金沢大学発祥の地

近くの駐車場に停めたのでようやく行けました。

彦三種痘所跡

その場所は彦三郵便局。

彦三種痘所跡

ではなく、その場所にあったという「彦三種痘所跡」です。金沢大学は医学部から始まり、その前身がこの場所にあった種痘所ということになっています。よってここが発祥の地ということになりました。

金沢は戦災にあっていないので、道路が江戸時代そのままの場所が多く残っています。このあたりも大きく変わっていないので場所はほぼ確定なんですよ。

辰巳櫓20分の1模型 再び!

北国総合研究所が金沢工業大学の協力を得て作成した、金沢城の辰巳櫓20分の1模型。
完成した後、赤羽ホール、しいのき迎賓館と数ヶ月展示されていたものの、その後展示スペースがなく、一般の目に触れる機会がなくなってしまいました。
辰巳櫓20分の1模型
今日は百万石まつり。60回を記念して142年ぶりに復活した盆正月の「作り物」コーナーに再び登場しました。
内側もしっかりと作ってあるのですが、一方向から見ることができるのみで裏からも見たかった。
辰巳櫓20分の1模型
3Dプリンターで作られた模型はとても精巧にできています。来年も見られるかな?

Get the Flash Player to see this player.
見てない方に少しですが映像でどうぞ!

金沢城 春のライトアップ

金沢城と兼六園で観桜期である春のライトアップが始まりました。
金沢城
とはいえ、今冬の厳しさと春冷えで開花が遅れていた桜はまだ咲き始めたばかりです。
金沢城
全体では2~3分咲きといったところでしょうか?
兼六園
暗くなるまでは日中も無料開放されている兼六園で待つことにします。
兼六園
今日は観光客が少ないです。
兼六園
今日は時間があったので、少し散策して石垣修築中の栄螺山(さざえやま)に上ってみました。今は工事中で霞ヶ池側からのみ上れるので、誰も上ってこず頂上でひとりゆっくりしていました。
それにしても、ここからの霞ヶ池の眺めはいいですね。
兼六園
徐々に暗くなる霞ヶ池を眺めていました。
兼六園
18時40分頃にはすっかり暗くなりました。
兼六園
今日は午後から雨がやみ風がないため、水の流れを止めた霞ヶ池にくっきりと唐崎の松が映っています。
兼六園
ライトアップではいつも人で身動きできなくなる徽軫灯籠の前も今日はまばらで、ゆっくりとアングルを決めながら撮影できました。
金沢城
では、金沢城に向かいます。
金沢城
壁を塗りなおした石川櫓はライトアップにも映えます。桜と三日月と一緒に
金沢城
堀の水に映る橋爪門と塀もきれいです。
金沢城
もっと桜が咲いているときれいなのですが、ライトアップされると、つぼみでもきれいですね。
金沢城
五十間長屋も堀に映ります。
金沢城
人気の少ない河北門では二の門から望む菱櫓がいい。
金沢城
復元された河北門は菱櫓と一緒に新しいスポットですよ。

江戸城 御三卿屋敷跡 一橋家・清水家・田安家

前日に東京江戸博物館で「徳川御三卿展」を見たこともあり、時間もないところですが見ないと帰れません。
一橋門
まずは、一ツ橋に残る一橋門石垣です。
一橋門
内側から見ると・・・
一橋門
歩道を作るために素っ気無いコンクリートで押さえられています。
一橋門
奥の柵の中には工事のときに残した石でしょうか?たくさんの石垣用の石が無造作に置かれています。
一橋門
中には刻印が刻まれた石もあり勿体無いことです。もう少し活かす手はないでしょうか。
一橋徳川家屋敷跡
橋を渡って、石垣が残る辺り一帯が一橋家の屋敷跡です。御三卿の中で唯一、内堀の外に屋敷がありました。
一橋徳川家屋敷跡
NHK大河「龍馬伝」で登場することもあり、もっと注目されても良い史跡ですが、あまり人は立ち止まらないですね。
平川門
さて、内堀沿いに散策を続けます。まずは平川門
竹橋門
往時は竹で編まれていたという竹橋門を通り、
清水門
一橋門から10分ほどで清水門に到着します。
清水門
正面に高麗門、右に渡櫓門、左には内堀があり、防御に強い形式です。重要文化財となっています。
清水門
高麗門を内側から
清水門
渡櫓門は鉄張りの重厚な構えですね。
北の丸公園
清水家屋敷と田安家屋敷のあった北の丸は、現在「北の丸公園」となっていて、現在は大部分が園地となっています。
武道館
田安門近くには武道館が建っています。
田安門
田安門が見えてきました。
田安門
田安門の渡櫓門の内側には珍しく部屋があったようですね。番所でしょうか。
田安門
こちらの入口も鉄張りで重厚ですね。
田安門
高麗門は両側に石垣が積まれ、清水門とは異なっています。ちなみに、田安門も重要文化財です。
田安門
田安門の高麗門の脇の塀は広く廻っていますので、雰囲気が清水門とは明らかに違いますね。通路脇の木々も邪魔だ!と思っていましたが、ここは桜の名所だったようです。
田安門
田安門の標柱がどこにあるのかと探したら、こんな遠くにありました。清水門とは違い、見通しが利かないので場所変えてほしいものです。
御三卿の名残りを感じる部分はところどころに残っていますが、ほとんどの方は素通りですから、そんな重要な史跡だとは思ってもみないのでしょうね。

