高岡城 堀の巻 富山県の城館

しばらく土曜日に行ってきた高岡城を紹介します。
高岡城
高岡古城公園の石碑は大きなものが、ここ元竹薮側と三の丸搦手口の2箇所にあります。
高岡城
内堀にかかる「朝陽橋」です。藩政期はここに橋はありませんでした。この橋がなければ本丸に行くのにぐるりと回らなければいけませんが、ここを渡れば本丸に直行できます。公園整備の上では必須だったのでしょう。
高岡城
この橋から眺める堀の景色はいいものです。
高岡城
藩政期の堀がほぼそのまま残っている高岡城は、日本100名城にも選ばれていますが、古城公園整備の計画にはこの三の丸を囲む堀だけは埋めたてられる予定になっていた時期もありました。
高岡城
しかし、広い水堀の残っている城址はまさに水鳥の楽園です。
高岡城
高岡城
さまざまな水鳥がいつ来てもたくさんいます。
高岡城
堀に向けて一眼レフを向けている人がいたので、自分も覗いていると、被写体はカワセミでした。実物を見たのは初めてです。
高岡城
亀もたくさんいて、甲羅干しをしている亀も何匹かいましたが、死んだ鯉をつついている3匹の亀がなんとも微笑ましい光景でした。両側からつつけばいいのに、同じ方向からつついているので、鯉は流されてしまって、それを追いかけながら一所懸命つついている亀には、もう少し利口になれば?と思わずにはいられませんでした。

特別展「木舟城と城下」

旧福岡町内の福岡公園内にある高岡市福岡歴史民俗資料館に行ってきました。
特別展「木舟城と城下」
旧福岡町役場の建物を資料館として再利用しており、市指定文化財となっています。
特別展「木舟城と城下」
現在は高岡開町400年記念事業の一環として、特別展「木舟城と城下」が開催中です。
特別展「木舟城と城下」
チラシは昭和10年の木舟城と、杉野家文書の木舟古城図です。
特別展「木舟城と城下」
二階展示室には木舟城跡や城下町遺跡で出土した遺物や発掘調査パネル、前田利家と佐々成政の対立に関連する古文書や末森合戦の絵図などが見ごたえたっぷりに展示されていました。
特別展「木舟城と城下」
中でも注目は加賀藩十村(他地域の庄屋)であった杉野家文書のなかに発見された「木舟古城図」です。
特別展「木舟城と城下」
この絵図は木舟城の紹介で何度も見ましたが、実物を見るのは初めてです。
十村は領内を管理するために様々なことを書き留める義務があり、古城であった木舟城もその対象になっていたようです。聞いてはいましたが、実物は小さいですね。現在のメモ帳に近いものではないでしょうか?
近くの方はこの機会に、地元の歴史に触れてみてはいかがでしょうか。10月11日まで開催中で、わずか一月半という短い期間なのが残念です。1時間ほどの滞在時間でしたが、地元の方が数人見に来ていました。これも昨日の講演会の宣伝効果なのか?

前田秀継公墓所

富山県小矢部市にある前田秀継の墓所へ行ってきました。
前田秀継公墓所
山の中にポツリとある、わかりにくい場所ですが、案内看板も随所にあり、すんなりと到着しました。
現在「前田秀継公記念公園」となっています。
前田秀継公墓所
奥に100メートルぐらい進むと、山の中腹に見えます。
前田秀継公墓所
そのまま階段を進もうとすると、
前田秀継公墓所
蛇に行く手を遮られました。先日一乗谷山城でも遭遇しましたが、今年は蛇によく出会います。
前田秀継公墓所
蛇がなかなか退かないので、土手道を進みます。
前田秀継公墓所
一段上がると、そこは高徳寺跡です。昭和初めまで建物があったようですが、老朽化で取り壊されたため今は何もありません。
前田秀継公墓所
門をくぐって階段を上ると、
前田秀継公墓所
そこに3基の墓が並んでいました。
前田秀継公墓所
前田秀継夫妻の墓です。3基ありますが、1基は誰のものでしょうか?
前田秀継は前田利家の末弟であり、越中の佐々成政との攻防のなかで、津幡城主から木舟城主となりました。天正13年の大地震で木舟城が倒壊し、夫婦ともに圧死し、その子利秀により、ここ高徳寺に葬られました。利秀は秀継の跡を継いで木舟城主となりましたが、再建を断念し、今石動城に移りました。高徳寺も今石動の城下に移転しましたが、秀継墓所はそのまま残ったようです。
前田秀継公墓所
墓所には麓から一直線に上る急階段もありましたが、段が傾くなどしてこちらから上るのは無理そうです。

