金沢大学発祥の地

近くの駐車場に停めたのでようやく行けました。

彦三種痘所跡

その場所は彦三郵便局。

彦三種痘所跡

ではなく、その場所にあったという「彦三種痘所跡」です。金沢大学は医学部から始まり、その前身がこの場所にあった種痘所ということになっています。よってここが発祥の地ということになりました。

金沢は戦災にあっていないので、道路が江戸時代そのままの場所が多く残っています。このあたりも大きく変わっていないので場所はほぼ確定なんですよ。

金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」

金沢城調査研究10周年記念シンポジウム「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」の2日目です。今日は朝から丸1日ですよ。
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
研究報告1
「慶長11年の江戸城普請における加藤清正の石材調達指図について」
別府大学 白峰旬氏
白峰報告では新しい知見を得ました。名古屋城の天守石垣に人名の書かれた角石が数石あります。その理由が石材の大きさの目安とする目的だったということです。
江戸城の調達指示の書状に中に、「『勝兵へ』くらいの石を送ってこい」と家臣に指示しているそうです。
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
研究報告2
「万治元年の江戸城普請と加賀藩」
金沢城調査研究所 石野友康氏
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
研究報告3
「軍学と後藤家石垣秘伝書」
愛知県立大学 長屋隆幸氏
軍学の流派は
・越後流
・長沼流
・甲州流
の3大流派に、甲州流から派生した
・北条流
・山鹿流
の2つを加えて5流派となるようです。加賀では有沢家が甲州流、北条流、山鹿流の混在した流派を教えていたようです。
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
研究報告4
「九州における近世城郭石垣の変遷」
佐賀県立名護屋城博物館 市川浩文氏
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
研究報告5
「加藤嘉明と藤堂高虎にみる石垣構築技術」
松山市教育委員会 楠寛輝氏
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
研究報告6
「近世大学池田家の石垣普請」
鳥取市教育委員会 細田隆博氏
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
研究報告7
「東国における野面積石垣構築技術と画期」
山梨県教育庁埋蔵文化財センター 宮里学氏
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
パネルディスカッション
「城郭石垣の技術と組織からみた金沢城」
パネルディスカッションでは、野面積み→打込はぎ→切込はぎと年代によって自然石から切石から進む石垣構築過程をこれまで進化だとする風潮が、実はある面では退化だという主張がなされました。
石加工技術としては自然石から割石、切石と高度化しているが、石積み技術としては最も難しいのは自然石、切石は簡単になっている。要は石垣のバリエーションが増えたということだと。
丸1日はさすがに疲れましたが、比較研究の大切さを実感した充実した報告会でした。来年から金沢城調査研究所では、金沢城の兼六園、その周囲の武家屋敷に点在する庭園の調査から金沢の石積み技術を解き明かし、玉泉院丸庭園の特異な石垣の解明と、名勝指定に向けた調査がおこなわれるようです。

金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」

石川県文教会館へやってきました。
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
今日と明日の2日間、金沢城調査研究10周年記念シンポジウム「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」が開催されます。
県に金沢城研究調査室が設置されたのは、金沢城跡から金沢大学が移転して県所有となった後です。10年の間に研究室は金沢城調査研究所として格上げされ、昨年度の国史跡指定にも多大な貢献がありました。
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
今回は10周年の記念年としてだけではなく、研究所になったことを契機に全国の石垣研究者を外部嘱託研究員とした5年間の研究成果の集大成でもあります。
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
北垣聡一郞所長の開催の辞
「石垣研究の歩みと現在」
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
基調講演
「金沢城石垣の変遷と特徴」
金沢城調査研究所 滝川重徳氏
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
総括報告1
「遺構からみた徳川期大坂城普請の組織と技術」
東北芸術工科大学 北野博司氏
金沢城調査研究10周年記念シンポジウム 「城郭石垣の技術と組織を探る 金沢城と諸城」
総括報告2
「石垣普請の組織と穴太の役割」
金沢城調査研究所 木越隆三氏
1日目半日ではありましたが、最先端の城郭石垣の研究成果が聞けて充実しました。

