春日城 長野県の城館

伊那市にある春日城にやって来ました。ちょっと道に迷いましたが。
春日城
後で歩いていたときに地図を見つけました。縄張りはこんな状況です。
春日城
それで、道路沿いの駐車場に車を停め、春日公園へ。最初に遊具が並ぶ三の丸に入ります。
春日城
三の丸と二の丸の間に架かる三の丸橋です。公園としてかなりの改修をうけているので、本来土橋だったのか、木橋だったのかはわかりません。
春日城
郭の間の空堀は深いです。
春日城
二の丸は本丸を西側と北側から囲むような配置です。
春日城
三の丸から渡るとすぐに本丸へ架かる橋は二の丸橋です。
春日城
二の丸橋を渡ると本丸には土塁跡を見ることが出来ます。つつじが植えられていますが、元は明らかに土塁でしょうね。
春日城
本丸からは伊那街道がよく監視できます。
春日城
天気が悪いのが残念ですが、雨はあがりました。
春日城
本丸と二の丸に架かるもうひとつの橋は本丸橋と呼ばれています。
春日城
空堀の斜面はきれいに植栽されています。
春日城
本丸橋のたもとに石碑が建てられています。
春日城
公園内には歴史の石碑と「本丸跡」の石柱が立っていますが、城跡の石碑がないなーと思っていたら、本丸の斜面に「春日城跡」という看板が立てられていました。
春日城
城下は伊那街道が通り、清水が今でも使用されているようです。
春日城
さらに、伊那部宿という宿場町となっていて、最南には今も井澤家住宅が残されて公開されています。
春日城
街道沿いには他に何か残っているのかと思って歩いてみましたが、何もないですね。
春日城
ただ、各家の表札が変わっているなーと思っていたら、
春日城
宿場だったときにあった宿や店が書かれていました。気づくのに時間かかりましたよ。面白い試みだけど、わかりづらい。

高遠城 長野県の城館

南側の断崖絶壁下に三峰川が流れる高遠城。
高遠城
殿坂口から車で上ります。
高遠城
駐車場になっている勘助曲輪へ。
高遠城
手前は武家屋敷だった場所です。
高遠城
道路を挟んだ三の丸には伝大手門と伝わる門が移築されています。
高遠城
一度坂を下って少し戻ります。
高遠城
大手門があった場所です。
高遠城
右側を見ると、立派な石垣が残っています。
高遠城
城内には高遠藩の藩校であった進徳館が保存されています。
高遠城
中には入れませんが、ぐるりと建物のまわりを一周できます。しかも無料です。
高遠城
では二の丸北入口から入ります。
高遠城
二の丸から南曲輪、法憧院曲輪と進んでいくと、信州高遠美術館に出ます。天守風のコンクリート建物がこの風情ある城跡を台無しにしているような・・・
高遠城
法憧院曲輪の南入口です。桜百選で有名な高遠城址ですが、観桜期は有料になります。
高遠城
桜が散った跡はただの広い曲輪です。観光客も少ないですね。
高遠城
本丸に1つ太鼓櫓が復元されています。
高遠城
階段は付いていますが、当然上ることはできません。
高遠城
一段下に小さな笹曲輪という郭が広がっています。
高遠城
そこから見上げる太鼓櫓は絵になりますね。葉桜が満開だったらもっと絵になるのになー
高遠城
本丸には新城福原神社が鎮座しています。
高遠城
社殿の前の囲みは井戸か?水の手が大事だったはずの山城ですが、ここまで井戸らしきものは見ていません。あまり残っていないのか?
高遠城
本丸入口に移築された問屋門です。もともとここにあった門ではありません。
高遠城
問屋門前の桜雲橋の架かる空堀には池が2箇所、今でも水を湛えています。
高遠城
もう少し暑くなれば蚊が大量発生しそうですが・・・
高遠城
橋を支える石垣は城内随一です。これは当時のものか?橋を架けるためのものか?
高遠城
さあ戻ろうかと階段を上っていると、脇に井戸を発見!
高遠城
これは古い井戸です。底は埋まっていますが、覗き込むことができるほどの安全な高さしかありません。
公園案内のチラシは桜見物用で曲輪や建物は描かれていますが、城跡としての要素、空堀や石垣、井戸の表記はほとんどありません。やはりここは城跡を楽しみに来るところというよりは、桜を楽しむ場所なのか?

