地下室のある家

5年ぶりに我が井上の荘で住宅展(いわゆる建売即売会)が開催されています。今日は天候が良く、散歩ついでに見に行ってきました。
住宅と言えども年々進歩しています。3年前に建てた我が家でもすでに遅れている部分もでてきています。最近は電力自由化で宣伝攻勢に出ている電化住宅がほとんどです。総光熱費が安く済んでいるのかどうかわかりませんが。
ここ数年は先進的な設備と言えば、太陽光パネルでしたが、今日は地下室貯蔵庫というのを初めて見ました。これは、石油貯蔵地下タンクで全国的なシェアをもっている金沢市の玉田工業の商品でしたが、「超耐震設計地下収納庫 ハウスデポ」というもので、地下に埋まるので中の温度が一定に保たれやすいのだそうです。Aタイプ 1.9mX2.8mの楕円形タンクで5.4平方メートルの広さがあります。実感としてもちょっとした倉庫にしてもかなり広いです。建設費も200万円以内でできるそうで、建ぺい率に含まれない地下室はちょっとした隠れ家としてもよいかもしれません。同じ商品はまだホームページにはないようですが、近い商品で「三寒四温」を紹介しておきます。こちらは少し高そうですね。
いつかは地下室欲しいと思う一品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です