三国湊城 福井県の城館

中世に勢力を誇った三国湊白山千手寺は、南北朝期には城郭として利用され、太平記にも登場する。
三国湊城
平城だから当時は塀と堀に囲まれていたのだろう。この場所は海岸からわずかに上がっているが、とても高台とまでは言えない場所である。
三国湊城
解説板も設置されているが、非常にわかりにくい場所にある。
三国湊城
近くには特徴的な山門の妙海寺がある。
三国湊城
現在城地はその妙海寺の西墓地として利用されている。
三国湊城
千手寺城とも呼ばれた地には、現在石像の千手観音像が立っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です