二俣一夜城と戦国時代絵巻

今回静岡まで足を伸ばした理由に、国民文化祭にあわせてここ二俣城に天守が復元されると知ったからです。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
初日の今日は一日限りの夜のイベントが開催されます。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
天竜川も夕暮れに沈んでいきます。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
城跡となっている山上へは東側の公園入口から上るのが通常ですが、隣りの鳥羽山城を見に行った帰りでもあり、地元の人と一緒に西側入口より登ります。
そのおかげで山上にのぞく復元天守と月の風景を見る事ができました。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
山上に到着すると目の前に復元天守が現れました。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
回り込みます。一夜城として発表されていたイメージ図どおりではないですが、9日間という公開限定期間で撤収されてしまうのは勿体無い出来ですね。
後で聞いたところによると、建築に2、3週間もかかったそうで、解体された後はいつかまた公開されるまで保管されるそうです。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
本丸入口に立つ木像は、ここで自害した家康の嫡男信康の像です。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
今日は地元の方中心に100人以上の人が集まっていました。ドライアイスの煙幕とともにイベントが始まりました。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
天守二階の窓が開き、法螺貝が演奏されます。窓開くんだー、という驚きの演出です。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
初めに、犀ヶ崖資料館で見た遠州大念仏が演じられました。漆黒に浮かぶ復元天守の前で演じられる大念仏はなんとも言えない厳かなものでした。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
続けて、地元生田流の琴の演奏がありました。金沢城でも同様のイベントを何度も見ましたが、城に和の演奏はやはり合いますね。
二俣一夜城と戦国時代絵巻
最後に日本舞踊が披露されました。晴れてて良かったですが、夜は寒かったですね。明日は昼のイベントです。

曳馬城 静岡県の城館

曳馬城
浜松東照宮への参道ですが、坂になっていて徐々に上っている土地であることがわかります。
曳馬城
浜松東照宮は浜松城古絵図には「古城」として表記されています。
曳馬城
鳥居の横に「曳馬城跡」の碑があります。
曳馬城
境内には思いの他広い空間があります。
曳馬城
境内の一番奥に少し盛り上がった土塁か?何かと思えるものがありましたが、明確に遺構と思われるものは何もありません。
曳馬城
横から境内を見るとかなりの高さがありますので、ここに城が築かれた理由もわかりますね。

国民文化祭しずおか2009 絵図でみる浜松城

国民文化祭しずおか2009を見るために静岡までやってきたので、関連イベントを見ていきますよ。
国民文化祭しずおか2009 絵図でみる浜松城
まずはクリエート浜松で開催中の「絵図でみる浜松城」です。
国民文化祭しずおか2009 絵図でみる浜松城
会館の一室に絵図や浜松城の発掘調査成果などの写真が展示されていました。
国民文化祭しずおか2009 絵図でみる浜松城
貴重な大絵図も堪能できるこの展覧会、期間限定ながら無料です。
国民文化祭しずおか2009 徳川・武田争奪の城
そして、道向いの浜松まちづくりセンターに移動します。そちらでは「徳川・武田争奪の城」として、北遠・湖北の30の城について絵図や縄張り図、写真が展示されていました。それらの城跡が紹介された「浜松の城跡見どころマップ」もゲットできました。こちらも無料でした。

いざ浜松城へ! 静岡県の城館

浜松城
浜松城に来ました。良い天候に誘われてか、たくさんの観光客が訪れています。
浜松城
公園無料駐車場側から本丸に至る通路脇には古い石垣が残っています。
浜松城
いざ浜松城天守の中に入ります。
城跡フェスティバル 今よみがえる浜松城 「センゴク」原画展
通常展示に加えて、国民文化祭にあわせて「センゴク」原画展をしていました。迫力ある戦国の男たちで絵でした。マンガ本欲しくなってしまいましたよ。
浜松城
最上階からの展望は浜松の市街を見渡せます。駐車場となっている一帯は旧二の丸となりますが、奥の木が茂っているあたりが浜松城築城前の曳馬城跡となります。
浜松城
入ってきたのと逆側の本丸入口の石垣も、通路両側にそびえ良い風景です。
浜松城
本丸には井戸がひとつ残っていますが、天守の地下にもひとつ残っています。他にも井戸はあったようですが、見当たりませんでした。
浜松城
本丸一段下の郭に家康像が立っています。向きが東向きだったら、後ろに天守が見えるのですが。

