金沢城橋爪門 二の門二階へ入る

こちらも昨日一般公開されたばかりの橋爪門枡形と二の門

金沢城の三御門(石川門、河北門、橋爪門)の中では殿様の居所であった二の丸御殿に最も近い門で一番格式が高い門である。櫓門は他の二門に比べて小さいが枡形内部の広さは最も広い。

金沢城橋爪門

右の一の門から入り、右に折れて左の二の門に入る。

金沢城橋爪門

枡形の出しはまだ酸化していないきれいな状態

金沢城橋爪門

二の門内部には番所があった。三御門の中ではここだけ。警備も厳重だったということ

金沢城橋爪門

二の門二階へは寄進イベント以来の菱櫓から入る。

金沢城橋爪門

料金所の看板にも「橋爪門」の文字が追加

金沢城橋爪門

先に復元されていた橋爪櫓(パンフレット上は橋爪門続櫓)からの眺望も、枡形が眼下に見えるようになった。

金沢城橋爪門

いざ橋爪門二階へ

金沢城橋爪門

完成した二階に初めて入る。やはり河北門に比べると小さく感じる。

金沢城橋爪門

寄進者はこの閲覧装置で自分の寄進した瓦や壁板がどこにあるのか見ることができる。

金沢城橋爪門

場所は印刷もできる。寄進者以外もこの閲覧装置で復元の動画を見ることができる。一本一分程度なので見やすい。

金沢城橋爪門

橋爪櫓からの入口を内部から見るとこんな感じ。健常者は階段で2mくらい下る。車いす用のパワーリフトも付いている。本来は今の入口は壁で、番所の階段を登って入るのだが危ない。

有料なので河北門より利用者は少ないのかと思うけど、その分長く新しさを保てるのかな。

金沢城橋爪門 まもなく公開!

昨日の晴天から一転、どんよりした雨降りしきる肌寒い1日でした。

金沢城橋爪門

公開を7日に控えて、その前にもう一度見に行ってきました。いよいよ足を踏み入れることができる日が来ます。

金沢城橋爪門

堀は水が抜かれ、公開前に浚渫工事が行われているようでした。

金沢城橋爪門

土塁も整備が終わり、枡形の外側もきれいに仕上がりました。

金沢城橋爪門

橋爪門の枡形は金沢城内では最大の広さで、先に復元整備された河北門(右奥)よりかなり広いです。二の門の櫓門は河北門や石川門より小ぶりなので、対比でより一層広く見えるかもしれません。

金沢城橋爪門

二の門二階には公開後に入ることができます。河北門は無料でしたが、こちらは門自体に入口がなく、五十間長屋を通って橋爪櫓から入ることになるため、菱櫓入口から有料で入ることになります。ちなみに公開による値上げはないようです。

金沢城橋爪門

金沢城の案内図。ようやくここから整備中の文言が消えることになります。ここ数年整備中が消えることがありませんでしたから、かなり久しいですね。そのうち鼠多門あたりに「整備中」が復活するかもしれませんけど。

金沢城の正月の風物詩

北陸のつかの間の晴天。金沢市街に出かけました。

金沢城橋爪門

金沢城で恒例行事となった正月の注連飾り。「数の子飾り」という藩政期と同じものです。

金沢城橋爪門

今年が違うのは門の中の景色です。二の門が来春の完成に向けてほぼ仕上がっているということです。まだ中には入れませんが、枡形はいいですね。城に来たという感じがします。橋爪門二の門の復元で、金沢城には石川門、河北門、橋爪門と3つの枡形が完成します。金沢城が城の人気ランキング上位に入る日も近い!?

金沢城橋爪門

今年は12月としては寒い日が多く、今日も堀は凍っていました。

金沢城橋爪門

枡形の外側からの景色もいいですね。完成が楽しみです。

金沢城玉泉院丸

同時に暫定公開となる玉泉院丸も休憩所の工事が完了し、名称は「玉泉庵」に決定しました。

金沢城玉泉院丸

いもり坂付近の木をかなり整理したのと冬で草木が枯れていると、南町方面から玉泉院丸に来ると、玉泉院丸石垣の向こうに三十間長屋が見えるようになりました。城外から建物が見えるというのは城下町の雰囲気がいっそう高かりますね。

金沢城いもり堀

隣接の駐車場も閉鎖され、石垣を一周できるようになります。

石浦神社きまちゃん

来春には北陸新幹線が金沢まで来ます。兼六園だけじゃなくて金沢城も見てくださいね。

姿をあらわした橋爪門二の門を見学

かなり更新の間が空いてしまいましたが、過去の記事はおいおいアップするとして、二週続けての台風一過、今週末はとても行楽日和です。

金沢城橋爪門

先月工事用の素屋根は外されていましたが、今日まで見る機会がありませんでした。今日も作業の真っ最中でしたが、晴天の下、真新しい建物はやはりいいですねーーー

金沢城橋爪門

もう見学台は解体されてしまったので、外側をぐるりとまわりながら見学。
今は二の門を通過する石畳と

金沢城橋爪門

土塁部分を工事中です。

金沢城橋爪門

2001年に復元された橋爪櫓の屋根と比べるとまだまだ黒いですが、2、3年で白くなります。一冬越してどのくらい新しさが残っているのか?少なくとも銅板はくすむんでしょうね。

