国吉城 福井県の城館

姫路へ向かう途中で、昨年春オープンしたばかりの若狭国吉城歴史資料館に寄りました。
国吉城
佐柿町奉行所跡に建設された資料館の入館料は100円!安いですね。
国吉城
ここでは国吉城を中心に佐柿町の歴史を学ぶことができます。国吉城の立体模型もありますよ。
資料館は夏休みとはいえ、平日の午前なので観光客は自分たちだけでしたのでゆっくりと見学できました。
資料館を見て帰ろうと思っていると、受付で今日は本丸近くで発掘調査が行われているとのこと・・・
登るつもりはありませんでしたが、調査中と言われれば登らないわけにはいきません!!
国吉城
ということで登り始めますが、寝不足気味もありバテバテです。6分ほど登ったところで佐柿の町並みが見えました。
国吉城
さらに登ると、本丸下段の堀切のところへやってきました。
今回の発掘調査はこの堀切のようです。
国吉城
堀切の両側に石垣が出ています。
国吉城
かなり立派な石積みですね。中世の山城でも堀切のみ石垣をもったものは見たことないですが、もしかすると郭をぐるりと石垣が巻いていたのかもしれませんね。破却されてここだけ残ったのであればわからないこともないな。
国吉城
すぐ上の本丸へ向かいます。本丸の入口は虎口のようになっているようですが、手前に「石垣」の看板があるけど、どこ???
国吉城
と思っていたら、側面の急な崖の部分に一部石積みが残っていました。自然石を積んだ形式は堀切の石積みと同じ形式です。
国吉城
本丸から見た佐柿の町並みです。
国吉城
本丸はけっこう広いです。
国吉城
中央付近に「国吉城」と書かれた小さな石碑と案内板があります。
国吉城
本丸奥には一段高くなった土塁が残っています。その下に堀切が残っているようですが確認できませんでした。
国吉城
戻ってくると休憩が終わって、発掘作業が始まっていました。
国吉城
下りてくる途中に伝二の丸跡があります。資料館前の案内板では出丸跡となっていました。
国吉城
一段低い平坦地へ下りてみると、ここには土塁と門跡が残っていました。
国吉城
反対側の郭から見ると、この門跡はまっすぐには進めない巧妙な仕組みになっていることがよくわかります。
国吉城
麓には館跡があります。前回の訪問時はこの館跡の発掘調査が行われていました。館跡のまわりは石組み水路が見つかっています。
国吉城はこの麓の館と山頂に築かれた山城という、中世の典型的な平時の館と詰めの城形式です。
国吉城
資料館に戻ってきました。奉行所の石垣も復元されています。
国吉城
整備された駐車場には「国吉城址」の立派な石碑が新設されていました。本丸へ登らない方はこの石碑の前で記念撮影するのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です