松本城 長野県の城館

国宝松本城にやって来ました。
松本城
開智駐車場に車を停め、開智口から入ります。
松本城
松本城への入口は他に3箇所。駅から歩いてきたときは、ここ大手口から
松本城
そして、市役所のある東側は平成11年に復元された太鼓門。
松本城
二の丸御殿の北側からも入ることができます。この橋の隣に本丸に入る橋もありますが、そこだけは通行止めです。
松本城
埋の橋です。赤い橋が黒の天守によく似合いますが、藩政期にこんな赤い橋があるはずもありません。
松本城
内堀の中程から見ると、天守が大天守、乾小天守、月見櫓とすべての建物を見ることができます。
松本城
では、復元された太鼓門からじっくり見ます。
松本城
二の門から入り枡形に入ります。
松本城
案内板に鳥瞰図があり、非常にわかりやすいですね。
松本城
二の門を内側からみると、高麗門である様子がよくわかります。
松本城
一の門の脇に大きな玄蕃石と呼ばれる巨石が配されています。
松本城
一の門を支える大きな赤松が大梁として使用されています。
松本城
二の丸に入ります。
松本城
建物位置が示されただけの二の丸跡はとても広く感じます。
松本城
隣とは言え、天守は中程のこの位置に来ないと見えません。
松本城
二の丸と本丸の間の内堀ではなにやら工事をしていました。
松本城
どうも石垣が崩れたりはらんでいる場所を補修しているようです。
松本城
ぱっと見てもこのような場所が何カ所も見える。
松本城
雨が大きくなってきた。黒門から入る前に博物館に寄る。
松本城
博物館に寄っている間に、一際雨が大きくなってしまった。天守向こうの山のさらに向こうにアルプスの山々が天気良ければ見えるのですが。
松本城
黒門の一の門は昭和35年に、先程の二の門は平成2年に復元されました。大雨の中、続々の観光客が入ってきます。
松本城
藤棚は今が満開。
松本城
本丸内のつつじも満開です。
松本城
それでは天守に入りましょうか。入口は乾小天守にあります。
松本城
乾小天守、大天守ともに隅に石落しが付いています。
松本城
午前から大勢の観光客が押し寄せて、最上階まで辿りつくのが大変でした。
最上階についたところで、雨の中では遠くまでは見渡せるはずもありません。
松本城
最上階の天井には神様が祀られています。
松本城
上るには時間がかかっても、降りるのは早いです。あっという間に出口のある月見櫓です。
松本城
この時点では入る時よりさらに雨の勢いは強くなり、堀の白鳥も石段で身を休めていました。
松本城
大雨の中、駐車場に駆け込み、傘をさして城の北側を散策です。
外堀はほとんどは埋め立てられてしまいましたが、市役所裏のこの場所だけは五〇メートルほど残されています。しかし観光客もなかなかここまでは足を延ばすことはありません。
松本城
惣堀の横の公園内に北門大井戸が残っています。松本城のまわりにはこのような井戸がたくさん残っています。
松本城
ここは北馬場柳の井戸です。ここは元惣堀であり、埋立地に湧き水が出たらしいのですが、隣りの柳の木はとても大きかった。柳の木って大きくなるの早いんですね。
次回行ったときは南側も散策してみなければ!

