玉泉院丸 初週末は大盛況!

昨日ようやく一般公開を迎えた金沢城の玉泉院丸に行ってきました。

金沢城玉泉院丸

入口の案内板は「玉泉院丸口」?

新しくもうひとつ入口名を追加したのかと思いきや、「いもり坂口」を「玉泉院丸口」に変えたようです。長く親しまれた「いもり坂口」はもう通じないか・・・

金沢城玉泉院丸

休憩所「玉泉庵」から見える風景は、冬枯れた木々のおかげできれいに見える三十間長屋の見える東側が一番いい!

そして、庭園の中のベストショットを探しながら散策

金沢城玉泉院丸

小高くなっている東屋からの風景。今の季節は雪吊りが美しい

金沢城玉泉院丸

庭園北東隅から泉水越しの玉泉庵

金沢城玉泉院丸

復元された段落ちの滝。近くで見ると見慣れていないせいもあって迫力がない。高さも足りない。本当なら池の中から見たいなあー

金沢城玉泉院丸

泉水西側からの景色。橋の向こうに東屋、泉水の向こうに三十間長屋。左手前には洲浜も見え、泉水はここがベストショット!かな

金沢城玉泉院丸

もみじ橋を渡って、右に玉泉庵、左に三十間長屋、泉水に浮かぶ舟小屋。泉水は川のように見えなくもないけど、ここもベストショット

金沢城玉泉院丸

色紙短冊積石垣は修復されて細い間詰め石が入れられて、これも見慣れるまでは違和感あるなあ

金沢城玉泉院丸

玉泉庵では有料で抹茶も楽しめる。来週は北陸新幹線金沢開業!多くの観光客で溢れるでしょうね。

金沢城玉泉院丸 まもなく公開!

橋爪門の後、こちらも7日にいよいよ公開される玉泉院丸を上から眺めてきました。

金沢城玉泉院丸

早く下に降りたい。

金沢城玉泉院丸

上からの景色と下を歩いた景色、また休憩所から見た景色、どれも違うでしょうから楽しみです。

金沢城玉泉院丸

右奥の瀧も近くで見てみたい。

金沢城玉泉院丸

丘の上の東屋には塀ができていました。

金沢城玉泉院丸

街からの入口には看板(案内図か?)も設置され、あとは公開を待つばかりです。

金沢城の正月の風物詩

北陸のつかの間の晴天。金沢市街に出かけました。

金沢城橋爪門

金沢城で恒例行事となった正月の注連飾り。「数の子飾り」という藩政期と同じものです。

金沢城橋爪門

今年が違うのは門の中の景色です。二の門が来春の完成に向けてほぼ仕上がっているということです。まだ中には入れませんが、枡形はいいですね。城に来たという感じがします。橋爪門二の門の復元で、金沢城には石川門、河北門、橋爪門と3つの枡形が完成します。金沢城が城の人気ランキング上位に入る日も近い!?

金沢城橋爪門

今年は12月としては寒い日が多く、今日も堀は凍っていました。

金沢城橋爪門

枡形の外側からの景色もいいですね。完成が楽しみです。

金沢城玉泉院丸

同時に暫定公開となる玉泉院丸も休憩所の工事が完了し、名称は「玉泉庵」に決定しました。

金沢城玉泉院丸

いもり坂付近の木をかなり整理したのと冬で草木が枯れていると、南町方面から玉泉院丸に来ると、玉泉院丸石垣の向こうに三十間長屋が見えるようになりました。城外から建物が見えるというのは城下町の雰囲気がいっそう高かりますね。

金沢城いもり堀

隣接の駐車場も閉鎖され、石垣を一周できるようになります。

石浦神社きまちゃん

来春には北陸新幹線が金沢まで来ます。兼六園だけじゃなくて金沢城も見てくださいね。

玉泉院丸の公開はいつ?

金沢城玉泉院丸

ほぼ完成しました。いい景色ですねー

角度的に全景は見えませんが、目玉の瀧も水流れていました。
紅葉木はこの角度にはないので、雪景色が楽しみですね。

金沢城玉泉院丸

観光用の階段を整備中。除雪考えれば緩いスロープのほうが良かった?

玉泉院丸 整備は急ピッチに進む

金沢城の桜
今年は花見の余裕がなかったので、満開の機会を逃してしまいました。
金沢城の桜
ソメイヨシノは遅かったですが、切手門前に大輪の桜が満開になっていました。
金沢城の桜
サトザクラというようですね。
玉泉院丸
久しぶりの玉泉院丸です。発掘調査は昨年度までに一段落し、今年度は新幹線金沢開業に向けて整備の年となります。
玉泉院丸
大量の土盛りの真っ最中。どこまで土盛りするのかな?
玉泉院丸
鼠多門のあった平地も整備中です。二の丸のように門の大きさを示してくれるのか?

