金沢城橋爪門の遺構確認 二の門の位置特定

金沢城橋爪門の復元整備で、石川県は19日までに、1881(明治14)年の火災で焼失した橋爪門二の門の遺構を確認した。巨大な柱の重さに耐えられるよう地盤を固めた跡と、橋爪門続櫓の石垣から発見された柱と屋根の焼け跡が手掛かりとなり、門の正確な位置が裏付けられた。(北国新聞2011年2月20日付記事より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です