一乗谷城下町 西山光照寺跡 福井県の城館

シンポジウムに参加するため一乗谷朝倉氏遺跡資料館へやって来ました。昼休みに発掘調査の真っ最中だと紹介された西山光照寺跡へ。
西山光照寺跡
資料館から徒歩5分ほどのところの山裾に西山光照寺はありました。北の庄と呼ばれた現在の福井市や府中と呼ばれた武生市(越前市)から攻めて来たとすると、最初に見える障壁がこの西山光照寺となるそうです。寺院群が砦として利用されていたのでしょうね。
西山光照寺跡
すでに整備された東側に隣接する西側を今年度は木々をすべて伐採して発掘調査しています。
西山光照寺跡
発掘前にも地表から一部が現れていた「南無阿弥陀仏」と掘られた巨石もまるまる掘り起こされていました。
西山光照寺跡
トレンチが何本も掘られていて、地山を確認しているようです。
西山光照寺跡
先程の巨石が石垣のちょうど角に当たるようです。西側の巨石群ほどではないにしても、北側の石積みも大きな石が多いです。破壊されて地上1、2段ほどしか残っていませんが、往時はとても立派な石垣が続く壮観な風景だったのでしょうね。
西山光照寺跡
寺院跡の入口に枡形になる?のかな、凹んだ石積みがありました。
西山光照寺跡
発掘調査で見つかった石像が並んでいます。
西山光照寺跡
石柱は線路からは見えるけど、見学者には見えない場所に・・・?なぜ
西山光照寺跡
さて、西側はどう整備されるのか、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です