「最後」の 玉泉院丸発掘調査現地説明会

玉泉院丸発掘調査現地説明会
玉泉院丸の現地説明会に行ってきました。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
来年度からは新幹線金沢開業に向けて暫定整備が始まるので、今回が最後の説明会となりそうです。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
地元新聞に大々的に掲載されたためか、いつもより多い250人近い人が集まりました。まさに注目の的ですね。今日は時折雨も降る中で解説が行われました。
あまりの多さに四班に分かれて解説を聞くことに。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
玉泉院西側の鼠多門近くの井戸。ずっと軍隊が入った後の近代の遺構かと思っていましたが、確かに上の部分は追加されているけど下の部分は近世のままだそうです。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
のぞいてみると深ーーーーーい
これだけ深いと蓋をしないわけにはいかないな。これも今日限りか。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
いよいよ色紙短冊積み石垣の前へ
玉泉院丸発掘調査現地説明会
昨年は右半分のみの発掘でしたが、下すべてが掘られています。
この部分も整備では埋められて、上に復元されます。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
この色紙短冊積みも10メートル近くの高さがあるので、この高さのまま保存すると崩壊の危険もあるということで、発掘前の高さ近くまで埋め戻されるようです。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
滝のほうは流れがわかりやすいように青いテープが張られました。現在の色紙短冊の下の石積みは軍隊が積んだもので、その下にさらに数メートルの土盛りがあるため、その下に流路がありますが、実際の流路口は土盛りの中ということで今回は発掘されませんでした。
蛇行する滝の景石は、兼六園の明治記念標の石垣として抜き取られました。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
今日は説明会の前に少し解説員と話をする機会がありました。その中からひとつ。
発掘調査と平行して今年度は、石垣周辺の木々の伐採や石垣上がきれいになりました。石垣上の清掃は公園課の担当で、近代のゴミを中心に除去したそうですが、その中で、奥の石垣前の土盛りが強調されるような形になりました。
最終的に平らに整備されるのか聞いたところ、後ろの石垣がはらんでいるので除去すると崩れる恐れがあるということ。もしかしたら幕末に予算がなくて急場しのぎで土盛りしたのかもしれませんね。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
今年度で5年を迎えた調査ですが、現地説明会は4回目。ということで調査概要資料も4冊目。いつもカラー写真満載でわかりやすい資料です。調査報告書も楽しみです。

金沢城玉泉院丸 石垣積み直しか?

金沢城玉泉院丸
玉泉院丸は、日曜日はブルーシートに覆われて状況はわからないけど、地表に足場が組まれているようです。
金沢城玉泉院丸
いつになるのか、現地説明会が待ち遠しいです。
金沢城玉泉院丸
松阪門石垣前には足場が組まれて何をしているのか?ずれた石垣を積み直すのかな?

金沢城玉泉院丸 発掘調査は進む

金沢城玉泉院丸
北陸新幹線金沢開業へ向けて、整備のための発掘調査の進む金沢城の玉泉院丸跡。
金沢城玉泉院丸
今日は平日とあって作業の最中を見学できました。
金沢城玉泉院丸
昨年発掘された滝跡の西側が調査されているようです。
金沢城玉泉院丸
色紙短冊積み石垣の前も昨年の隣が掘り込まれていますが、ここからはよく見えません。
金沢城玉泉院丸
二の丸からぐるりとまわって反対側にきました。
金沢城玉泉院丸
こちらの石垣沿いには側溝が見つかっていました。
金沢城玉泉院丸
蓋が残っている部分もありますね。これが見れただけでも収穫でした。
金沢城玉泉院丸
作業員の方、暑い中ご苦労様です。
金沢城玉泉院丸
どんな整備がされるんでしょうか。
金沢城玉泉院丸
玉泉院丸を囲む石垣のまわりがすっかり除草され、木々も切られてすっきりしました。今立っている場所はいもり堀という水堀でしたから、実際はもっと高い位置に石垣が見えたでしょうね。
金沢城玉泉院丸
除草されたことによって、石垣下の土塁にも所々石が混ぜられていた様子が見えるようになりました。

金沢城 玉泉院丸の発掘調査の経過を確認

金沢城玉泉院丸発掘調査
平日の玉泉院丸跡発掘調査現場へ行ってきました。全く報道されていなかったですが、かなり発掘は進んでいました。
休日にはブルーシートが掛けられていて、何かやっていることはわかってもどうなっているのかわかりませんでした。
金沢城玉泉院丸発掘調査
発掘調査中なのを期待して玉泉院丸跡へ
金沢城玉泉院丸発掘調査
パラソルがたくさん立っています。発掘作業しているようです。
金沢城玉泉院丸発掘調査
斜面のみでなく、通路のあった石垣下の平面もやっています。
金沢城玉泉院丸発掘調査
ぐるっとまわって上の平面に到着しました。途中木陰で作業員の方が休んでいました。暑い中大変です。炎天下の作業ということでパラソル下で作業しています。
金沢城玉泉院丸発掘調査
平面は想像していたよりも深く掘られ、遺構が残存状況が良さそうです。
金沢城玉泉院丸発掘調査
通路脇の蓋付き側溝がかなり残っているようです。
金沢城玉泉院丸発掘調査
こちらはトレンチで地層を確認しているようです。
金沢城玉泉院丸発掘調査
新幹線金沢開業に向けて作業は急ピッチで進められています。
金沢城玉泉院丸発掘調査
側溝の蓋は何枚も残っていて、発掘の様子を見るだけでも楽しいです。
金沢城玉泉院丸発掘調査
反対側の松坂門方向にまわってみましたが、こちらはブルーシートが掛けられた部分が多いです。

金沢城 玉泉院丸庭園整備は進んでる?

玉泉院丸庭園整備
いもり口の整備は進んでいます。
玉泉院丸庭園整備
隣接する玉泉院丸はいもり口の横のみが入口となり、香林坊側の坂は石垣に戻されることになります。
玉泉院丸庭園整備
入口以外は工事が進んでいないようですね。
玉泉院丸庭園整備
と、紅葉橋から続く高台は草が生えてきて、縁の盛土があることがわかるようになりました。
玉泉院丸庭園整備
真夏は土を寝かすために工事進まないのかな?
玉泉院丸庭園整備
平日に見に来ないとやはり進行具合が全くわからないなー