加越国境城郭群と古道探訪会

切山城
金沢歴史探訪月間のイベントして「加越国境城郭群と古道探訪会」が開催されました。現在発掘調査中の切山城と金沢市指定史跡の松根城、それをつなぐ小原越古道をめぐる旅です。
加越国境城郭群と古道探訪会
参加者18名と市職員を乗せたバスは大雨の中、一路切山城へ向います。
切山城
険しい山道を登って切山城へ。ちなみにこの道は現代の道です。
切山城
しばらく登ると小原越と重なる箇所に竪堀があります。現代の道より一段高い位置にあるので不思議な感じですが、両側から見ると低くなっています。
切山城
切山城の脇を小原越が通っており、上から道を監視できるわけですが、一部は非常に急峻な切岸となっています。
切山城
現在の道の脇に旧小原越古道が残っていて、もとは非常に狭い道だったことがわかります。まるでけもの道!しかし、この脇街道は本道である北陸道よりも交通量があった時代もあるのだそうだ。
切山城
富山側からの最初の障害は先の竪堀だが、金沢側からの最初の障害はこの堀切。
切山城
1枚目が主郭のトレンチだが、その中からは柱穴が見つかっています。
切山城
石が集められた場所も・・・柱の根固めか?
切山城
主郭には櫓台とまわりをぐるりと土塁が巡っています。
切山城
もう少し天候が良ければ眺めは最高なのだろうけど、今日は大雨。まったく視界がありませんでした。
松根城
その後、大雨で小原越を歩く予定は中止となり、バスで松根城へ移動。数年前、日光で薄くて読めなくなっていた看板が新しくなっていました。
松根城
砺波平野や河北潟が一望できる主郭からは、こちらも霧でまったく視界なし。殘念です。
加越国境城郭群と古道探訪会
切山城と松根城は、羽柴VS織田・徳川の小牧・長久手合戦の北陸地方での代理戦争の舞台です。桐山城が前田利家方、松根城が佐々成政方、他の二俣越、田近越、北陸道でも同様のにらみ合いが行われていたけど、比高でいうとこの時点では佐々方が優勢だったのかな。
金沢市は3年計画で発掘調査や文献調査を行い、2城と古道一括で史跡申請を行う予定だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です