戦国の城と道の実像を探る 加越国境城跡群及び道シンポジウム

加越国境城跡群及び道

今年10月に国史跡に指定されたことを記念したシンポジウム、「戦国の城と道の実像を探る ~加越国境城跡群及び道~」に行ってきました。

加越国境城跡群及び道

場所は石川県文教会館。30分前開場ということで、その10分前に着いたのですが、すでに50名ほどの行列で、先着500名とはいえこういうテーマでは埋まることはないとは思っていましたが、ゲストを良い場所で見たいということでしょうか。

今日のゲストの一人が、落語界一の城好きで知られる春風亭昇太さんでした。シンポジウムなのに始めに落語会あったりして楽しかったです。

昇太さんが来ていたこともあるんでしょうか、撮影禁止だったので中の様子はありません。

シンポジウム次第
13:00
 開会
 記念落語 春風亭昇太氏
 記念講演「加越国境城跡群の歴史的意義」 千田嘉博氏(奈良大学学長、加越国境城跡群と古道調査指導委員会委員)
14:50
 報告1「天正12年の加越国境の戦い」 木越隆三氏(石川県金沢城調査研究所所長、加越国境城跡群と古道調査指導委員会委員)
 報告2「加越国境城跡群及び道の調査成果」 向井裕知(金沢市文化財保護課)
 パネルディスカッション「戦国の城と道の実像を探る」
  コーディネーター 谷内尾晋司氏(石川考古学研究会会長、加越国境城跡群と古道調査指導委員会委員)
  パネリスト 春風亭昇太氏、千田嘉博氏、宮下英樹氏(漫画「センゴク」作者、七尾市出身)、木越隆三氏、向井裕知氏

国史跡「加越国境城跡群及び道」は、前田方の城「切山城跡」、佐々方の城「松根城跡」、双方の城が通過する「小原越」の三史跡が対象となっています。これらの史跡は天正12年(1584)の羽柴秀吉軍と織田信雄・徳川家康軍が激突した小牧・長久手の戦いが北陸に波及して構築・改修された城群であり、道を巻き込みながら、また道を遮断して付け替えたりした城跡が良好に残っています。道を含んで史跡指定された初めてのケースとなります。今日のシンポジウムを聞いて非常に珍しい貴重な史跡だと再認識しました。

史跡指定された両城跡の他に、加越国境には
・高峠城と荒山城と二俣越
・朝日山城と一乗寺城と田近越
・津幡城と和田山城、龍ヶ峰城と北陸道(倶利伽羅峠)
など残っている城跡も多く、調査が進めば追加登録される可能性はありますね。

今後の整備予定として、切山城跡と松根城跡の木々を切って双方の城跡が目視できる状態にするのと、金沢城からも見えるようにするそうです。楽しみです!

加越国境城跡群及び道

さて、今日は見開きのパンフレットが一部、先着でポスターをもらい、これまた先着で春風亭昇太さんの著書「城あるきのススメ」を購入できました。

加越国境城跡群及び道

30冊ほどありましたでしょうか?春風亭昇太さんのサイン入りです。「持って帰るのは重いので皆購入して!」とか言っていましたが、帰りには完売していたようです。中学校時代の趣味だったとか、シブいですよね。

富樫館 石川県の城館

守護所富樫館の姿と加賀の城

野々市市情報交流館カメリアで行われた埋蔵文化財講演会「守護所富樫館の姿と加賀の城」に行ってきました。

守護所富樫館の姿と加賀の城

野々市市文化振興課の田村さんから現在までの富樫館の発掘調査報告がありました。

守護所富樫館の姿と加賀の城

少し前までは館の場所が確定していませんでしたが、ようやく江戸期の絵図に残る館を囲む堀跡が見つかりました。

守護所富樫館の姿と加賀の城

堀跡からは銅鏡が見つかりました。中央に亀、上に鳥が2羽向かい合っています。

守護所富樫館の姿と加賀の城

館の東側は九艘川(くそうかわ)を堀の替わりとしていました。館の少し南側で中世の九艘川の跡も見つかっています。
川名の由来は九艘の舟が通れるほどの大きな川だったとか。