江戸城散策 日本橋から一ツ橋

仕事前に散策です。今日も昨日と同じく、祥伝社新書の「江戸城を歩く」を参考に歩きます。コース4の「日本橋川」を途中まで攻略します!
常盤橋
歩いていると常盤橋公園に着きました。予定していたのとは逆方向に歩いたようですが、今更戻れないのでそのまま進みます。
常盤橋
橋は当時のものではないようですが、枡形に向かって川を渡り、公園内には枡形の両側の石垣が残っています。枡形になるために囲むもう一方が壊されていますが、都心にこれだけのものが残ったのは川がカーブしていて、道を作るのに邪魔にならなかったからでしょう。
常盤橋
現在の常盤橋は少し東側に架かっています。そこから日本橋に向かいます。
梅ぼ志飴
日本橋はこの「梅ぼ志飴」に描かれているように、浮世絵として多く描かれています。ちなみに「梅ぼ志飴」はべっこう飴です。
日本橋
さて、見学を・・・・・と思ったら、なんと工事中でした。
日本橋
北詰めの道路基準道標は見学できます。
日本橋
橋梁はブルーシートで大きく包まれています。
日本橋
普段は道路の真ん中にあって見学できないこの道路元標も見学できる!
日本橋
と思ったら、外されていました。ここが日本の道路の基準点ですよ。
魚市場発祥の地
もう一方の北詰めには魚市場発祥の地の石碑が立っています。鮮魚や塩干魚を荷揚げした魚河岸がこの辺りにあったそうですが、築地市場の前身はこの地にあったということですね。
一石橋
川沿いに西に戻り、一石橋にきました。
一石橋
この橋の歴史は古いようです。
一石橋
橋柱は現在1本だけ残っています。その横の金網に囲まれたところに
迷子しらせ石標
迷子しらせ石標が立っています。
迷子しらせ石標
壊されないように厳重に囲まれていますね。
呉服橋
そこから1つ南に行った交差点あたりに呉服橋門があったようなのですが、
呉服橋
今は交差点名として残るのみです。
呉服橋
説明板もないのか、と歩いていると少し離れた日本ビル前に見つけましたよ。
道三橋
さらに西へ歩くと、新大手町ビルの脇にひっそりと道三橋の案内板が立っています。この通路が道三堀だったのかな?
鎌倉橋
交差点を北に進み、外堀まで戻ったところが鎌倉橋です。南岸に大部分が蔦におおわれた石垣が残っています。
物揚場
そこから川沿いに西へ進むと、物揚場跡の案内板があります。
神田橋
そこは神田橋です。建築資材の陸揚げ場所だったところですが、対岸に神田橋門があったようです。
神田橋
西の北詰めには神田橋の案内板が立っています。
神田橋
橋のたもとにある首都高への入口の向こう側に石垣が残っているようですが、首都高で隠れ、蔦で隠れ、よく見えませんね。
錦橋
もうひとつ西側の錦橋から西側の南岸は石垣が続いて残っていますね。
一橋門
次の橋は一ツ橋です。
一ツ橋
交差点も一ツ橋です。想像の通り、徳川一橋家の屋敷前にあった門跡であるのですが、長くなったので後半は別記事に書くことにします。