中野陣屋 長野県の城館

中野陣屋
中野市街にある中野陣屋県庁記念館です。
中野陣屋
ここに中野県の県庁がありました。
中野陣屋
県庁の前は、天領として中野陣屋があった場所です。
中野陣屋
それでは中野陣屋跡を散策しましょう。
中野陣屋
記念館前は陣屋の堀跡が用水として今も利用され、
中野陣屋
西側に残る石垣が陣屋のあった当時を忍ばせます。
中野陣屋
西側の石垣の途中は切れて階段となっていますが、これは後世のものでしょうね。
中野陣屋
記念館の開館が10時なので、それまで時間があったので周辺を散策します。
すぐ近くに陣屋跡の記念碑が建てられていて、文字は徳川18代の御筆によるもののようです。
中野陣屋
徒歩3分ほどで、陣屋の少ない遺構である「陣屋井戸」が道路沿いの店舗に挟まれるように残されいます。
中野陣屋
井戸の凸型の石には「不忘井」と書かれています。どういう意味でしょうか?
中野陣屋
陣屋井戸の前、鈴泉寺の門前に建つ石碑には、高木清左衛門代官と手代、手付たちの名前が見える。
中野陣屋
戻って記念館の中に入ります。無料の記念館では陣屋や県庁など中野の歴史を見ることができます。
中野陣屋
展示のなかにこの辺りの旧街道図がありました。
北国街道が牟礼-善光寺-篠ノ井-上田-小諸と進むところ、長沼-松代という分岐もあったようです。その北国街道から須坂-小布施-中野-飯山と進む「谷街道」という脇街道があり、中野で分岐して草津へ向かう「草津道」があったようです。
これを見ると、飯山、須坂、草津の分岐にある中野は天領として重要な地であったことはうなずけますね。

替佐城 長野県の城館

全国的な大雨が続いていますが、今日は起きてみれば快晴?早めに出かける用意をして、諦めていた山城登りへ
替佐城
「温泉公園」と「城址公園」の看板を見つけて曲がりました。
替佐城
500mと書かれていたけど、次の案内がなかったのでどんどん奥へ登っていったら、こんなに高い場所に来てしまいました。間違えたー!
替佐城
戻って、温泉公園駐車場へ。案内板を見つけました!
そうか!あの正面の山が城址公園なのか。
替佐城
細い道を恐る恐る入っていくと、見つけましたよ!入口
替佐城
消えかかった案内標。上信越道路の工事によって、ここまでの経路が変更されたのかもしれません。
替佐城
さらに、1車線の道路を登っていくと、ようやく中腹の駐車場に着きました。
替佐城
替佐城は上杉軍の飯山城と対峙するために築城された武田軍の山城です。
替佐城
山城には満開の八重桜が・・・
昨日までの雨で足元がゆかるんでいる場所もあります。というより、地面からしみ出してきているようです。
替佐城
道は「一の郭」と「二の郭」の間の堀切に繋がってました。それにしても深い堀切だ。
替佐城
「一の郭」に上がると、広いし見通しもいいですね。日当たりもよく、城址公園としていい場所です。
他の山城では杉で視界が遮られているところも多い中で、針葉樹がほとんどない山城は貴重です。
替佐城
「二の郭」も全体が臨めます。
替佐城
「二の郭」の先端からも景色がいいです。千曲川を挟んで小高い山々が連なります。
替佐城
ふと足元を見ると、イノシシの掘り返した跡が・・・
替佐城
さらに進むと、「三の郭」へ。近年は手入れされていないようで、まさに忘れ去られた公園のようです。
替佐城
「三の郭」からしばらく下りてくると、両側を土塁?(一段高いだけ)に挟まれた水堀に到着。山の中に水堀、一見ミスマッチながら大雨で表面からしみ出してくる水を見ると、ここは地下水が豊富なようで、ここに水が溜まっているようです。
替佐城
最も低い郭?は「風呂屋古墳」と呼ばれている場所です。
替佐城
横は上信越道路、こちらのほうがまだ少し高いくらいです。なかなか見学しやすい山城です。すでにこの時期は草が生えて、竪堀などが判別しにくいのがちょっと難点か。でも、上からの眺望をぜひ体験してみてください。

安源寺館 長野県の城館

全国的に雨模様。朝止んでいたので近所の館跡へ。
安源寺館
中野市「安源寺」の交差点。
安源寺館
すぐ近くに小内八幡神社があります。
安源寺館
現在も大きな榎に挟まれた神社への参詣道が残っています。ここは善光寺から草津(温泉で有名だよね)までの間の草津道の一部です。この辺りはまわりに比べて一段高くなった丘の尾根筋にあたります。
安源寺館
北側は急坂となっていて、畑や住宅地が広がっていますが、中央あたりが地名の由来となっている「安源寺跡」、左手の住宅地あたりが「安源寺館跡」、右手の山上に「安源寺城跡」となっています。
安源寺館
住宅地の中の「安源寺館跡」と推定されている地域にいってきました。深い用水がありましたが、館跡と関係があるのか不明です。
安源寺館
道祖神の横に
安源寺館
「安源寺の釣鐘井戸」。どういう由来の井戸なのか、調べてもよく分かりませんでしたが、安源寺館に関係あるものなのか?
安源寺館
やはり平地の館跡は痕跡を探すのが難しいということで、いずれこちらの山城跡(安源寺城)へ登ってみたいです。

