馬伏塚城 静岡県の城館

袋井市の田園地帯の小さな集落の中に馬伏塚城がありました。
馬伏塚城
ほとんどが開発で破壊されていますが、本丸の一角に神社が建てられたために一部が保存されてきました。
馬伏塚城
本丸口には解説の案内板が立てられています。
馬伏塚城
元土塁を断ち切って道路としたため、両側の土盛りの高さから土塁の高かったことを想像できます。
馬伏塚城
神社入口に城址の石碑が立てられています。
馬伏塚城
境内が本丸の郭の高さであり、土塁の上に
馬伏塚城
社が建っています。
馬伏塚城
周辺は平野であるため、社の土塁上からはかなり見通しがききます。
馬伏塚城
南側の農道から神社を見ると、隣家の茶畑が見えますが、茶畑のあたりも元土塁であり、そこにそって内堀があったと考えられています。
この写真を撮っている位置も元は神社境内と同じ高さの郭があったと考えられており、周辺は「羽城」と呼ばれ、つまり破城された場所です。
馬伏塚城
西側から本丸を撮った写真ですが、見て分かるように、田地より一段高かった城地は宅地として開発されてしまいました。
馬伏塚城
ただ、中世平城としては地元の方の努力により、わずかに往時を偲ぶ部分が残っているだけでも幸せなことかもしれませんね。

横須賀城 静岡県の城館

横須賀城
国史跡になっている横須賀城に来ました。公園内の無料駐車場に停めて散策スタートです。
横須賀城
駐車場のすぐ北側には米倉がありました。今は果樹園となっています。
横須賀城
駐車場の西側には二の丸が広がっていました。標識は二の丸入口にあった池の南端を示すものです。
横須賀城
その先に二の丸が広がっていました。
平城の宿命というか、横須賀城も開発により二の丸、三の丸は消滅し、本丸を中心とした部分が公園として保存されています。
横須賀城
本丸に隣接する西の丸です。
横須賀城
西の丸から本丸と南下御門を俯瞰できます。
横須賀城
本丸は近世城郭にふさわしく広大なものでした。
横須賀城
天守台が一段高く残っており、
横須賀城
その隣に城址の石碑が立っています。
横須賀城
本丸には横須賀城の復元模型が飾られていますが、
横須賀城
無残に所々壊されていました。国史跡になったことで、城跡に理解のない方の観光も増えたのでしょうか?地元ふるさと教育には欠かせない資産ではあるのですが、残念なことです。
横須賀城
天守台に上って、ここから昔は海が見渡せたと思いますが、今は埋め立てが進んで、海はのぞめませんね。
横須賀城
天守台から北側をのぞむと、北の丸とその先に砦の役割もしたと思われる松尾山が見えます。
横須賀城
下に降りてくると、本丸への正門となる南下御門の石垣が復元されています。小ぶりの丸い川原石が大量に積み上げられた珍しい石垣ですね。
横須賀城
その東に唯一池として残る三日月池が今も水を湛えています。
横須賀城
さあ、帰ろうと思って国道に出ると、道路沿いに看板が立っており、
横須賀城
この場所が南の外堀跡のようです。その奥に、西大手口にあたる土塁が見えます。ということは、この国道は南外堀と海との間の中土居道の遺構なのですね。