守護所は舟運に恵まれ、中世北国道と宮腰から白山本宮まで通っていた白山大道の結節地点という要衝にありました。この立地条件の良さは新しい見知でした。

守護所富樫館の姿と加賀の城

基調講演は奈良大学の千田嘉博氏による講演でした。時折冗談も入りとても興味深い内容で、中世の館が室町将軍の足利義満の建てた花の御所をモデルに全国の守護大名や守護代に広がったこと。きっと富樫館も同様の風景が広がっていたことを想像させるものでした。

講演終了後、実際の現場を見てきました。聞いた後だと現地巡りも楽しいです。他に人はいなかったけど

富樫館

最初にすみよし公園。この角地と隣の建物部分の発掘調査で九艘川の川跡が見つかりました。やはり今は跡形もないです。

富樫館

そこから北方面へ。住宅地のなか、今日いただいた資料とにらめっこしながら堀跡を探すと・・・ありました!

富樫館

ここには案内板もあります。これは講演会でも告知すべきことだと思いますが、ここは残るということでしょうね。

富樫館

堀跡は奥の区画。幅も広いですね。午前中に千田先生も見学されたということでしたが、雪が一面に積もっているおかげで凹みがよく見えます。

富樫館

最後に北鉄工大前駅に

富樫館

富樫館の場所が確定していなかった頃に駅前にこの石碑が立てられました。実際の館跡はこの石碑とすみよし公園のちょうど間になります。

「よみがえる城内キャンパス」写真展

よみがえる城内キャンパス
二週間ぶりに金沢城に行ったら、「よみがえる城内キャンパス」という写真展を鶴の丸休憩所でやっていました。
よみがえる城内キャンパス
この週末は金沢大学で金大祭もやっているし、大学資料館が毎秋行う特別展に連動したものでしょう。
よみがえる城内キャンパス
1978年当時の金沢城内の金沢大学を空撮した様子です。今もここに大学があったなら、自分もここを受験したかなーと思いながら、そうだったら今の城跡復元はなかっただろうと思うと複雑な気持ちですが・・・
よみがえる城内キャンパス
奥に石川門が見えるので三の丸のキャンパスの様子です。
よみがえる城内キャンパス
他にも写真が数十枚展示されていますので、興味ある方は来週末にでも出かけてください。14日までですよ。

七尾城 石川県の城館

夕方、七尾城に登ってきました。
七尾城
ここ数日は天候が良かったためか、それとも時期的なものか、下界は靄っていてはっきり見えませんね。残念です。
七尾城
上杉謙信も名城と称えた七尾城ですが、国史跡とあって平日にもかかわらず、数台の車が停まっていました。
七尾城
桜馬場の西面の段々になった石垣群は七尾城の見所のひとつです。
七尾城
ゆるい石段を登っていくと、
七尾城
本丸の石垣が見えてきます。本丸下の駐車場から10分程度で本丸に到着しますので、気軽に行ける城跡です。
七尾城
本丸には社と、
七尾城
石碑が建てられています。
七尾城
夕暮れまでしばらく時間があったので、桜馬場から二の丸付近まで散策しました。
桜馬場の東側に残る崩れかけた石垣や
七尾城
温井屋敷の九尺石など、隠れた見所のたくさんある城跡です。
七尾城
本丸に戻ってしばらく待っていたものの、夕暮れまでまだ時間がかかりそうだったので、フィルタをかけて撮影しました。もっとはっきり撮るのなら、やはり冬かな?