飯山城 長野県の城館

今週一週間は長野県の出張です。明日から荒天のようなので、早朝急ぎ途中の飯山に寄ってみました。2度目の訪問です。慌ててカメラを手にしてきたら、ひとつ古いカメラを持ってきてしまいました。
飯山城
移築された飯山関連の山門です。明治の廃城ですべての門は売却されたようですが、この門は他所に残る飯山城の門と同質の木材が使用されているそうです。
売却後に大きく改造されたそうで、原形とは大きく変わっているそうですが、立派な木造建築は飯山城では唯一のものですのでシンボルとして貴重です。
飯山城
前と後ろで窓の数が違います。
飯山城
春の遅い飯山の桜はまだ少し残っていました。
飯山城
弓道場を建てるときに見つかった南中門の礎石が、弓道場前に復元されています。
飯山城
本丸跡は葵神社の境内地となっています。
飯山城
本丸から二の丸への通路は枡形虎口となっています。飯山城の見どころですね。
飯山城
広い芝生公園となっている二の丸です。そのため、本丸の石垣が一望できて良いですね。
飯山城
二の丸から見下ろすと千曲川が流れています。
飯山城
二の丸からさらに一段低いときに三の丸の花壇が広がります。
飯山城
ここ飯山は「長野県スキー発祥の地」だそうです。日本発祥の地はどこ?

小諸城 長野県の城館

小諸城に行くために大手門前駐車場に車を停めて散策です。懐古園駐車場よりこちらのほうが滞在時間を考えると安く済みます。
小諸城
早速、隣りの大手門公園から見学です。桜も目的のひとつです。
小諸城
小諸城は城域を線路で分断された城のひとつで、大手門と三の門のあいだにしなの鉄道が走ります。
小諸城
大手門の二階は展示場になっていますが、10時から15時までとなっていて今回は残念ながら中の見学はできませんでした。
小諸城
線路をくぐり三の門に出てきました。小諸城は風林火山放映時以来です。前回は隣りのホテルに宿泊したこともあり、夕方と早朝に見ましたが、ゴールデンウィーク初日としては観光客は少ないです。
小諸城
三の門をくぐると懐古園入口の前に懐古館が建っていて、ここで日本100名城のスタンプを押せます。受付で販売されている「小諸城全図」(300円)もいいですよ。前回来たときはもうひとつ何か販売されていたような気がしますが・・・
小諸城
懐古園に入ると、右側に高く二の丸を囲む石垣が並んでいますが、これは昭和50年代に復元された石垣です。
小諸城
二の丸横から本丸へ至る虎口はカギ爪のように屈曲しています。
小諸城
黒門跡の前に架かる黒門橋です。紅葉谷とも欄干に書かれていますが、
小諸城
橋の架かる谷筋は本当に深い。
小諸城
本丸隅に天守台が残っています。
小諸城
天守台の斜め前に武器庫が復元されています。これは幕末の藩主牧野家時代のものです。
小諸城
武器庫の横から地獄谷に架かる酔月橋を渡って、郷土博物館へ行けますが、前回訪れた郷土博物館は休館になってしまっていました。残念。
小諸城
地獄谷というだけあって、紅葉谷よりさらに深い。落ちたらタダでは済みそうにありませんが、鉄製の橋でよかった。これが木製のつり橋だったり、強風が吹いていたら渡る勇気がないですね。
小諸城
本丸は懐古神社となっています。
小諸城
拝殿の前に、山本勘助が所持していたと伝わる鏡石が光っています。
小諸城
天守台には何にもありませんが、
小諸城
ここから見える本丸石垣と馬場の桜がきれいです。ちょっと遅かったけど。
小諸城
馬場の一角に満開の小諸八重枝垂桜が一本ありました。濃い桃色が青空に映えます。
小諸城
夕暮れの太陽を背にした枝垂桜もいいですよ。
夕方に来たのは桜のライトアップを見たかったのですが、桜も終わりかけ、さらにライトアップは中止ということで今回は諦めました。