高天神城 静岡県の城館

遠江の楔として「この城を制する者が遠江を制する」と云われた高天神城へ行ってきました。
最初、搦手口を通り過ぎ、大手口へ向かったはずが、どこで間違えたのか?結局搦手口より入りました。結果的に少し日影のある搦手口に車を停められたので良かったですが・・・
高天神城
さて、ここからは総ルート3時間歩き通した探訪の記録です。
高天神城
なんせ国史跡として郭も多い城ですので、写真点数も半端ない数となりました。
高天神城
搦手口から入ると、すぐに「史跡 高天神城跡」の石碑が立っています。少し先の松の木のあたりが搦手門跡となります。
高天神城
階段を上っていくと途中に三日月井戸があります。山城では井戸は生命線です。この井戸は壁から伏流水がしみ出ているようです。
搦手と大手の合流地点まで来て、まずは本丸方向から攻めることにしました。
高天神城
本丸の一段下の的場曲輪です。
高天神城
本丸には土塁が周囲に回っていたようですが、現在も北側、西側を中心に所々残っています。
高天神城
本丸からの景色はあまり開けていなかったので、御前曲輪に移動しました。
高天神城
ここからは東側の景色がよく見えます。
整備当時はここから三の丸へ下りる道があったようですが(三の丸側に看板が無造作に倒されていました)、現在は整備された階段ルートを遠回りしていきます。
高天神城
御前曲輪の北側の土塁上に元天神社が建っています。案内板上は「元宮」となっている場所です。
高天神城
三の丸に下りてきました。
高天神城
ここは御前曲輪より数メートル下がりますが、眺望は開けています。
高天神城
さらに下って大手門をめざします。途中、着到櫓跡がありました。
高天神城
さらに下りて大手口駐車場まで行きましたが、こちらの入口は石碑がなく、旗が立てられていました。
大手口と搦手口を比べると、大手道は狭く山城の雰囲気を感じることができますが、搦手道は広く歩きやすかったですね。
高天神城
戻ってまた上ります。着到櫓跡の数メートル下あたりが追手門(大手門)となります。
100831t15.jpg
合流地点まで戻ってきて、井戸曲輪へ向かう前に南西方向へ下る道が
先にはトイレがありますが、
高天神城
その先に広い曲輪がひとつありました。
高天神城
戻って階段を上ると、そこが鐘曲輪です。
高天神城
井戸曲輪は名のごとく城内最大の井戸があります。
高天神城
高天神社へ上る前に、二の丸を見てきます。途中通路から搦手方向(北)がよく見えます。
高天神城
二の丸です。
高天神城
二の丸の一段下に袖曲輪が附属します。
高天神城
袖曲輪下には本間八郎・丸尾修理の供養塔が立っています。
高天神城
二の丸の袖曲輪と堂尾曲輪の間は大きな堀切となっています。
高天神城
堂尾曲輪は北方向に突き出た尾根を利用した長い曲輪です。
高天神城
その堂尾曲輪に沿って西側に長い横堀が掘られています。
高天神城
ここから井戸曲輪まで戻って高天神社の階段を上ります。
高天神城
途中の曲輪が西の丸です。社務所が建てられています。
高天神城
高天神社と元天神社のどちらがこの山の高所なのでしょうか?
高天神城
本堂の裏や側面には削られていますが、土塁が残されています。
高天神城
ここからの眺望もよいですね。左手前の屋根は社務所ですよ。
高天神城
本堂の裏には馬場平へ至る道が続いています。その間は深い切割となっています。
高天神城
馬場平は高天神城最西の曲輪です。馬場とは言われていますが、この場所に馬で乗りつけるのは難しいでしょうね。
高天神城
現在は眺望台として整備されています。それにしても暑い日でした。
高天神城
馬場平ですべての曲輪をまわりましたので、引き返してもよかったのですが、甚五郎の抜け道なる細道がまだ先に続いています。地図上は麓に出るようですし・・・
高天神城
この判断が間違いでした。入る時点では登城から2時間を過ぎるほどでしたが、さらに1時間を消費することになろうとは・・・・
昼ならともかく、雨の日や夜は到底歩けそうもない細道をクモの巣を払いながら進みました。
高天神城
20分ほど進むと分かれ道となり、下り道となりました。ここまでは比較的平坦でしたが、下りが落ち葉で滑るところもあり、杖なしでは進めない状況でした。
ここ数年誰も歩いていないのでは??そんな疑問もよぎりながら
高天神城
進むしかない道を歩いていると、ようやく林の谷池にでました。
高天神城
ひと安心かと思いきや、道があるのはわかるものの、膝丈以上の草むらを進むことに・・・・
高天神城
どこか攻城というよりも、敗走の気分になりながら、ようやく茶畑と整備された道路に到着!
堂尾曲輪の突き出た尾根が遠くに見えます。
高天神城jpg
本来はこの碑のもっと近くに出るはずだったのですが、池からの道を間違えたようです。
高天神城
草むらに埋れているのは、岡部・板倉の碑です。
最後は散々でしたが、無事に帰れたので苦労した分、後で良い思い出になるのです。
高天神城
帰り道、行くときは分からなかったのですが、横須賀七人衆のひとり「渥美源五郎屋敷跡」の案内柱を見つけました。
高天神城
さて、問題の大手口ですが、こちらです。でも上るときのおすすめは搦手口です。