橋爪門 いつの間にか進んじゃった

橋爪門復元工事
先月、心柱が建った橋爪門二の門を見てきました。今日は土曜日でしたが、ちょうど作業中でした。
橋爪門復元工事
重機が入って木材を吊り上げていました。
橋爪門復元工事
あー、もう心柱見えないですね。
橋爪門復元工事
先ほど吊り上げていた木材の作業が終わって、今から最後の1本を吊り上げるようです。
橋爪門復元工事
石垣積みはすべて完了し、塀を作るための矢倉作りが始まっていました。
橋爪門復元工事
作業風景を見れるチャンスなんて平日働いている人間には滅多にないですから、最後まで見ていました。
橋爪門復元工事
吊り上げて、中央の組み物に差し込んで、溝をはめていきます。最後はノミで調整したり、滑りやすいようにスプレーで何かを吹き付けたり、と
橋爪門復元工事
手前はすぐに入りましたが、向こうは木材のゆがみのせいかなかなか入らず、ようやく組み合わせて、最後は2人でハンマーで叩く、叩く、叩く・・・
橋爪門復元工事
ご苦労様でした。最初はひとりで見てましたが、終わる頃には見学者が増えてました。

金沢城橋爪門 土塁の土盛りは早いなー

金沢城橋爪門
一週間ぶりの橋爪門は、たった一週間なのに様変わりしていました。
金沢城橋爪門
それは石垣裏の土塁です。あっという間に土盛りがされ、その完成形にぐっと近くなりました。一冬越すために積雪前に土が盛られたのですね。
金沢城橋爪門
枡形の最後の位置もこの辺りになるようです。
金沢城橋爪門
石垣の最上部よりも土塁は高く積まれています。
金沢城橋爪門
こうして形になってくると、平面で見ているときは狭いなーと思っていた枡形も広いものです。

金沢城橋爪門 石垣工事は急ピッチに進む

金沢城橋爪門
橋爪門の二の門復元工事は
金沢城橋爪門
着々と進んでいますよ。
金沢城橋爪門
橋爪門は枡形の内側のみ石垣で外側は土塁になります。
金沢城橋爪門
東側はすでに五段積まれ、あと一段で終了の気配ですね。
金沢城橋爪門
南側は五段積んでいる途中経過がよくわかります。しかし、ここ二週間で急速に進みましたね。二段目から五段目はあっという間でした。
金沢城橋爪門
ちょうど見学台正面に積まれていた石に現代の矢穴を見つけました。細い溝分かりますか?
隠れる部分なので復元としてはOKなのでしょうね。
金沢城橋爪門
ふと見ると、石垣の後ろがどれも穴が空いています。吊るためのものなのか?中の品質を検査したものなのか?気になるーーー

金沢城 橋爪門工事は始まらないのか

金沢城 橋爪門工事
起工式から2週間・・・
金沢城 橋爪門工事
2階建ての工事用プレハブが建っていました。
金沢城 橋爪門工事
いつものアングルからはプレハブが遮って現場が見えなくなりました。ここから左前方に見学用足場が組まれるはずですが、まだその準備は整っていないですね。
金沢城 橋爪門工事
ということでまだ工事は始まりそうにありません。

金沢城 橋爪門起工式現地説明会

金沢城 橋爪門起工式現地説明会
起工式の後、復元現場で現地説明会がありました。昨年の現地説明会には参加できなかったので、ちょうど良い機会でした。
金沢城 橋爪門起工式現地説明会
それにしても、晴天過ぎるためか人出が少ないですね。これは広報不足じゃないでしょうか?
おかげでよく聞こえましたが。
話によると、来年3月までに枡形の土塁部分と二の門の柱部分が完成するようで、その南側に見学台ができるそうですが、冬の間は野ざらしになるのでどうするんでしょうか?4月以降、二の門の櫓部分の工事が始まると、囲いを掛けるので中に入るような見学台になるみたいですよ。
金沢城 橋爪門起工式現地説明会
ちょっと分かりづらいかもしれませんが、
金沢城 橋爪門起工式現地説明会
白いロープで囲った場所に実際の二の門、枡形土塁が作られるそうです。河北門より小さいとは言え、やはり大きいものですね。
金沢城 橋爪門起工式現地説明会
完成予想図はこんな感じ。
金沢城 橋爪門起工式現地説明会
初めて近くから発掘現場を見れました。
金沢城 橋爪門起工式現地説明会
柱の根固め
金沢城 橋爪門起工式現地説明会
敷石の高さがわかる痕跡
金沢城 橋爪門起工式現地説明会
のみ切跡。積み直しされていない下部数段の石垣は初期のものが多く残り、刻印の残る石も多いですが、復元でそのほとんどが見えなくなりそうです。