小丸山城 石川県の城館

平日の七尾市小丸山公園。
小丸山城
まだ夕方には少し早い時間なので、掃除の方以外は他に人はいませんでした。桜もつつじも終わってしまったので、しばらくは静かな場所になりそうです。
小丸山城
前田利家が一国一城の主として能登に入国したばかりのときは、能登畠山氏の居城、七尾城(府中)に入りました。しかし、生活や交通には不便だったので湊に近いここ所口に城を築きました。
現在では小丸山城は4つの小山から構成されていたと考えられています。
小丸山城
まずはもっとも高い本丸へ。一角に小丸山城址の石碑が立っています。
小丸山城
中央付近には、NHK大河「利家とまつ」が放映された記念として、利家とまつの銅像が立てられました。
小丸山城
(拡大あり)
本丸から北側には所口と呼ばれた七尾市街が広がっています。
小丸山城
南東隅の少し小高くなった上に日像上人像が立てられており、ここに櫓があったと想定されています。
小丸山城
(拡大あり)
そのからの眺めは東に七尾城のあった山々、眼前の住宅街が郭のひとつ、大念寺山です。住宅街を造成する際に少し削られていると考えられ、当時はもっと高かったと思われます。
小丸山城
橋を渡り、西側の郭が二の郭の役割だったと考えられる天性丸です。
小丸山城
小丸山公園の北側入口に相撲場がありますが、その西の山が郭のひとつ、宮丸です。その名前の由来は、築城以前この山は愛宕山と呼ばれ、気多本宮社があったことによると思われます。
小丸山城
現在は忠魂碑が建てられていますが、平成19年の能登半島地震により倒壊の危険が出たため、分解されて展示されています。
小丸山城
その宮丸の北側に「愛宕小路」という看板を見つけました。見落としそうな歴史遺産ですが、建物の間を通る細い小道でした。愛宕山にあった気多本宮社への参道であったことからその名が付けられ、築城後は本丸への通り道となったと考えられるそうです。

末森城の桜 石川県の城館

前田利家と佐々成政の激戦の地、末森城。
末森城の桜
NHK大河ドラマ「利家とまつ」の放映に合わせて整備が進められました。国道沿いのこの立て看板もそうです。
末森城の桜
麓の駐車場に設置された仮設トイレ。
末森城の桜
駐車場の案内板。
末森城の桜
入り口の石碑とすべてそのときに整備されたものです。
末森城の桜
入り口に設置されたしおり箱。今は中がからっぽです・・・
末森城の桜
夕暮れ時の末森城を上ります。最初に守る郭は「若宮郭」。南に開けた、佐々の籠もる坪山砦と対峙する位置にあった郭です。
今は桜が真っ盛り!!
末森城の桜
しばらく上ると大きな空堀が出てきます。春先は草がすべて枯れ、とても見やすい状態になっています。
末森城の桜
二の丸を経て本丸に到着しました。
末森城の桜
本丸もちょうど桜が真っ盛りでした!こんな夕暮れ時なので誰もいないと思っていましたが、途中地元の方に一人会いました。会うと思っていなかったのでちょっとビックリ!してしまいました。
末森城の桜
今年は雪が多かったこともあるのでしょうか。草が枯れて、本丸先の郭にも行くことができました。ここが末森の北の見張り台です。
末森城の桜
日中は暖かくなったとはいえ、日が暮れるとさすがに寒くなってきました。さっさと下りましょう。
末森城の桜
下りてきてから「熊注意」の看板に気がつきました・・・
途中音楽をつけて歩いていましたけど、もしかしてとても危険だったのか?でも春先の末森城は土塁や堀もとても見やすくおすすめですよ!

和田山砦 石川県の城館

小春日和のなか、雪解けの和田山へ向かいました。
和田山砦
道路の雪は解けているけど、
和田山砦
山中の雪はまだ少し残っているけど、かなり遺構が見やすくなった。
和田山砦
草一つ生えていない虎口は、構造がわかりやすいけど写真写りはイマイチか
和田山砦
二の丸の奥に櫓台が見えます。
和田山砦
本丸に入って、櫓台の上から
和田山砦
まだ雪の残る山々をしばし鑑賞
和田山砦
本丸をめぐる土塁の雪がなくなったことで、写真ではわかりにくくなった。
和田山砦
前回と同じく細い土橋を渡り、
和田山砦
そこから雪の残る空堀と帯郭が見えました。下りていくには北面のまだ雪が深い。
和田山砦
もう少し本丸まわりの木を伐採してくれると、この景色が拝めるのだが・・・・