能ヶ坂砦 静岡県の城館

掛川から高天神城へ向かう国道38号線を走っている途中で、ひとつの看板が目に入りました。
能ヶ坂砦
「高天神城 六砦の中の一つ 能ヶ坂砦」
六砦といっても、高天神を守るための前線の砦というわけではなく、武田方がこもる高天神城を攻めるために、徳川方が高天神城を包囲するように築いたものらしい。つまり陣城ということか。
その6つとは、小笠砦、中村砦、能ヶ坂砦、火ヶ峰砦、獅子ヶ鼻砦、三井砦。
能ヶ坂砦
近くの城東中学校の入口に気になる物を発見!
能ヶ坂砦
天守風の「立志の城」
能ヶ坂砦
目の前に見える能ヶ坂砦、地元の宝、高天神城を愛する気持ちが伝わってきますね。

掛川古城 静岡県の城館

掛川城と言えば、山内一豊の築城した龍頭山の近世城郭を思い浮かべる方が多いと思いますが、最初の掛川城はここ子角山に築城されました。
築城したのは今川家の重臣であった朝比奈泰煕です。城といっても中世城郭ですから天守があったわけではありません。
掛川古城
本郭の跡は現在龍華院となっています。
掛川古城
龍華院は徳川家光の御霊屋です。
掛川古城
坂を上ると結構な広さのある郭です。
掛川古城
外見もそうですが、内装もきらびやかな建造物です。
掛川古城
郭のまわりを土塁がめぐっています。
掛川古城
現在は東側と西側を中心に残っています。
掛川古城
掛川古城の見どころは何と言っても本郭と二の郭の間を遮断する、この大堀切でしょう!
掛川古城
5メートルはあろうかという大変に深い堀切です。
掛川古城
本郭の先の階段を上ると、
掛川古城
そこは公園として整備されています。
掛川古城
すぐ南側に学校があるからでしょうか。この学校の校庭や
掛川古城
北側の町並みをのぞむと、この場所が高所であることがよくわかりますね。

掛川城 静岡県の城館

今日も暑い日となりました。朝から汗だくです。折角の城日和なので一番乗りを目指してお出かけです。
掛川城
大手町駐車場に車を停め、大手門から散策スタートです。
掛川城
まだ朝早いので店なども閉まっていますが、掃除のおばちゃんたちが観光客をお迎えしてくれます。
掛川城
大手門の中に復元されたのは番屋です。
掛川城
大手門近くの大手橋から逆川沿いに見る掛川城です。
掛川城
観光案内処の「こだわりっぱ」から見る掛川城です。いかにも土産屋らしいでしょ
掛川城
昼の掛川城です。復元された四足門と天守ですが、復元されたのは平成6年なので外観も古くなってきていますが、それ以上に太鼓櫓前や天守前の木が大きくなりすぎです。
掛川城
四足門横に復元された三日月堀。
掛川城
そして、四足門
掛川城
二の丸内の十露盤堀。全国に先駆けて本格的復元整備された城らしいですね。
掛川城
まだ開館前だったのですが、一人女性の方がいらっしゃいましたよ。
掛川城
本丸広場はお花畑となっています。
掛川城
市指定文化財の太鼓櫓です。
掛川城
入場券は一番乗りでしたが、シャッターチャンスを狙っていると、係りの人が門を掃除し始めたので、終わるまで待っていたら抜かれてしまいました。
掛川城
それでは入城です!!
掛川城
門の横に、伝説が残る霧吹井戸があります。
掛川城
天守へ入る前に天守のまわりを散策です。西側にもうひとつの門があり、その先は掃除道具がおいてありましたが・・・(ここは現実的)
掛川城
天守の下壁には石垣からよじ登る人を止めるための剣先が並んでいます。これは剣壁とでも言うのでしょうか?
掛川城
石垣の横列は一直線とはいえず、これは中世の積み方ですね。
掛川城
中はさすがに木造復元ですね。青森ヒバを使った木組みは最近木造復元が増えてきたとはいえ、やはり新鮮です。
掛川城
最上階からの眺めも最高です。
掛川城
石落としや狭間も復元されています。ここは近代的安全措置がされていて若干興冷めします。
掛川城
観光客もボチボチ来るようになりましたので、天守を出て二の丸へ向かいます。
掛川城
天守と二の丸の間にある帯曲輪です。当時はもう少し広い部分があったようですが、明治に下の十露盤堀を埋めるために崩されたそうです。
掛川城
二の丸茶室の庭から見る天守です。ちょっと風流でしょ
掛川城
二の丸美術館の前にあるのは勝手台所の井戸跡です。
掛川城
二の丸御殿の東側に残る「黒土塁」。二の丸御殿を隠す目的で作られたからそう言われるそうな。
掛川城
二の丸御殿から天守を見上げながら政務を行っていたのでしょうか。
掛川城
二の丸御殿は重要文化財です。二の丸御殿として残るのは、二条城と掛川城の2城のみです。
掛川城
そんな重要な建造物であるのは間違いないのですが、管理は二条城ほどは厳重ではありませんね。ゆっくり、たっぷりと楽しみたい身としてはありがたいです。管理は民間へ委託されているようですが、受付で係りの方をしばし談笑していました。
掛川城
市立図書館前のはす池
掛川城
その横にひっそりと井戸跡が残っています。
掛川城
掛川城公園の北側に位置する竹の丸、掛川城の曲輪のひとつですが、明治に城下の葛布問屋の松本家に払い下げられ、現在はその住宅を市文化財として指定し見学することができます。

