金沢城 冬のライトアップ

大雪の後のライトトップ。雪は2年ぶりでしょうか?
兼六園
まずは兼六園真弓坂から入園します。
兼六園
今年は友人と夜景用に三脚を使用して撮影しました。写真に詳しい友人に助言をもらいながらも、兼六園で撮った写真はぶれたものが多く、でも例年以上に良い写真が何枚かありました。
兼六園
ここ数日の気温上昇により、木々に被った雪はなくなったけど、池は一部凍ったままで、水面に映る美しい姿がない場所もあったが、凍った水面もまた近年では珍しい光景だ。
兼六園
寒さのためか、来週三連休がやはり人気なのか、今日の来客は少なめでした。
兼六園
園内は滑らないように通路の氷は取り除いてあったけど、一部にはうず高く積まれた雪が残っていました。そんな珍しい光景も見ながら、場所を移動しながら写真を撮っていきました。
兼六園
一番人気は唐崎の松ですね。
兼六園
では、金沢城公園に場所を移します。
金沢城
外壁塗装の修築が完了した石川門櫓。光に反射する白い壁が美しいです。
が、脇の一の門の壁が若干ミスマッチです。
金沢城
金沢城公園は兼六園よりは人気が少ないです。
金沢城
三の丸広場は一面の雪景色。五十間長屋の屋根雪はすっかり溶けてしまっているのは残念ですが、雪の冷気のためか寒いです。
金沢城
復元後初めての雪のライトアップを迎える河北門です。
金沢城
河北門への入場口から見る、河北門一の門、ニラミ櫓台、菱櫓、向こうに橋爪門、この光景は新しい金沢城の絶景スポットです。
金沢城
この菱櫓、五十間長屋、橋爪櫓の奥行きのある絵もいいでしょ!
金沢城
橋爪門の中では発掘調査が進められているため、門は閉じられたまま。そのためもあってか橋の上の雪は除雪もされず積もったままだ。
金沢城
堀には氷が張っている。こんな光景も2回目だろうか。
金沢城
この河北門、菱櫓のアングルは古写真にもある。
金沢城
河北門二の門の内側から枡形を覗けば、そこには菱櫓が顔を出す。
金沢城
終園のアナウンスが流れてきた。もう9時だ。時間はあっという間に過ぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です