江戸城散策 両国から浅草

江戸東京博物館を後にして、少し江戸の名残りを散策しましょう。今日の散策路の参考は前回と同じ、祥伝社新書の「江戸城を歩く」です。コース7の「両国橋から御茶ノ水」を半分くらい攻略します!
とその前に・・・
吉良邸跡
両国の観光地図にありました赤穂浪士の討ち入りのあった「吉良邸跡」を見に行きます。
吉良邸跡
屋敷跡のほんの一部を公園としているのですが、ちゃんと表札も掛かっていますよ。
吉良邸跡
中に入ると、稲荷神社と
吉良邸跡
赤穂浪士の供養碑
吉良邸跡
首洗い井戸などが記念として復元されており、
吉良邸跡
小さい空間ですが、観光スポットとして充実しています。
両国橋
さて、出発地点の両国橋です。両国というのは、橋の架かる隅田川が武蔵国と下総国の境界線だったことによるそうです。
右奥に見えるのが、隅田川に流れ込む神田川の第一橋、柳橋です。
隅田川
両国橋から見る隅田川です。大きな川です・・・と、ここからスカイツリーが見えますよ。
柳橋
神田川の第一橋、柳橋です。ドイツ式の永代橋となっていて、現代のものは昭和4年に復興されたものですが、東京では少ない近代遺産のようです。
神田川
柳橋付近の神田川には船遊び用の船宿がたくさん連なっていました。絵になりますね。
郡代屋敷跡
浅草橋南詰めの交番のあたりが郡代屋敷跡です。
郡代屋敷跡
農民を管轄した関東郡代の役宅跡らしい。
柳原土手の石垣
交番の向こうのビルのそばに何か石が見えたので、行ってみると、
そこには石垣の石がありました。隅田川も江戸城防衛のため、柳原土手という防備用の石垣があった場所があるそうです。それにしても、誰も見ないところにひっそりとありますね。
浅草橋
浅草橋を渡ると、
浅草見附跡
北詰めの浅草橋公園が浅草見附跡です。
浅草見附跡
浅草橋は浅草寺への参道ですね。ここには、というより対岸の郡代屋敷のほうだけど、枡形門があったのですが、今は見る影もなく、この石碑のみが当時を偲ばせます。
さあ、帰ろうと・・・・両国広小路の碑を見るのを忘れたよ。

金沢城 辰巳櫓復元模型

2年計画で進められていた、北國総合研究所の金沢城辰巳櫓模型が完成して実物が見られるようになりました。
金沢城 辰巳櫓復元模型
場所は北國新聞赤羽ホールの一階廊下です。今日はイベントがあって模型のすぐ横に受付のお姉さんがいましたが、折角来たのでしっかり写真に収めて来ました。ちょっと視線が痛い・・・
金沢城 辰巳櫓復元模型
それにしてもよく出来ていますね。3Dプリンターという最先端の立体プリンターで作られています。
金沢城 辰巳櫓復元模型
入母屋屋根の蛙股のなかの梅鉢紋もちゃんと再現されていましたよ。
金沢城 辰巳櫓復元模型
側面を見ると壁に継ぎ目が見えます。ここで合わせているんですね。
金沢城 辰巳櫓復元模型
外から見ると内側もしっかり作られていますが、写真は夜でないとガラス映りがあって難しいですね。

金沢城 西内惣構

今日はNTT病院の近くを通ったので、ふと冬で石積みが見やすくなっているかと思い、病院裏に行ってみました。
金沢城 西内惣構
駐車場を横切り、病院の裏にまわると、そこには金沢城の西内惣構が流れています。
金沢城下に作られた東内・東外・西内・西外の4つの惣構のうち、この西内惣構は最も残りが悪いのですが、浅野川に注ぐ終端近くは石積みの残りも良いですね。
金沢城 西内惣構
予想通り、石積みを覆っていた草は枯れ、よく見える状態になっていました。
マジマジと眺めていると、隅の部分は算木積みとなっていてなかなか立派ではないですか!
金沢城 西内惣構
カーブの部分の石積みは藩政期の面影があります。
金沢城 西内惣構
とこの部分を眺めていると、平面の中に隅のような斜めの積み方が見られます。流路がどこかで変わったのでしょうか?
金沢城 西内惣構
完全に裏に回ってくると、ここも隅は立派ですね。
金沢城 西内惣構
さらに進むとここで終わりのようです。なんか工事しているような・・・
金沢城 西内惣構
ってここは主計町の緑水苑ではないですか!ただ今復元工事中です。ここに繋がるのね、初めて知りました。

金沢のしめ飾り

金沢城
今年3年目となり、恒例となりました金沢城橋爪門(一の門)のしめ飾りです。
金沢城
藩政期の絵本から忠実に再現されたものですが、以前これを製作できる職人が一人しかいないというのをニュースでやっていました。今はどうなっているのでしょうか?
前田土佐守家資料館
一方こちらは長町の前田土佐守家資料館です。
前田土佐守家資料館
橋爪門よりは少し短いですが、基本的に形は変わりないですね。
正月ということで、ミニコーナーとして土佐守家に伝来する天神堂や天神画像などが展示されていました。

金沢城 惣構堀にフタ?

ここは金沢城下、東外惣構堀の標柱前です。
東外惣構堀
この辺りの堀跡は非常に細くなっており、溝と見間違うばかりなのですが、今日は少し雰囲気が違いました。
東外惣構堀
その原因は堀に覆うこの鉄製のフタです。こんなの前はなかったはず?ですが・・・・
冬の間だけ雪で水路が詰まらないように被せられたものなのか?恒久的なものなのか?