三方原犀ヶ崖古戦場

今日はいい天気になって良かった!浜松に到着するまでに豊田で1時間の大渋滞にはまってしまいました。
三方原犀ヶ崖古戦場
浜松市に到着して初めに寄ったのは犀ヶ崖古戦場です。まずは犀ヶ崖資料館を見てきました。
三方原犀ヶ崖古戦場
中には遠州大念仏の資料が展示されていますが、三方原合戦唯一の史跡として当時の模型があります。決戦場の広さを実感できますよ。
三方原犀ヶ崖古戦場
犀ヶ崖がその名のとおり深い崖地です。三方原合戦で夜営していた武田軍を徳川軍が急襲して、この崖に次々と落ちて亡くなったという場所だそうです。
三方原犀ヶ崖古戦場
石碑もあります。
三方原犀ヶ崖古戦場
のぞくとかなり深いです。斜面には竹も群生しており、当時はこれで竹槍なども作ったのでしょうかね?
三方原犀ヶ崖古戦場
資料館の裏には合戦でこの地で討死した本多忠真の顕彰碑もあり、その後ろには徳川家康お手植と伝わる楠木もあります。
この碑の右後方には「旗立ての松」という看板があるのですが、附近に松らしき木がない!?
不思議に思って資料館の管理人に聞いてみると、数年前に松くい虫にやられて枯れてしまったとか!それは残念なことです。看板の謎、解決です。

鉈尾山城 岐阜県の城館

鉈尾山城
北陸東海自動車道の途中に「古城山パーキングエリア」がある。
鉈尾山城
パーキングエリアに附近の地図があるが、古城山は別名、鉈尾山(はたおやま)と言われるらしい。パーキングからどの方角に山がそうであったのかよく分からなかった。
鉈尾山城
天文8年に佐藤将監清信が山上に築城し、3代目方政の時代に岐阜城の織田秀信に従って関ヶ原の合戦に出陣して生死不明となり、廃城となった。

続・福井藩と江戸 福井市立郷土歴史博物館

午後から福井市立郷土歴史博物館にやってきました。
福井市立郷土歴史博物館
当館では現在特別展「葵と菊」を開催中です。越前の刀工というテーマで、刀剣が多数展示されています。展示室には学芸員ではなく、警備員が配置されている物々しさもありますが、私は刀よりは鍔や金工具のほうに目が行ってしまいます。
秋季特別展「葵と菊」
今日の目的は先の展示ではなく、こちらの企画展「続・福井藩と江戸」です。昨年に続く企画ですが、今回は福井藩の江戸屋敷に関する絵図が展示されているということで実物をぜひ見たかったのです。幕末中心でしたが、福井藩の江戸屋敷は「松平えちぜん殿」という名称で絵図に描かれていました。
そのあとはやはり「加州殿」が気になります。加賀藩の江戸上・中・下屋敷の位置関係を始めて絵図で確認できました。1本の街道沿いに下・中・上屋敷が配置されているのですね。江戸城を取り囲むように配置された尾張藩や紀伊藩、水戸藩など親藩と比べると大きな違いです。
秋季企画展「続・福井藩と江戸」
展示のあとは秋深まる養浩館庭園を見てきました。今日は行楽客や博物館の講座参加者で賑わっていましたね。
養浩館庭園
まだまだ紅葉の初めという感じでしたが、所々に赤く染まった紅葉がよいコントラストでした。
養浩館庭園
養浩館庭園