企画展「金沢城の今昔」 金沢大学資料館

企画展「金沢城の今昔」 金沢大学資料館
現在、金沢大学資料館(図書館内)では企画展「金沢城の今昔」を開催中です。入館無料ですが、平日のみ(10:00~16:00)の開館ですので、年末年始休みの最終日に行ってきました。
企画展「金沢城の今昔」 金沢大学資料館
比較的穏やかだった三が日を過ぎ、今日は大雪の一日でした。今日から授業が始まった学生たちも寒そうです。
企画展「金沢城の今昔」 金沢大学資料館
展示室に入ります。
企画展「金沢城の今昔」 金沢大学資料館
前回の特別展は一室すべてを展示替えしていたので見ることができなかった通常展を壁側に戻し、中央部を企画展に使用していました。
企画展「金沢城の今昔」 金沢大学資料館
井上鋭夫氏を中心にした金沢城学術調査委員会が行った発掘調査で見つかった遺物などは、現在の金沢大学がその多くを収蔵しています。
企画展「金沢城の今昔」 金沢大学資料館
数年ぶりに本丸で見つけた阿弥陀仏を彫った石造遺物が展示され、
企画展「金沢城の今昔」 金沢大学資料館
発掘日誌なども展示されていました。
企画展「金沢城の今昔」 金沢大学資料館
「金沢城と前田氏領内の諸城」(名著出版)などを著した喜内敏氏。
本企画展は、喜内氏の遺品が石川県立歴史博物館に寄贈されたことが契機だったようです。
(そのうち、歴史博物館でも金沢城展やるのかな?)
企画展「金沢城の今昔」 金沢大学資料館
その遺品のほんの一部が展示されていました。
企画展を見た後、初めて通常展のほうも見ました。金沢大学には発掘調査の遺物や、学校で使用されていた品のほかにも、江戸時代の加賀藩のものも収蔵しています。
その中から二点、
金沢大学資料館 通常展
幕末の加賀藩の文学校、「明倫堂」の扁額です。新井白蛾の筆によるものです。
ここでは儒学を中心に算学、和学、天文学、礼法、易学、医学などを教えていました。
金沢大学資料館 通常展
そして加賀藩の武学校、「経武館」の扁額です。加賀八家のひとつ土佐守家の直方の筆によるものです。
弓、槍、剣、馬術、居合、組打、長刀などを教えていました。

ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城

清洲城にやって来ました。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
天守風建造物が建っている場所にもともと天守はなく、観光用に建てられた模擬天守と呼ばれるものですが、この赤い橋から見える城門と天守はいつもワクワクさせてくれますね。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
天守前の庭園にはこれまた絵になる風景が広がります。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
横の御殿風建造物は入った記憶がないですが、今回は中に入れるようです。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
今日はここが主目的です。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
NHK大河ドラマ「江」に合わせて開催中の「ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた」です。長浜のほうは宣伝も多かったですが、ここ清洲のほうは直前に知りました。
そうそう「清洲町」は平成の合併で「清須市」になったそうです。城名は「清洲城」のままですが
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
入場券。ちょうどもぎ取られる部分に織田家家紋が印刷されているので、さきに撮影してみました。
展示内容は清洲会議を中心とした愛知県が輩出した三英傑、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の展示でした。随分前に放映された部分でもあるので、もう展示終了間際の今となっては古い。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
では、周辺を散策します。まずは広場にあった濃姫像です。信長は・・・
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
と対岸の公園に向かう途中、河原沿いに織田家家紋を見つけた。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
おみやげ店には家紋をかたどった最中が販売されていました。美味しかった!
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
公園には若き日の信長像が立っていました。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
天守の対岸のみやげ店横に「清洲古城址」碑が立っています。もとはこちらが城のあった場所です。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
公園内には信長公を祀る社が建っています。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
発掘調査で見つかった石垣が野外展示されています。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
天守内展示の最上階には往時の屋根を復元展示されています。金箔瓦ってこういう感じなんですね。
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
最上階から見える風景はどこも近代的になってしまいましたが、名古屋市街方向を眺めると・・・
ドラマ館 江と三英傑 絆のやかた IN 清洲城
名古屋城が見えますよ。1610年、ここ清洲から名古屋へ、城下が移動しました(清洲越し)。

桶狭間古戦場 再び!

