金沢城いもり堀 水はどこから来る

金沢城いもり堀、鯉喉櫓台の前ですが、堀の中にパイプが出ているのがわかるでしょうか?
金沢城いもり堀
このパイプはいもり堀への辰巳用水の取水口です。
金沢城いもり堀
道路を挟んだ旧金沢中警察署も整備中ですが、中央附近のマンホールの右側がいもり堀へ、左側が広坂通りの辰巳用水へ流れます。ここまで来る経路は石引通りから兼六園霞ヶ池、瓢池となっています。
藩政期の経路は霞ヶ池から百間堀、いもり堀でしたが、百間堀は今はないので、経路変更は致し方ありません。しかし、藩政期と同じ辰巳用水の水が入るのは喜ばしいことですね。
金沢城いもり堀
入水を今か今かと待ついもり堀ですが、水位は1.5メートル程度を予定していて、今芝生を植えている下の土手の附近まで水が張られるようです。
入水から満水までは3日ほど、意外に早いですね。それから数日後濁りが取れれば金沢城に新しい風景が出現します。来年春が楽しみですね。
金沢城いもり堀
鯉喉櫓の石積みはさらに進みました。
金沢城いもり堀
辰巳櫓から見ても進んでいますね。
金沢城いもり堀
今日の見学会では足場から間近に石垣を見る事ができました。ここは石が横一直線に並ぶ布積みという積み方です。
金沢城いもり堀
この鯉喉櫓の南面の石垣は隅石附近以外は石と石の間が大きく空いている部分もあります。石で埋めることが多いのですが、ここはそのまま。近くで見ると気になる穴も、遠くから眺めるとさも気にならないのだそうです。
金沢城いもり堀
いもり堀の発掘調査で見つかった石は加工されずにそのまま鯉喉櫓台に使用されています。
残り二段を残すのみとなった櫓台ですので、出番を待っていた石も少なくなりました。
金沢城いもり堀
なくなった区画からは囲いが撤去され、また以前の姿に戻りました。芝生の剥げた部分が年月を感じさせますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です