復興熊本城 Vol.3 天守復興編Ⅱ 令和元年度上半期まで

復興熊本城 Vol.3 天守復興編Ⅱ
発行:熊本市、熊本日日新聞社
発行日:2019年10月1日
ページ数:63ページ
定価:1,000円+税
復興熊本城の三冊目。本書では外観復興された天守を報道写真で当時を振り返り、天守などの復旧状況を収録する。本書の売上げの一部は熊本城復元整備基金に寄付されるということで、熊本城の現状を勉強しながら応援できることがいいです。

復興熊本城 Vol.1 被害状況編 平成29年度上半期まで

復興熊本城 Vol.1 被害状況編
発行:熊本市、熊本日日新聞社
発行日:2017年12月18日
ページ数:63ページ
定価:1,000円+税
熊本地震で熊本城が大きく被害を受けたとき、全国の報道は天守と一本石垣の飯田丸に集中した。復興の進む今に至っても天守が中心になっている。自分としては外観復興の天守より本格木造復元がされた本丸御殿の被害状況がずっと気になっていたのだが、本書はしっかりと場所別の被害状況を確認できる。

琉球王国の象徴 首里城 シリーズ「遺跡を学ぶ」145

琉球王国の象徴 首里城
発行者:新泉社
発行日:2020年3月30日
ページ数:93ページ
定価:1,600円+税
本書は首里城の案内書ではなく、遺跡を学ぶシリーズとして首里城が建てられた歴史的背景や首里城の遺物にフォーカスした学術入門書である。たまたま出版時期が焼失後になってあとがきのように1節追加されているが、元は世界遺産指定20周年を記念したものだったようだ。

続きを読む 琉球王国の象徴 首里城 シリーズ「遺跡を学ぶ」145

緊急出版 報道写真集 首里城

緊急出版 報道写真集 首里城
発売元:沖縄タイムズ社
発行日:2019年11月15日
ページ数:88ページ
定価:1,000円+税
2019年10月31日失火により正殿が焼失した首里城について、復興前や復興後の行事、そして焼失時について報道写真を集めた写真集。

御城印ガイド

御城印ガイド
監修:萩原さちこ
発行所:徳間書店
発行日:2019年12月31日
ページ数:191ページ
定価:1,700円+税
今ブームになっている御朱印を111城掲載している。

松江歴史館蔵 極秘諸国城図図版集

松江歴史館蔵 極秘諸国城図図版集
編集・発行:松江歴史館
発行日:2018年3月30日
ページ数:81P
定価:3,000円+税
オススメ度:★★★★☆
昭和25年~30年に松江藩士の子孫により寄付されたとされる江戸初期に描かれたと考えられる城絵図74図(73城)を収録する。家康時代の江戸城や真田丸の絵図が含まれていたことで注目を浴びた。1城1ページに精密写真で収録されるが、元が大きいだけに文字の判別はなかなか厳しい図も多い。

日本建築史基礎資料集成 第十五巻 城郭Ⅱ

日本建築史基礎資料集成 第十五巻 城郭Ⅱ
発行:中央公論美術出版
発行日:1982年7月20日
ページ数:171P
定価:19,000円
オススメ度:★★★★☆
「本集成はわが国に現存する古建築のうち、とくに価値の高いものおよび建築設計資料として利用度の多いものを採録する。本巻は城郭関係遺構のうち、城郭Ⅰにつづいて、江戸時代の天守、櫓、塀、蔵、馬屋、長屋を採りあげた。」

続きを読む 日本建築史基礎資料集成 第十五巻 城郭Ⅱ