龍岡城 長野県の城館

田口峠を守る龍岡の地にやって来ました。直前の橋が工事中で遠回りさせられましたが、なんとか到着しました。
龍岡城
龍岡城は大給松平家により幕末の緊迫状態のなかで三年間で築上されました。
龍岡城
その最大の特徴は日本で2例しか存在しない西洋稜堡式の城郭だということです。もうひとつは函館の五稜郭。龍岡城が「もうひとつの五稜郭」とも言われています。
龍岡城
現在は内堀の5分の3、土塁の3分の2が残っていて、ぐるりと一周しても30分かからない小さな城ですが、小諸から田口峠を越える街道を押さえていました。
龍岡城
なぜこの時期に来たのか?それは山奥の龍岡は今が桜の見頃だからです。
龍岡城
土塁は地元の子どもたちの木ソリの格好の遊び場となっていました。楽しそうです。
龍岡城
少し曇ってきたのが残念です。
龍岡城
水堀がなくなった部分も土塁側の石垣はすべて残っているのがすばらしい。
龍岡城
水堀のなくなった堀石垣は間近で見ることができるのが良いです。水堀を渡ってくる敵を容易に上陸させないための跳ね出し(武者返し)もよくわかります。
龍岡城
現在の城内は小学校となっていますが、畑や住宅に囲まれた静かな場所です。
龍岡城
堀に映る桜も美しい。ライトアップはされていないようですが、ライトアップすればとてもきれいでしょうね。
龍岡城
よく見ると、水堀の残る石垣は一部が崩落しているようです。これ以上壊れないように修復してほしいです。
龍岡城
大給松平家は「陣屋格」であったので天守など城は許さない身分でしたが、陣屋や屋敷は建てられていましたが、廃城により現在は小学校校舎としても使用された台所のみが残っています。元の位置には小学校校舎が建てられているので、位置は往時とはずれた場所になります。
龍岡城
この太い梁柱が印象的な建物です。常時公開している建物ではないそうですが、花見シーズンで運良く入ることができました。ラッキー!
龍岡城
帰りは反対方向に行きましたが、途中何か石垣が見えてきました。
龍岡城
北の街道沿いを守る龍岡城の桝形でした。交通止めで運良く通りましたが、道路沿いのこの小さな施設が残されていることに感動しました。地元で大事にされてきたのですね。
龍岡城
龍岡城に行ったときは五稜郭だけでなく、枡形もお見逃しなく!

上田城 長野県の城館

風林火山以来の上田市です。
上田城
上田駅前の真田幸村像です。上田に来たらまずこれを見ないと!
上田城
市役所前通りには大手門跡が大手門公園として偲べます。
上田城
道路の形もだいぶ変わってしまっているようですが。
上田城
二の丸橋の入口に「上田城址」石碑が立てられています。
上田城
今回は二の丸の市民会館駐車場に停めましたが、もうひとつ南側に上田城跡駐車場があります。
上田城
上田城の南側は絶壁となっていて天然の要害と言えます。
上田城
西櫓横から上ることもできますが、この急坂の前で地元の犬の散歩をしていた方が上ろうとしたら、犬が嫌がって全く動こうとしない光景を見てとても面白かったです。
犬も厭う急坂かな
上田城
本丸跡は
上田城
その大部分が芝生公園となっています。
上田城
北東櫓台は鬼門方角であり、
上田城
内堀の角が鬼門除けとして切り込んであります。
上田城
本丸の一部は真田神社となっています。
上田城
神社奥には真田井戸が残っています。
上田城
北櫓と桜、似合いますね。
上田城
北櫓と南櫓、それをつなぐ東虎口櫓門は入場することができます。北櫓から入ります。
上田城
模型を置いてありますので、立体的によく理解することができます。
上田城
城門は平成六年に復元されたものですが、まだまだ新しいです。
上田城
上田城は確かに真田氏の居城でしたが、幸村が城主になったことはなく、それでも幸村が観光客に人気があるためか前面に出るのは仕方がないところですね。戦国BASARAの影響も大きいのでしょう。