橋爪門 いつの間にか進んじゃった

橋爪門復元工事
先月、心柱が建った橋爪門二の門を見てきました。今日は土曜日でしたが、ちょうど作業中でした。
橋爪門復元工事
重機が入って木材を吊り上げていました。
橋爪門復元工事
あー、もう心柱見えないですね。
橋爪門復元工事
先ほど吊り上げていた木材の作業が終わって、今から最後の1本を吊り上げるようです。
橋爪門復元工事
石垣積みはすべて完了し、塀を作るための矢倉作りが始まっていました。
橋爪門復元工事
作業風景を見れるチャンスなんて平日働いている人間には滅多にないですから、最後まで見ていました。
橋爪門復元工事
吊り上げて、中央の組み物に差し込んで、溝をはめていきます。最後はノミで調整したり、滑りやすいようにスプレーで何かを吹き付けたり、と
橋爪門復元工事
手前はすぐに入りましたが、向こうは木材のゆがみのせいかなかなか入らず、ようやく組み合わせて、最後は2人でハンマーで叩く、叩く、叩く・・・
橋爪門復元工事
ご苦労様でした。最初はひとりで見てましたが、終わる頃には見学者が増えてました。

玉泉院丸 整備は急ピッチに進む

金沢城の桜
今年は花見の余裕がなかったので、満開の機会を逃してしまいました。
金沢城の桜
ソメイヨシノは遅かったですが、切手門前に大輪の桜が満開になっていました。
金沢城の桜
サトザクラというようですね。
玉泉院丸
久しぶりの玉泉院丸です。発掘調査は昨年度までに一段落し、今年度は新幹線金沢開業に向けて整備の年となります。
玉泉院丸
大量の土盛りの真っ最中。どこまで土盛りするのかな?
玉泉院丸
鼠多門のあった平地も整備中です。二の丸のように門の大きさを示してくれるのか?

若狭国吉城 福井県の城館

若狭国吉城
1年ぶりに若狭国吉城歴史資料館へ行ってきました。
若狭国吉城
常設展示も一室ながら充実していて見応えありますよ。
若狭国吉城
今日は関西文化の日という企画で入館無料。さらにハイウェイキャンペーンで絵葉書1枚、アンケート記入で絵葉書2枚いただいてきました。
若狭国吉城
秋の企画展が興味深いものが多く、今年は「城の形 国吉城の姿を想像しよう」というテーマで、山城の国吉城の在りし時を想像するもの。城の基礎知識が多かったなかで、私の見たかったのはこれ!
国吉城の発掘調査一覧。本丸の周囲から埋もれた石垣がどんどん見つかっているという情報です。受付で聞いたら、まだ調査は続いていて埋められていないということ。
早速本丸へゴー!
若狭国吉城
昨年と違ったこと。この柵ですね。麓の居館跡の上をずらりと防御。あれ?上に行けないのかと思いきや、自分で開け閉めすることで行けました。昨年は猿に遭遇したけど、イノシシなんかもいるのかもしれません。
若狭国吉城
発掘現場に到着すると、調査面はブルーシートに覆われることなく露出していました。休日の一般見学者への配慮ありがたいです。
若狭国吉城
本丸に到着する頃には天候は下り坂、早く下山しないと。
若狭国吉城
昨年発掘の真っ最中だった本丸下の堀切。
若狭国吉城
間近で見学できます。
若狭国吉城
まだこれからのトレンチもあるようです。
若狭国吉城
下の段に下りて、先の石垣が二段になって積まれている部分へ。
若狭国吉城
現在の発掘現場あたりは本丸下をぐるりと石垣が巻いていた様子がよくわかります。展示と合わせて見学するとよくわかります。もうしばらくは見学できそうですよ。
国吉城は若狭町にとって歴史上もっとも表舞台に出てきた城跡ですから、これからも多方面に調査、整備が進むと思います。ちょっと期待。

「最後」の 玉泉院丸発掘調査現地説明会

玉泉院丸発掘調査現地説明会
玉泉院丸の現地説明会に行ってきました。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
来年度からは新幹線金沢開業に向けて暫定整備が始まるので、今回が最後の説明会となりそうです。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
地元新聞に大々的に掲載されたためか、いつもより多い250人近い人が集まりました。まさに注目の的ですね。今日は時折雨も降る中で解説が行われました。
あまりの多さに四班に分かれて解説を聞くことに。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
玉泉院西側の鼠多門近くの井戸。ずっと軍隊が入った後の近代の遺構かと思っていましたが、確かに上の部分は追加されているけど下の部分は近世のままだそうです。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
のぞいてみると深ーーーーーい
これだけ深いと蓋をしないわけにはいかないな。これも今日限りか。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
いよいよ色紙短冊積み石垣の前へ
玉泉院丸発掘調査現地説明会
昨年は右半分のみの発掘でしたが、下すべてが掘られています。
この部分も整備では埋められて、上に復元されます。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
この色紙短冊積みも10メートル近くの高さがあるので、この高さのまま保存すると崩壊の危険もあるということで、発掘前の高さ近くまで埋め戻されるようです。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
滝のほうは流れがわかりやすいように青いテープが張られました。現在の色紙短冊の下の石積みは軍隊が積んだもので、その下にさらに数メートルの土盛りがあるため、その下に流路がありますが、実際の流路口は土盛りの中ということで今回は発掘されませんでした。
蛇行する滝の景石は、兼六園の明治記念標の石垣として抜き取られました。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
今日は説明会の前に少し解説員と話をする機会がありました。その中からひとつ。
発掘調査と平行して今年度は、石垣周辺の木々の伐採や石垣上がきれいになりました。石垣上の清掃は公園課の担当で、近代のゴミを中心に除去したそうですが、その中で、奥の石垣前の土盛りが強調されるような形になりました。
最終的に平らに整備されるのか聞いたところ、後ろの石垣がはらんでいるので除去すると崩れる恐れがあるということ。もしかしたら幕末に予算がなくて急場しのぎで土盛りしたのかもしれませんね。
玉泉院丸発掘調査現地説明会
今年度で5年を迎えた調査ですが、現地説明会は4回目。ということで調査概要資料も4冊目。いつもカラー写真満載でわかりやすい資料です。調査報告書も楽しみです。