和田山砦 石川県の城館

冬の貴重な晴れ間。明日よりまた荒れるようだったので、和田山へ向かった。
和田山砦
今日は残っていた和田山の南尾根を目指すことに。
和田山砦
まずは北側から入って古墳群を見て回る。
和田山砦
こんな状況でも散歩する人はいるようです。尾根と尾根の間には深い谷が入っています。
和田山砦
古墳がもっとも多く並ぶ尾根に入ると、ちょうど防虫作業の最中でした。
和田山砦
古墳の中にはわかりに溝を掘ったものがあります。この古墳はさらに正面に土橋が残っています。
和田山砦
枯れ木の合間、合間から除く景色が広々としていました。
和田山砦
忠魂碑(題字は「霊碑」)の立つ広場まで来ると、その先は中世の和田山砦です。
和田山砦
和田山砦は一向一揆の拠点となった後、柴田勝家軍により砦として利用されたところです。北方に手取川が流れ、手取川以南の最前線となった場所です。
和田山砦
縄張り図もありましたが、中世城郭にして「本丸」「二の丸」はないですね。せめて「一の郭」「二の郭」にしてほしいところです。現在地が表示されていないもわかりにくい・・・
和田山砦
二の丸の櫓台をめぐる深い空堀。この櫓台そのものも古墳です。
和田山砦
空堀沿いに進むと、ここを下って帯郭となりますが、さすがに雪深くて進めません。
和田山砦
空堀と帯郭の間を渡る土橋と虎口。
和田山砦
虎口を入ると二の郭となります。櫓には右前方から上るようです。
和田山砦
櫓にはわずかに土塁が残っていました。
和田山砦
松の合間から下を監視できますが、松を切ってくれればもっと景色を楽しめるのですが・・・
もともと古墳の山ですから城メインで伐採もできないとは思いますが。
和田山砦
本丸に入ります。こちらも古墳を利用した櫓台があります。
和田山砦
櫓台からの景色。こちらの眺望は南側に少し開けています。
和田山砦
一の郭
和田山砦
その北側から西側にかけて土塁が残っています。いまはちょうど土塁部分のみ雪が溶けて、写真でもよくわかる状態です。
和田山砦
一の郭から二の郭へ向かう土橋。右前方が帯郭です。
和田山砦
最後に南側に降りて腰郭を歩きました。
古墳を利用した砦だとは知っていたので城としての構造物は期待していませんでしたが、思っていた以上に中世城郭を楽しめる場所でした。次は雪が溶けてから訪ねてみましょうか。