木舟城 富山県の城館

講演会の後、久しぶりに木舟城に寄って来ました。
木舟城
何年ぶりに来たのでしょうか?まだ福岡町が高岡市と合併する前だったので、現在の看板が立てられ整備された城跡には少し驚きましたよ。
木舟城
天正13年の大地震で陥没してしまった木舟城は、そのまま廃城となってしまい、現在は小山がわずかに残るだけです。
木舟城
旧福岡町で整備されたときに設置された石碑です。数年前に範囲確認調査が行われ、地震痕などが発見されていますが、まわりの田んぼの土地改良整備のときに表土がかなり失われていたようで、わずかに残る中世の地層からいくつかの遺物が出土しています。
木舟城
道路を挟んだ向こう側にもうひとつの小山が残っています。
木舟城
そこには貴布祢神社があります。
木舟城
社殿脇にはこの辺りにあったものか墓石が集められていました。
木舟城
整備された木舟城でしたが、また天気の良い日に来ようと思います。
実性寺
その後、元木舟城下町にあった実性寺に行きました。現在はかなり離れた、道の狭い場所にありました。
実性寺
まずその大きさに圧倒されました。村の寺としては大規模な建物群です。
実性寺
城下町時代からの力の大きさを感じることができました。

特別展「地図にみる高岡古城公園の400年」

高岡城内にある高岡市立博物館では、現在、特別展「地図にみる高岡古城公園の400年」が開催中です。
特別展「地図にみる高岡古城公園の400年」
特別展「地図にみる高岡古城公園の400年」
藩政期高岡城の絵図のほか、高岡古城公園整備に関する設計書など多くの資料を無料で楽しめます。以前の高岡城展の図録掲載物はほぼ出品されているようですので、前回見逃した方は今回必見ですね。
絵図を見ていて今回ひとつ発見したのは、藩政期(現在も)高岡城での大手口と搦手口は、古城公園の設計図では逆に記載されていました。なぜでしょうね?
特別展「地図にみる高岡古城公園の400年」
今日は14時から3階講堂で、高岡徹氏により「前田氏の越中進出から高岡築城まで」というテーマで講演があり、80名という定員のところ、大幅にオーバーして廊下まではみ出していました。
特別展「地図にみる高岡古城公園の400年」
高岡氏も話に大いに熱が入り、1時間半の予定が1時間も延長されました。阿尾城菊池氏から木舟城、蓮沼城、今石動城、守山城まで、高岡城築城に至るまでの西富山地区の城館の変遷がよくわかりました。

金沢城 いもり堀鯉喉櫓石垣工事

今夜、街中で仕事の打ち上げがあったので、夕方早く着いたついでに、金沢城のいもり堀を見てきました。城内は18時に閉まってしまったので今日はここだけです。
金沢城 いもり堀鯉喉櫓石垣工事
おーー、また一段進んでいますね。
金沢城 いもり堀鯉喉櫓石垣工事
石垣前の堀も形が変わって、石垣の高さがよるわかるようになりましたが、携帯電話の写真では非常にわかりにくいので後日お楽しみに!
金沢城 いもり堀鯉喉櫓石垣工事
裏込石は後方の土盛りとほぼ同じ高さまで積まれました。これから石垣で囲って、さらに高く積まれていきます。
金沢城 いもり堀鯉喉櫓石垣工事
西面を見ると、こちらもかなり積まれた石が見えるようになってきました。
金沢城 いもり堀鯉喉櫓石垣工事
今後も楽しみです。
以前の記事はこちら

川手城 岐阜県の城館

加納城から徒歩5分ほどのところに、済美女子高校があります。
川手城
その場所が斉藤道三に美濃守護職から追われた土岐氏の居城であった川手城跡となります。
川手城
校内のほぼ中央、小さな公園のようになっている一角に石碑と案内板が立てられています。
石碑は「史蹟川手城跡」となっていますが、案内板は「革手城」となっていて、統一感ないですね。
川手城
校庭はかなり広いですが、川手城の発掘調査は今まで行なわれていないようです。すでに廃城となっていた川手城は、加納城築城のときの部材として土砂までとられたようで、徹底的に破壊されたようですが、掘れば何か出てきそうなものですが・・・
石碑の場所が北隅になると推定されているようです。

