会社を作ろう -個人事業の承継-

私は今、弥生会計で税務処理をしています。個人事業から法人成りしたことによって、ファイルは、「個人事業」と「法人」の2つが存在します。そこで、個人事業の資産を法人に承継することができるのですが、会計ソフトでどう処理してよいか分かりません。
税理士さんに聞いてみました。すると、この場合、通常の得意先のように請求して回収という流れではありませんでした。
個人事業の仕訳
・在庫の残っている商品
(借方)事業主貸  (貸方)売上高  (摘要)法人へ譲渡
・減価償却費の残る固定資産
(借方)事業主貸  (貸方)ソフトウェア  (摘要)法人へ譲渡
法人の仕訳
(借方)商品  (貸方)社長借入金  (摘要)個人事業から譲渡
つまり、社長個人に一度還して法人へ譲渡する方法をとるようです。よって、必要な書類は「請求書」ではなくて「営業譲渡契約書」になります。決まりきった仕訳処理なのでしょうが、勉強になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です