には入れませんが、枡形はいいですね。城に来たという感じがします。橋爪門二の門の復元で、金沢城には石川門、河北門、橋爪門と3つの枡形が完成します。金沢城が城の人気ランキング上位に入る日も近い!?

金沢城橋爪門

今年は12月としては寒い日が多く、今日も堀は凍っていました。

金沢城橋爪門

枡形の外側からの景色もいいですね。完成が楽しみです。

金沢城玉泉院丸

同時に暫定公開となる玉泉院丸も休憩所の工事が完了し、名称は「玉泉庵」に決定しました。

金沢城玉泉院丸

いもり坂付近の木をかなり整理したのと冬で草木が枯れていると、南町方面から玉泉院丸に来ると、玉泉院丸石垣の向こうに三十間長屋が見えるようになりました。城外から建物が見えるというのは城下町の雰囲気がいっそう高かりますね。

金沢城いもり堀

隣接の駐車場も閉鎖され、石垣を一周できるようになります。

石浦神社きまちゃん

来春には北陸新幹線が金沢まで来ます。兼六園だけじゃなくて金沢城も見てくださいね。

加賀藩歴史文化護持協力会の総会

今日は四高記念文化交流館で加賀藩歴史文化護持協力会の総会がありました。

加賀藩歴史文化護持協力会

賛助会員となっているので講演会に参加してきました。愛知県立大学講師の長屋隆幸氏の講演でした。

加賀藩歴史文化護持協力会

テーマは本年度頒布されました、横山家伝来の大坂冬・夏の陣図(大坂冬御陣図・大坂夏御陣図)を題材に、前田家にとっての大坂の陣でした。今年は大坂冬の陣から400年となる記念の年です。貴重な資料の翻刻は嬉しい限りです。

玉泉院丸の公開はいつ?

金沢城玉泉院丸

ほぼ完成しました。いい景色ですねー

角度的に全景は見えませんが、目玉の瀧も水流れていました。
紅葉木はこの角度にはないので、雪景色が楽しみですね。

金沢城玉泉院丸

観光用の階段を整備中。除雪考えれば緩いスロープのほうが良かった?

姿をあらわした橋爪門二の門を見学

かなり更新の間が空いてしまいましたが、過去の記事はおいおいアップするとして、二週続けての台風一過、今週末はとても行楽日和です。

金沢城橋爪門

先月工事用の素屋根は外されていましたが、今日まで見る機会がありませんでした。今日も作業の真っ最中でしたが、晴天の下、真新しい建物はやはりいいですねーーー

金沢城橋爪門

もう見学台は解体されてしまったので、外側をぐるりとまわりながら見学。
今は二の門を通過する石畳と

金沢城橋爪門

土塁部分を工事中です。

金沢城橋爪門

2001年に復元された橋爪櫓の屋根と比べるとまだまだ黒いですが、2、3年で白くなります。一冬越してどのくらい新しさが残っているのか?少なくとも銅板はくすむんでしょうね。