中津城の天守閣 一般売り出しへ

中津城の市への売却交渉がついに決裂したそうです。
今は最後の城主、奥平氏の子孫の方が経営する会社の経営となっていますが、長年の赤字により売却交渉が行われていたのではないかと思います。
天守は観光用の模擬天守で元々あったわけではありませんが、民間へ売却ということになれば大きくその姿を変えてしまうことも考えられますね。
私はNHK大河で「大奥」が放映された2008年に九州旅行に行ったときに、最後に見納めにしようと見てきました。どうなることやら???
朝日新聞社
http://www.asahi.com/national/update/0706/SEB201007060012.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です