掛川城の夜景 静岡県の城館

今日は2つの山城を制覇して疲れましたが、予定通り掛川に到着したこともあり、散策にでかけました。
掛川城の夜景
明日はゆっくりしていられない可能性もあるので、城下の門を見てきました。
掛川城の夜景
ここは円満寺の山門ですが、元掛川城の「蕗の門」です。
掛川城の夜景
屋根には「亀」ですね。
掛川城の夜景
掛川の町はそれほど大きくはないですね。陽も沈んでしまいましたが、まだ薄暗い状態です。
掛川城の夜景
今日は月曜日でもともと休館日ですので、人はいません。と思ったら、自分と同じく写真を撮っている女性がいましたよ。歴女かな?
掛川城の夜景
しばらく天守を眺めていましたが、空腹になったので夕食へ、
しかし、城下も休館日にあわせて休みが多く、ようやく見つけた大衆食堂で一休みです。
掛川城の夜景
出てくると、すっかり真っ暗になっていました。大手門の向こう側に天守が浮かんで見えますね。
掛川城の夜景
掛川城の夜景
掛川城の夜景
掛川城の夜景
最初どうしようか迷っていましたが、夜景を見に来て良かったです。

丸子城 静岡県の城館

丸子城へは登り口が2経路ありますが、駿河匠宿から登ることにしました。
丸子城
登る前に昼食です。丸子は宿場の頃から「とろろ汁」が名物で、匠宿でも食べれますが、少し奥のほうの食堂でとろろそばを食べました。おいしかったですよ。
丸子城
と、目標となる丸子城はあの山頂です。
丸子城
麓には鳥瞰図があり、これを見ると楽しみが膨らみます。
丸子城
麓には「丸子城まで15分」という看板があります。さあスタートです。
丸子城
しばらく登ると、丸子稲荷神社奥宮に到着します。ここが丸子城の大手門です。
ここまで15分・・・
丸子城
地図は城の入口ですね。確かに丸子城には着いたけど、ここからが本番です。
山城は土塁や空堀など写真ではうまく写らないことが多いのですが、丸子城は規模が大きくわかりやすいので、ただ写真をご覧いただきます。
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
丸子城
どうですか?すごくないですか?
結果的にあまりに楽しくて登ったり、下ったりしながら、写真を撮りまくってしまいました。あっという間に2時間が経ちました。
といっても、夏の山城はクモの巣と薮蚊との戦いですね。

