金沢城 鼠多門橋の骨格現る

金沢城 鼠多門橋
地元新聞報道を見て、鼠多門橋を見に来ました。
尾山神社側の連結部、思った以上に高い位置に橋がきている。

金沢城 鼠多門橋
骨格が見えると鼠多門橋の位置がよく分かる。

金沢城 鼠多門橋
道路に下りてみる。

金沢城 鼠多門橋
道路からみると骨格ができたのは通行止めの場所のみで

金沢城 鼠多門橋
車道部分にはまだ架かっていない。

金沢城 鼠多門橋
久しぶりに見学台にも行ってみる。

金沢城 鼠多門橋
今日は作業はないが

金沢城 鼠多門橋
屋根の板葺きはかなり進んでいる。

金沢城 鼠多門復元工事 見学台できる

金沢城 鼠多門

見学台が完成したということで初めて見に来た。

金沢城 鼠多門

見学台は通常9時から16時半まで自由に出入りできる。

金沢城 鼠多門

見学台は河北門、橋爪門のときと同じくらいの広さ。

金沢城 鼠多門

木工事は始まったばかりで、中柱と牛梁の作業をしている。

金沢城 鼠多門

中をのぞいてもまだまだ足場が目立つ。

金沢城 鼠多門

金沢城鼠多門 石垣工事進む

金沢城鼠多門

鼠多門の進行具合を見てきました。

金沢城鼠多門

左側に石が並んでいるが、石垣は通路左側に作業が移っている。

金沢城鼠多門

旧いもり堀だった鼠多門と金谷御殿の間の道路。
10月頃から一方通行になって鼠多門橋の復元を始めるようです。その前に発掘調査か

金沢城鼠多門

ということで、現在は迂回路になる一方通行道路を建設中です。

金沢城鼠多門

中を覗いてみると、鼠多門の下に石積みを積んでいる。
これは道路との境界か、それとも橋脚台か

金沢城鼠多門

下から見ると新しい石垣との境界がよくわかる。

金沢城鼠多門・鼠多門橋 普請始まる

金沢城鼠多門

東京オリンピックに間に合わせる予定で、今月起工式が行われた金沢城の鼠多門と鼠多門橋。今は橋を架けるための迂回道路を石垣沿いに作る工事に入っている。

金沢城鼠多門

鼠多門の石垣前は小さな公園だったが、最終的にどうなるのか。

金沢城鼠多門

橋の架かる対岸の尾山神社は旧金谷御殿跡だが、紅白のポールが立っている間に着地するらしい。
ほとんど本殿の真裏に近い位置だ。

金沢城鼠多門

玉泉院丸側には塀が建てられているが、2カ所中を覗けるようになっている。

金沢城鼠多門

手前は少しくすんでいるプラスチックなので、塀の上から撮影。
鼠多門が焼失後に陸軍によって建てられた監獄所の基礎のレンガが露出している。

金沢城鼠多門

奥は透明で中は見やすい。

金沢城鼠多門

ちょうど鼠多門から玉泉院丸に上がってくる坂が正面に見える。
来春からは普請状況を見学できる見学台も設置されるということが発表され楽しみ!

金沢城鼠多門

坂を上がってくると、正面に玉泉院丸の庭園とその奥に三十間長屋が見える。
尾山神社側から鼠多門橋を渡ってくる観光客は感動するだろう。

金沢城鼠多門寄進

起工式が行われて、鼠多門の寄進も始まった。記名式は来夏だが、早速平瓦を申し込んだ。

金沢城 鼠多橋の橋脚調査

金沢城鼠多門復元調査

鼠多門が復元される、今は道路になったいもり堀の尾山神社(もと金谷出丸)側の歩道

金沢城鼠多門復元調査

堀にかかっていた鼠多橋の尾山神社側の橋脚を調査したのか、ブルーシートがかかり全貌はわからないものの、石垣は外されているようです。

金沢城鼠多門復元調査

玉泉院丸の鼠多門の発掘調査場所には大勢の調査員が集まっていました。

金沢城鼠多門発掘調査

金沢城鼠多門

金沢城の鼠多門は復元に向けて、発掘調査が行われている。

金沢城鼠多門

雨から表層を守るため、大部分はシートが掛けられている。

金沢城鼠多門

発掘現場がはっきり見える場所がないのが残念だ。

金沢城鼠多門

今日は暑い日で炎天下で玉泉院丸庭園は閑散としていたが、

金沢城鼠多門

そんな中、庭師が庭木の手入れをしていました。

金沢城鼠多門

今年の暑さでいもり堀の水は随分と少なくなっていた。