名古屋開府400年記念 「大名古屋城展」

開府400年イベントで盛り上がる名古屋市へ行ってきました。早朝に出てまる一日楽しんできましたが、展示規模が予想以上であったため、かなりの強行軍となってしまいました。余裕があれば泊まりで行くスケジュールが良かったですね。
特別展「桃山 変革のとき」 名古屋市博物館
最初に名古屋市博物館に行きました。
特別展「桃山 変革のとき」 名古屋市博物館
今日から特別展「桃山 変革のとき」が始まりました。展示室が3部屋分3部に分かれていて、非常に多くの展示物が展示されていました。そのうえ入替まであるんですよ。
特別展「桃山 変革のとき」 名古屋市博物館
最後は早足となってしまいましたが、2時間以上かかりました。ゆっくり見ていたら一日いることができそうです。
特別展「武家と玄関 虎の美術」 名古屋城天守閣
次に名古屋城に向かいました。
特別展「武家と玄関 虎の美術」 名古屋城天守閣
天守閣展示室では今日から特別展「武家と玄関 虎の美術」が始まりました。威嚇するような虎や猫のような虎、ニヤけた虎など、御殿の襖絵にかかせない虎の絵がずらりと展示されていました。
名古屋城
本丸のまわりの内堀には鹿が飼われていますが、今日は見ることができませんでした。
守衛さんによれば、今年の夏は暑すぎて小鹿と産後の肥立ちが悪かった母鹿が亡くなったようです。やはり今年の夏は暑かった・・・・
メーグル
最後に徳川美術館へ向かいます。いつもは地下鉄で移動して歩くのですが、今日はバスに乗っていきました。名古屋城からは一ストップなので非常に楽でした。
特別展「大名古屋城展」 徳川美術館・蓬左文庫
徳川美術館では徳川美術館・蓬左文庫開館75周年記念特別展として「大名古屋城展」が明日まで開催されています。
特別展「大名古屋城展」 徳川美術館・蓬左文庫
こちらもたくさんの名古屋城関連品が展示されていました。ここ最近何度か市博物館や名古屋城で展示を見ましたが、まだまだ見たことのないものがたくさんありました。もっとゆっくり見たいところでしたが時間切れでした。
徳川園
ギリギリで徳川園に入りました。この時期は花も少なく、また滝の水もほぼなかったので寂しいものでした。次回は紅葉の時期に行きたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です