久能山城 静岡県の城館

昨日は寝不足でしんどかったので、今日は十分な睡眠をとってややゆっくりとホテルを出てきました。
久能山城
9時過ぎに久能山城の麓に到着。いちご園の駐車場に500円で車を停めてスタートです。
久能山城
見上げる遥か上に一の門がのぞいています。高いなー
というより今朝も朝から30度を越える猛暑日。汗が噴出すだろうから給水は必須です!
久能山城
入口の案内板には「頂上まで1159段」の文字が・・・・
これ見たら大部分の人は諦めるだろうな。
久能山城
最後の案内は、本堂内の蘇鉄にかかる「神廟まで40段」。つまり一の門までは1000段はない・・・だろうと思う。
でも、大部分の人は諦めるだろうな。
久能山城
しかし、山城の醍醐味は麓からの登頂だーーーー
と、心の中で思いながら遥かに続くジグザグの階段を一段一段上っていきます。
久能山城
ようやく一の門まで上ってきました。両脇に石垣を積んだ本格的な埋門ですね。数少ない城の遺構です。
久能山城
一の門をくぐるとまだ石段が続きます。右側の石垣の上の平地には
久能山城
旧宝物殿がありますが、
久能山城
ここからの眺めがすばらしいです。高所恐怖症の自分にはちょっと高い。
しかし、信玄はこの駿河湾を眺めて狂喜したことでしょうね。
久能山城
この郭には勘助井戸と名づけられた井戸跡が残っています。
久能山城
つい数年前まで建物を中心に修復を行っていましたが、今は石垣をまだ修復中でした。これは計画のうちなのか、駿河地震によるものなのかわかりませんが、
久能山城
職人が石に穴を開ける作業をしていました。
久能山城
社務所前には「史跡久能山」の石碑が立っています。
久能山城
そこから下を眺めると、一段下に井戸跡が残っています。
久能山城
それでは、有料の境内へ入ります。まだ10時前で人はまばらです。
久能山城
重要文化財の楼門です。豪華絢爛ですね。それに大きい。
久能山城
楼門をくぐると「元和三年」の銘が残る手水鉢で手を清めます。
久能山城
唐門もすばらしいですね。修復間もないこともあり、色鮮やかな状態を見る事ができました。
久能山城
と、東照宮ばかりとなっていますが、城跡の痕跡探しも怠ってはいませんよ。
五重塔跡から裏をのぞくと、一般通行禁止となっている山頂の愛宕社へ上る道があり、階段の奥、左へ折れる場所に石垣が見えます。積み方から見ると近代のものではないようですね。
久能山城
さて、東照宮の拝殿は煌びやかですね。自分はまだ日光東照宮へ行ったことはないですが、もっと観光資源として宣伝したらいいと思いますよ。
久能山城
今日も中国からの観光客がたくさんいましたが、色使いが中国風だと思いませんか?
久能山城
本殿の板戸の絵画もすばらしいですね。
久能山城
家康公の神廟です。個人の墓としては最大級の大きさです。さすがです。
久能山城
右奥にひっそりと家康公の愛馬の墓がありますが、案内板があるわけではないので、観光客のほとんどはこれを見ずに帰っていました。
久能山城
神廟の一段下の山裾に石段らしき?ものが3段あるのを見つけました。これは何でしょうか?
久能山城
自分が拝殿に入る頃には少しずつロープウェイで到着した観光客が増えてきましたが、帰り道ではどこを撮っても人が入らないことはありませんでした。行くなら平日でも10時前が狙い目ですね。

持舟城・浅間山砦 静岡県の城館

JR用宗駅を下りると、ホームから見える裏山が持舟城です。
持舟城
JR用宗駅は南口しかないため、北側にある持舟城へはぐるりと回っていかないといけません。
持舟城
駅前の看板を見ると、海に非常に近いことがわかります。
持舟城
現在城山の東側に小坂川が流れていますが、江戸時代の古絵図では東側まで海が入り込み、北側は沼地が広がっていたそうです。
持舟城
麓の浅間神社
持舟城
その裏に城跡までの農道が整備されています。
持舟城
少し上ると眼下に突き出た山の先端部が見えます。そこが浅間山砦となります。
持舟城
さらに上ると、本曲輪への入口があります。
持舟城
しばらく上ると、広く開けた平坦地へ出ます。
持舟城
ここが本曲輪となります。昭和まではここに城山神社があったそうですが、今はありません。
持舟城
曲輪のほぼ中央に「持舟城址」の石碑が立てられています。
持舟城
本曲輪にある案内板には持舟城の縄張りと城下の関連施設が書かれています。
持舟城
本曲輪と二の曲輪の間には深い堀切が切られています。
持舟城
その堀切の奥に、小さな祠と深い井戸跡が残っています。
持舟城
二の曲輪に上ってみましたが、一面のみかん畑となっており、私有地のようでしたので入るのをやめました。
持舟城
下りてきて、城下の大雲寺まで来ました。ここに搦手がありました。寺前の駐車場も広い敷地が広がっていますが、ここは「館跡」と伝わっています。
持舟城
その西側へ進んだこの辺りが「船溜り、蔵屋敷」と伝わる場所です。江戸時代は現在のJRの線路まで海岸線が迫っていたのかもしれません。
持舟城が今川軍の水軍の拠点と言われる所以ですね。