桶狭間古戦場公園
名古屋市緑区にある桶狭間古戦場公園に来ました。
桶狭間古戦場公園
前回は昨年春、名古屋城検定に合わせて歩いてここまで来ました。今回も名古屋城検定に合わせてですが、車で来ました。Googleナビで来たら、どうしても神明社境内にナビされてしまい、途方にくれているところで記憶に残る風景に会って、なんとか辿り着きました。
桶狭間古戦場公園
昨年は銅像建立の一週間前の訪問で、残念ながら対面できなかった信長像と義元像でしたが、若き日の信長にようやく会えました。
桶狭間古戦場公園
義元も従来の小太りの貴族風ではなく、凛々しい姿で、地元ならではの敬意が感じられます。
桶狭間古戦場公園
公園は桶狭間合戦の地理がモニュメントとして配置されています。
桶狭間古戦場公園
桶狭間古戦場公園
今は閑静な住宅街で、世間を驚かす一大事件が起こりました。
桶狭間古戦場公園
ちょうど設置しているところに遭遇した「桶狭間の桶」(地元ボランティアの方の洒落ですよ)は今も健在でした!
桶狭間古戦場公園

金沢野田山 加賀前田家墓所

近くながらなかなか行けなかった野田山の加賀前田家墓所に行ってきました。
金沢野田山 加賀前田家墓所
これは下から登っていったときの入口。車の場合は直接上のほうの駐車場へ行けます。
この入口横には松夫人の実家である篠原家の墓所がありました。
金沢野田山 加賀前田家墓所
観光客の見学場所のメインはやはり初代利家と松の墓でしょう。
金沢野田山 加賀前田家墓所
隣り合って造られています。松の横には長男利長(二代)、利長の上には主家である織田家から利長に嫁いだ永姫、その横に利長の兄利久、日本古来の長幼の序や主従関係を墓の位置で表しています。
金沢野田山 加賀前田家墓所
利長公の墓。大きな土饅頭の前に墓碑。参詣道入口に鳥居が立つのは明治になって神道に改宗させられたから。大名では日本最大級の墳墓です。
金沢野田山 加賀前田家墓所
松の墳墓。他の墳墓を見ると、利家と松の墳墓の周りにも堀があったと思われます。
金沢野田山 加賀前田家墓所
まだまだ紹介できますが今日はこの辺で・・・
急ぎ足ですべての墓をまわっても二時間半かかりました。藩主や生母以外にも子や乳母の墓があったりします。前田家以外にも隣接して加賀八家の横山家や村井家の墓所もあります。他の重臣たちの墓所もあることでしょう。
金沢野田山 加賀前田家墓所
観光用駐車場からの眺め。木々を伐採してくれると金沢市内が望めるのになー。利家公もこの場所から見守ってくれるのに。

富山藩藩主墓所 長岡御廟

川のように見えるが、これは牛ヶ首用水。加賀藩三代藩主前田利常の命により、新田開発を目的に掘削された用水です。
富山藩藩主墓所 長岡御廟
この用水が堀のように守る百塚山に富山藩初代藩主前田利次は、富山城の新城を建てる計画をしていました。実際には計画は頓挫し、後世に悲願だったこの地に富山藩藩主墓所が造られました。
富山藩藩主墓所 長岡御廟
真国寺は墓所守としてこの地に建てられました。
富山藩藩主墓所 長岡御廟
寺領には不釣り合いな鳥居から伸びる参詣道。元大名は明治維新により強制的に神道に改宗させられたので、墓は土饅頭の仏式であるのに、神式の鳥居が付きます。
富山藩藩主墓所 長岡御廟
現在の墓所には藩主以外の墓も多く立てられていますが、地図の上と右の大きな空間が藩主墓所となります。
上の空間には、初代、4代、5代、8代、9代、10代、11代、12代の8人、右の空間には2代、3代、6代、7代の4人の墓があります。11代までが旧式の土饅頭となっています。
富山藩藩主墓所 長岡御廟
参詣道の両側には灯籠が並び、
富山藩藩主墓所 長岡御廟
そのひとつを見ると「延宝四年」の文字が・・・他の灯籠も似たような時期のものが多かったです。
富山藩藩主墓所 長岡御廟
山門を入って正面は、初代利次公の墓となります。こちらは山門からの参詣道もそこそこの長さがあり、一基の面積も広いものです。
富山藩藩主墓所 長岡御廟
対して、右側の墓所。
富山藩藩主墓所 長岡御廟
山門正面は五代利典公の墓ですが、右側に二代正甫公の墓です。こちらは参詣道も短く、墓石近くの木々も墓参を邪魔するように大きくなっています。
富山藩藩主墓所 長岡御廟
元はもっと参詣道が長く、広い空間だったのかもしれません。一般への墓所の解放とともに、設置面積を広げるために削られたのかもしれません。
富山藩藩主墓所 長岡御廟
最近は大名墓所が観光地として整備されている場所も多くなったが、ここはまだまだ知られざる観光地となっているようです。