和田山砦・能美古墳群 石川県の城館

寒波がやってきて時折激しく雪が降る天候ですが、昼休みには良い天気になりましたので、近くの能美古墳群へ行ってきました。冬になって下草が枯れて、地形がよく見えるようになっていると予想してのことです。
和田山砦・能美古墳群
能美古墳群は石川県内最大の古墳群で、手取川左岸に点在する寺井山、和田山、末寺山、秋常山、石山にわかれて、50基以上の古墳が尾根に築かれている。
とは言っても、開発により山は削られ、住宅地や公園になった場所も多く、地図では濃い緑色の部分が現存の丘陵地、灰色の部分が失われた丘陵地ということになる。左に位置する寺井山は9割以上が失われてしまった。
和田山砦・能美古墳群
和田山の麓の駐車場に車を停め、散策開始!
もっと大きな和田山古墳群南尾根は次回にして、最初に和田山古墳群北尾根に向います。
和田山砦・能美古墳群
城山と呼ばれている北尾根の登り口。低い丘陵地ですから、あっという間に頂上です。
和田山砦・能美古墳群
頂上には和田山5号墳。比較的大きな前方後円墳ですね。草も枯れて形状もよく見えます。
和田山砦・能美古墳群
上に上ると広い空間があり、一時的な陣地としては申し分ないです。
和田山砦・能美古墳群
ここ和田山は加賀に攻めいった織田軍が陣をはったと言われています。総大将は柴田勝家ですが、位置関係からして、もっとも後方の和田山に柴田が陣取り、残りは寺井山や末寺山などに陣をはったのでしょうね。
和田山砦・能美古墳群
さて次は、和田山の北に位置する末寺山古墳群に行きます。
和田山砦・能美古墳群
この尾根にはたくさんの古墳が残っているようです。冬とはいえ、この辺りは笹が多く自生していて、古墳がわかりにくかったです。特に、末寺山は南と北の尾根沿いに古墳が並ぶのですが、南尾根の円墳はどこなのか全くわかりませんでした。
和田山砦・能美古墳群
雪はあまりなかったのですが、それでも日陰部分はまだうっすら残っている箇所もあり、こんな寒い中誰も来ないですから足跡も当然ついていませんよ。
和田山砦・能美古墳群
さすがに最北に位置する末寺山北尾根からの眺めはいいですね!
ここは最前線の見張り台として古墳が利用されたことでしょう。
和田山砦・能美古墳群
末寺山7号墳の円墳。盗掘か?発掘か?真ん中にぽっかりと穴のあいた円墳でした。
和田山砦・能美古墳群
最後に9割を失った寺井山古墳群へ。
和田山砦・能美古墳群
唯一残された円墳は、住宅街にひっそりと整備されて残っていました。
和田山砦・能美古墳群
ここからは和田山も
和田山砦・能美古墳群
末寺山もよく見えます。ここは古墳のまわりの木がまったくありませんから、他の古墳群ももう少し見晴らしを良くしてくれると嬉しいですね。とここでまた雪が激しくなってきました。
次回は和田山南尾根へ。

加越国境城郭群と古道探訪会

切山城
金沢歴史探訪月間のイベントして「加越国境城郭群と古道探訪会」が開催されました。現在発掘調査中の切山城と金沢市指定史跡の松根城、それをつなぐ小原越古道をめぐる旅です。
加越国境城郭群と古道探訪会
参加者18名と市職員を乗せたバスは大雨の中、一路切山城へ向います。
切山城
険しい山道を登って切山城へ。ちなみにこの道は現代の道です。
切山城
しばらく登ると小原越と重なる箇所に竪堀があります。現代の道より一段高い位置にあるので不思議な感じですが、両側から見ると低くなっています。
切山城
切山城の脇を小原越が通っており、上から道を監視できるわけですが、一部は非常に急峻な切岸となっています。
切山城
現在の道の脇に旧小原越古道が残っていて、もとは非常に狭い道だったことがわかります。まるでけもの道!しかし、この脇街道は本道である北陸道よりも交通量があった時代もあるのだそうだ。
切山城
富山側からの最初の障害は先の竪堀だが、金沢側からの最初の障害はこの堀切。
切山城
1枚目が主郭のトレンチだが、その中からは柱穴が見つかっています。
切山城
石が集められた場所も・・・柱の根固めか?
切山城
主郭には櫓台とまわりをぐるりと土塁が巡っています。
切山城
もう少し天候が良ければ眺めは最高なのだろうけど、今日は大雨。まったく視界がありませんでした。
松根城
その後、大雨で小原越を歩く予定は中止となり、バスで松根城へ移動。数年前、日光で薄くて読めなくなっていた看板が新しくなっていました。
松根城
砺波平野や河北潟が一望できる主郭からは、こちらも霧でまったく視界なし。殘念です。
加越国境城郭群と古道探訪会
切山城と松根城は、羽柴VS織田・徳川の小牧・長久手合戦の北陸地方での代理戦争の舞台です。桐山城が前田利家方、松根城が佐々成政方、他の二俣越、田近越、北陸道でも同様のにらみ合いが行われていたけど、比高でいうとこの時点では佐々方が優勢だったのかな。
金沢市は3年計画で発掘調査や文献調査を行い、2城と古道一括で史跡申請を行う予定だそうです。