「多賀17城発見報告」勉強会

多賀町立博物館で開催された「多賀17城発見報告」勉強会に参加してきました。
「多賀17城発見報告」勉強会
会場となったあけぼのパーク多賀には町立博物館のほかに、図書館と埋蔵文化財センターが入っています。
「多賀17城発見報告」勉強会
多賀町は日本で最も完全に近い「アケボノゾウ」の化石が出土したところで、見つかった1993年当時は大さわぎしたようですが、自分はまだ高校生になったばかりで全く知りませんでした。
「多賀17城発見報告」勉強会
昼休みに博物館に入ってみましたが、歴史は多賀大社が中心で、展示も少なく研究が進んでいない様子でした。
「多賀17城発見報告」勉強会
勉強会は多賀観光ボランティアの田畑氏の主催で、滋賀民俗学会理事の長谷川氏の講演という形式でしたが、地元の方が意外に少なく、地元の方の関心は多賀大社にあるようですね。
20名弱の参加者はこれでも主催者の想定以上であったようですが、せっかくのふるさと学習の機会ですので、やはり地元の方の関心がもっと欲しいです。
「多賀17城発見報告」勉強会
レジュメは手作りで2冊分。既知でない城跡らしきものが一つの町内に17も発見された経緯や発見の方法など、とても楽しくためになるひとときでした。
「多賀17城発見報告」勉強会
国道306号からあけぼのパークに向かう「北多賀」交差点から見える山並みですが、ここだけで、赤丸の各山頂部に城跡があるんですよ。スゴイ!
多賀大社
10時からの開始前に、近くの多賀大社に参拝しました。
多賀大社
全国に末社も数多くのもつ社にしては境内は思いのほかコンパクトです。
多賀大社
多賀大社と言えば、しゃもじ?なのかな。
多賀大社
参拝者は少なかったですが、初孫の安産祝?と思しき家族連れがいて微笑ましい光景でした。
多賀大社
境内には秀吉ゆかりの庭と書院があるということで見学してきました。庭は座視鑑賞式で、池には水が引かれていました。今の季節は木が枯れていてイマイチか?
多賀大社
しかし、書院の襖は金箔画ですばらしかったです。見学者は自分ひとりだったのでゆっくりと鑑賞しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です