八戸南部氏墓所

南宗寺
長者山にある臨済宗南宗寺に来ました。南部氏墓所を探していたのですが、Googleナビでは大慈寺に案内されて場所を探すのに苦労しました。
南宗寺
南宗寺の山門は県重要文化財で江戸時代の創建。
南宗寺
正面の棟にはこの地を治めた南部家の家紋。
南宗寺
背面の棟には武田菱?と思いましたが、南部氏は甲斐の出身で南北朝時代に八戸にやってきたらしく、武田氏に関係するのでしょうね。
八戸南部氏墓所
本堂裏の墓地の中に、県史跡の八戸南部氏墓所がありました。ようやく辿り着きました(・・;
八戸南部氏墓所
藩の石高は大きくなかったので、大名墓地としては小さなものですが、
八戸南部氏墓所
整然と五輪塔が並び、そこはやはり格の違いが感じられます。
八戸南部氏墓所
八戸の隠れた名所でお詣りを

越前朝倉万灯夜

越前朝倉万灯夜
一乗谷に盛り上がる夏がやってきました。今日と明日は万灯夜、明日は朝倉戦国まつりが開催されます。
越前朝倉万灯夜
写真できれいなこの風景を一度見てみたいと思っていました。
越前朝倉万灯夜
「一客一燈」ということで誰でも参加できる万灯夜に自分も参加しようと申し込みました。
越前朝倉万灯夜
テント横の五色の水、さて何に使うのか?
越前朝倉万灯夜
そばと飲み物付きの1000円券を購入しました。
越前朝倉万灯夜
今日のイベントの最初は、朝倉義景公墓所前で行われる地蔵盆です。
地蔵盆とは子供の無事な成長を願って行われる法会で、今日も地元の子供たちが参加していました。日陰でも暑い中、立っていたのでフラフラする子供もいて親も大変です。
越前朝倉万灯夜
終わった後で子供たちに着いていって、朝倉神社の前に来ました。ここから子供みこしが出発します。
越前朝倉万灯夜
その前に、神様に祈ります。神事の最中も子供の中にはいたずらをする子もいて、ここでもやはり親は大変です。
越前朝倉万灯夜
そして、子供みこしが出発しました。

Get the Flash Player to see this player.
朝倉神社例祭・子供みこし 越前朝倉万灯夜 子供みこしは義景館前の川沿いの歩道を進み、隣接する集落の中に入って行きます。まだ時間はあったので、しばらく付いて行った後会場に戻りました。 越前朝倉万灯夜 唐門前にはすでにたくさんのカップが並べられていました。 越前朝倉万灯夜 カップにはそれぞれに自由に文字や絵が書かれていましたが、中には会場で配られたうちわを見て、浅井三姉妹の初を書いたカップがありました。なぜ?江ではないのだろう。 越前朝倉万灯夜 カップの中には先程の色水が入り、そこに蝋燭が浮かべられています。 越前朝倉万灯夜 少し時間がありましたので、自分も早速皆さんに混ざりカップに願いを書きます。 越前朝倉万灯夜 今年は東日本大震災もあったので、鎮魂を込めて「がんばれ日本!」と書いてきました。簡単ですが。 越前朝倉万灯夜 雅楽の演奏を聞いている間にすっかり辺りが暗くなりました。唐門前のかがり火が雰囲気を醸し出しています。
Get the Flash Player to see this player.
万灯夜 点灯式 越前朝倉万灯夜 点灯式では招待された姉妹都市の来賓も、蝋燭への点灯を行いました。 越前朝倉万灯夜 暗くなると、蝋燭に照らされたカップが幻想的になります。 越前朝倉万灯夜 私もいろいろな角度から撮影に挑戦しましたが、パンフレットのようないい絵は撮れませんでした。 越前朝倉万灯夜 越前朝倉万灯夜 点灯式の後は、唐門から諏訪館跡庭園まで一方通行です。 越前朝倉万灯夜 唐門に入ると、中では二胡の演奏をしていました。暗闇の中の演奏は何とも幻想的で、二胡の音色が遺跡に似合います。
Get the Flash Player to see this player.
二胡演奏 越前朝倉万灯夜 義景館の背後から、明るければ遺跡全体を見ることができますが、今日は暗闇の中ろうそくの模様が浮かび上がります。 越前朝倉万灯夜 最後は、今年あった東日本大震災のため「絆」という文字が並べられ、帰る人々の心に訴えるものがありました。