敏満寺城 滋賀県の城館

名神多賀SA上り線(名古屋から京都方面)に隣接して、敏満寺城跡があります。
敏満寺城
多賀SAのある青龍山一山が敏満寺であったので、サービスエリアとなっている場所もその一部です。
敏満寺城
敏満寺は、青龍山を御神体として12~15世紀頃に繁栄した寺院で、当時は比叡山を凌ぐとも言われています。そのため、その勢力は戦国時代にあって無視されることなく、浅井長政や織田信長に幾度も攻められて焼失し、再建されることはありませんでした。
敏満寺城
サービスエリアから故宮神社に至る遊歩道沿いの発掘では、坊跡や井戸跡、鍛冶場跡、火葬墓跡が見つかり、
敏満寺城
一部土塁と思われる遺構もあります。
敏満寺城
10分ほど歩いて、故宮神社に到着しました。
敏満寺城
広い境内のようです。
敏満寺城
境内に旧敏満寺の古井戸と焼石塚が残っています。
敏満寺城
西側から入る大鳥居まで来ました。
敏満寺城
大鳥居を入ると急な階段が続いています。要害ですな。
敏満寺城
境内の一部に残る石垣は敏満寺のものか、神社のものか判断しづらいですが、立派な寺院だったのでしょう。
敏満寺城
社務所の庭園は名勝に指定されているそうですが・・・
敏満寺城
なんかどことなく荒れ果てている雰囲気があります。
敏満寺城
観音堂の横に
敏満寺城
石仏が並んでいます。
敏満寺城
拝殿と
敏満寺城
その後ろの本堂となります。
敏満寺城
拝殿前にあった神社パンフレットをいただいてきました。
敏満寺城
境内から見渡す景色はよい眺めです。こちらは安土方面。
敏満寺城
そして、彦根方面となります。右端が多賀SA下り線となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です