加納城 岐阜県の城館

岐阜城の後、近くの加納城を見に行きました。
一方通行が多く、駐車場を探すうちに大手門跡に着きました。
加納城
大手門跡は旧中山道沿いに建ち、この道路をまっすぐ進んだところに本丸跡が残っています。
中山道
ついでに旧中山道に立っている道標を見てきました。加納城城下町の中山道には他に2箇所道標があります。
駐車場をやっと見つけました。本丸跡の南側入口です。
加納城
本丸跡は周囲の石垣が多く残っていますが、草で覆われているものが多いです。こちらは東南隅の石垣です。
加納城
こちらは東側の二の丸から入る升形の南面ですが、草の枯れる冬が撮影の好機ですね。
加納城
本丸はかなりの広さで、周囲を土塁が巡っています。夕方は近所の方の犬の散歩コースとなっているですね。
加納城
本丸に南から入ったところに案内板が立てられています。
加納城
こちらは西南隅の石垣です。
加納城
本丸西面の中央部あたりは、土塁の高さに比べ石垣が低く作られていますが、この土塁の上あたりにも櫓がひとつありました。
加納城
こちらは西北隅の石垣です。この隅は天守台と言われていますが、他の三隅に比べ石垣の高さが低いですね。
加納城
こちらは東北隅の石垣です。
加納城
二の丸跡の大部分はJR東海の管理地で更地となっています。
加納城
二の丸東北隅に岐阜地方気象台が建っています。気象台の西南隅にそれらしい石垣がありますが、これは新造のものです。
加納城
ぐるりと回って、加納小学校に隣接する北面に向かうと、そこには二の丸で唯一石垣が残っています。
加納城
少し突出した部分には御三階櫓が建っていたので、ここは巨石が使われて立派ですね。
しかし、よく見ると崩落防止のため、石垣の間はセメントで埋められており、遺構が完全とは言えず残念です。
加納城
振り返ると、加納小学校の校庭があります。ここは内堀を挟んで三の丸があったところです。
加納城
二の丸、三の丸の東側には荒田川が流れ、天然の外堀となっていますが、上流を望むと、金華山と岐阜城が見えます。思いの外、遺構の残っている加納城跡でした。

丸山砦 岐阜県の城館

岐阜城の馬の背登山道と瞑想の小道(水手道)が分岐するところに、伊奈波神社跡があります。
丸山砦
ここが丸山砦跡です。金華山頂上の岐阜城を守備するために、尾根筋に築かれた砦のひとつです。
丸山砦
遺跡の一番の奥の平坦部には石堂があります。木々が囲み、見晴らしを確認できないのは残念です。
附近は神社建設や後世の改変が著しく、砦跡の痕跡はこの郭の大きさのみですね。

天下布武のはじまり 岐阜城 岐阜県の城館

岐阜城を訪れたのは9年ぶりです。前回は雲ひとつない晴天で作り物のような写真になった日でしたが、午前中の曇天が嘘のように午後からは同じく雲ひとつない晴天となりました。
岐阜城
岐阜公園側から4本ある登山道のうち、行きは百曲り登山道を登ることにしました。
岐阜城
しばらく登ると、ここに郭があったことを思わせる石積みの隅部分がありました。
岐阜城
登山道の途中には道をそれないように何箇所にも看板が掲示されています。
岐阜城
というのも、所々岩だらけの場所が登山道となっていて、道がわかりにくいのです。先週は一乗谷山城を登りましたが、他の山城はけもの道のように道が続き、道がわかりにくいということはないのですが、金華山の道のわかりにくさは別物ですね。
しかし、さすがに岐阜城、登る途中に何人もの人とすれ違いました。
岐阜城
40分ほどでロープウェーの山頂駅に到着しました。
岐阜城
山頂駅からは別方向に七曲り登山道(大手道)が続いています。次回はこの道から登ることにしましょう。
岐阜城
山頂駅のすぐ近くに天下第一の門が立っています。冠木門のこの門は実際あったものではなく、記念として新造されたものです。
岐阜城
少し進むと上格子門跡がありますが、ここは実際に戦闘も行われました。
岐阜城
さらに進むと、馬場跡。
岐阜城
そして、二の丸門があります。手前の階段脇に残るのは旧石垣遺構ですが、
岐阜城
塀下の石垣、冠木門は新造のものです。
岐阜城
二の丸には塀が復元されていますが、その塀越しに復元天守を見ることができます。晴天では奥が白飛びして写真がうまく撮れません。
岐阜城
階段の途中からは岐阜城資料館を左に見て、岐阜市内が臨めます。
岐阜城
階段を上り、気象台の建物の横を下りていくと、軍用井戸が残っています。
岐阜城
岐阜城
模擬天守を写すにはここが一番のベストポイントですね。
岐阜城
石垣には金華山で取れる自然石が積まれています。
岐阜城
模擬天守の最上階から眺める景色は絶景です。遠くが霧がかっているのは残念です。
岐阜城
長良川にかかる橋の向こう側には斉藤道三が隠居していた鷺山城が見えます。
岐阜城
それでは、帰りは馬の背登山道を行くことにします。
岐阜城
ここを帰り道に選んだのは間違いでした。写真の場所が最難関の10メートル以上続く岩場ですが、行きの百曲り登山道以上の難所が多く、下りるのに40分。下りは上りより時間がかからないのが常識ですが、岐阜城はあなどれません。そういえば、入口看板に「老人・幼児には無理です」って書かれてあったな・・・
さて、岐阜城の遺構は近くにもうひとつ残っています。自家用車で岐阜公園に来たときは公園駐車場に停めることも多いと思いますが、
惣構土居
この駐車場の隣接する金華山トンネルから延びる土盛りが、城下町を囲むように作られた惣構の土居の跡です。残存部分はわずか数十メートルですが、貴重な遺構です。
惣構土居
まだまだ見逃した遺構がありますが、それは次回ですね。