金沢城橋爪門 土塁の土盛りは早いなー

金沢城橋爪門
一週間ぶりの橋爪門は、たった一週間なのに様変わりしていました。
金沢城橋爪門
それは石垣裏の土塁です。あっという間に土盛りがされ、その完成形にぐっと近くなりました。一冬越すために積雪前に土が盛られたのですね。
金沢城橋爪門
枡形の最後の位置もこの辺りになるようです。
金沢城橋爪門
石垣の最上部よりも土塁は高く積まれています。
金沢城橋爪門
こうして形になってくると、平面で見ているときは狭いなーと思っていた枡形も広いものです。

金沢城玉泉院丸 石垣積み直しか?

金沢城玉泉院丸
玉泉院丸は、日曜日はブルーシートに覆われて状況はわからないけど、地表に足場が組まれているようです。
金沢城玉泉院丸
いつになるのか、現地説明会が待ち遠しいです。
金沢城玉泉院丸
松阪門石垣前には足場が組まれて何をしているのか?ずれた石垣を積み直すのかな?

金沢城橋爪門 石垣工事は急ピッチに進む

金沢城橋爪門
橋爪門の二の門復元工事は
金沢城橋爪門
着々と進んでいますよ。
金沢城橋爪門
橋爪門は枡形の内側のみ石垣で外側は土塁になります。
金沢城橋爪門
東側はすでに五段積まれ、あと一段で終了の気配ですね。
金沢城橋爪門
南側は五段積んでいる途中経過がよくわかります。しかし、ここ二週間で急速に進みましたね。二段目から五段目はあっという間でした。
金沢城橋爪門
ちょうど見学台正面に積まれていた石に現代の矢穴を見つけました。細い溝分かりますか?
隠れる部分なので復元としてはOKなのでしょうね。
金沢城橋爪門
ふと見ると、石垣の後ろがどれも穴が空いています。吊るためのものなのか?中の品質を検査したものなのか?気になるーーー

「よみがえる城内キャンパス」写真展

よみがえる城内キャンパス
二週間ぶりに金沢城に行ったら、「よみがえる城内キャンパス」という写真展を鶴の丸休憩所でやっていました。
よみがえる城内キャンパス
この週末は金沢大学で金大祭もやっているし、大学資料館が毎秋行う特別展に連動したものでしょう。
よみがえる城内キャンパス
1978年当時の金沢城内の金沢大学を空撮した様子です。今もここに大学があったなら、自分もここを受験したかなーと思いながら、そうだったら今の城跡復元はなかっただろうと思うと複雑な気持ちですが・・・
よみがえる城内キャンパス
奥に石川門が見えるので三の丸のキャンパスの様子です。
よみがえる城内キャンパス
他にも写真が数十枚展示されていますので、興味ある方は来週末にでも出かけてください。14日までですよ。

加賀藩歴史文化護持協力会 第4回総会・講演会

加賀藩歴史文化護持協力会 第4回総会・講演会
加賀藩歴史文化護持協力会の第4回総会と講演会が金沢歌劇座で開催されました。総会は正会員のみ参加できるので、自分は講演会のみ。
加賀藩歴史文化護持協力会 第4回総会・講演会
今年は前田育徳会の菊池氏による江戸加賀藩藩邸の話でした。
前田家の洋館・和舘などが都文化財指定に向けて調査が進んでいるとか、五代綱紀はとても慎重な性格だったとか、支藩である富山、大聖寺の藩邸は加賀藩の本郷内にあったが、七日市藩はなかったとか、とても興味深い話を聞けました。
加賀藩歴史文化護持協力会 第4回総会・講演会
今年の更新特典は横山家に伝わる江戸本郷邸の絵図。昨年の講演会で「地震の間」は藩邸にあったのか?という疑問に応えたタイムリーな絵図でした。

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる城旅34

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる城旅34
全国山城サミット魚津大会の会場で、本を一冊購入してきました。
「わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる城旅34」
山と渓谷社 ¥1,680円
わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる城旅34
城関連セミナーでは、各地の同人誌がずらりと並ぶのが恒例ですが、山城サミットは自治体主催だからか、個人ブースは愛知城郭研究会と荻原さんのみでした。それも柱の陰になっている・・・
わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる城旅34
歴女ブームとは言え、城ガールの方と会う機会もなく、サインしていただけるということで、サインしてもらった本を持って写真撮らせてもらいましたよ!
愛城研の隣りに座っていたので、てっきり愛知から来たものかと思っていましたが、後でプロフィール確認したら、わざわざ東京から来たようです。お疲れ様でした!
わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる城旅34
内容は写真とイラストいっぱい!総カラー!かと思いきや、ビギナー編だけでした。それでも本当に城が好きなんだというのが伝わる内容です。
全国34城の中に、地元金沢城が入っているのが何より嬉しかった。ちょっと誤解もあるようだけど、専門家じゃないしね、城ガールはこんなふうに考えるんだーと参考になりました。
(えっ?何の参考)
わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる城旅34
で、楽しみながら他の城も読んでみようっと!
本は今月発売されたばかりで荻原さんの処女作です。売れたら35以降の城旅があるかも?って。
荻原さちこさんのホームページ 「城メグリスト」
http://46meg.jp/