高岡の名宝展 ~ 前田の時代と城 ~ 近世越中産物の世界

秋のイベントが最も集中する10月第三週日曜日、今朝は大雨の中隣県富山に出かけました。
「高岡の名宝展」 高岡市美術館
第一の目的地は高岡市美術館。前売券を購入していた特別展「高岡の名宝展」を見学です。現地に少し早く着いてしまって、まだ準備中でした。
高岡開町400年記念の一環として開催中の同展ですが、開祖前田利長、中興の祖前田利常に関する宝物、同市の瑞龍寺と勝興寺の宝物が一堂に会する貴重な展覧会です。今日は一番乗りで展示を見ました。
「高岡の名宝展」 高岡市美術館
数年前の石川県立歴史博物館で開催された「瑞龍寺展」には行かず、今年春の「勝興寺展」にも行けなかった私でも、この展覧会でほとんどの重要な宝物は見れたと思います。図録ではなかなか感じられない本物の輝きを十分に堪能してきました。
特別展「前田の時代と城」 富山県埋蔵文化財センター
続けて訪れたのは富山県埋蔵文化財センターです。同館では現在、特別展「前田の時代と城」を開催中です。
特別展「前田の時代と城」 富山県埋蔵文化財センター
越中の城を中心に、富山城の絵図、高岡城、増山城、森寺城の模型、そして、安土城、小丸城、金沢城、富山城、増山城、放生津城、弓庄城、松倉城、春日山城、末森城、白鳥城の発掘遺物が展示されています。非常に充実した展示ですが、なんと無料で見る事ができますよ。
特別展「前田の時代と城」 富山県埋蔵文化財センター
展示室の入口は富山城の石垣の写真が出迎えてくれます。虎口風になっており、城跡へ入るような雰囲気を感じることができます。ちなみに中は撮影禁止です。
「近世越中産物の世界」 富山県公文書館
時間がありましたので隣の富山県公文書館に入りました。こちらも展示は無料です。
「近世越中産物の世界」 富山県公文書館
同館では企画展「近世越中産物の世界」というテーマで、加賀藩・富山藩領で名物として奨励された特産品を紹介していました。
日本全国に知られた「加賀笠(菅笠)」が旧福岡町近郊(現高岡市)で栽培されていた原料を使っていたという事実を始めて知りました。思いのほか興味深い展示で新しい知見を得ることができました。
さて、今日第二の目的は、富山県立図書館で開催される記念講演会でした。
記念講演「城が語る天下統一」
開演30分より前に受付に行ったらまだ準備中でした。
記念講演「城が語る天下統一」
特別展「前田の時代と城」を記念した講演会で、「城が語る天下統一」というテーマで奈良大学の千田教授が講師でした。100名余りの参加者の前で軽快な話を楽しみました。
織豊系城郭研究では第一人者である千田氏ですが、静岡大学の小和田教授といい、この分野の第一人者は話上手で大学教授らしからぬ?方々ですね。
今日の話のなかでは千田氏の安土城定説の反論がとても興味深い話でした。
・大手道の道筋のこと
・本丸御殿の建物のこと
・本丸天守台と天守の構造のこと
これまた知見の広がる話でした。そういえば、千田氏も今回の特別展の展示内容については大絶賛でしたよ。

金沢城 丑寅櫓跡

本丸東側にあり、兼六園に面する櫓台が丑寅櫓跡です。
金沢城 丑寅櫓跡
普段はあまり観光客が来ない場所ですが、
金沢城 丑寅櫓跡
ここからは天気がよければ、医王山系の山々や石切り場である戸室山が見えます。
それでは城らしい見所を紹介します。櫓台なので、隅石に柱穴が見られます。
金沢城 丑寅櫓跡
こちらは北西
金沢城 丑寅櫓跡
そして北東
金沢城 丑寅櫓跡
百間堀に面する南東には3石連続で柱穴があります。
金沢城 丑寅櫓跡
最後の南西は櫓台整備のためか柱穴はありません。
金沢城 丑寅櫓跡
と思ったら、櫓台の上に並んでいる1石に柱穴を見つけました。
今度行ったときはじっくりと鑑賞してくださいね。

金沢城河北門復元 あまり変化はないですが

先日二の丸で仮設中だった施設は、今週開催のおしゃれメッセ2009の会場だったようです。
金沢城河北門復元
土曜日の今日は河北門からは金槌の音が響いていました。
金沢城河北門復元
ふと、見学台への通路から覗き込むと、二ノ門の下に入れる新しい雨水溝が用意されています。
金沢城河北門復元
ここに入る溝ですよ。
金沢城河北門復元
今は二ノ門も中の工事をしているので、見学台から見ても何も変わりがありませんが、先日の見学会の南側の大鬼が屋根に乗っています。
金沢城河北門復元
敷地内の作業所では今も木材を削る音がしていました。