大坂城石垣調査報告書 其一

大坂城石垣調査報告書
著者:築城史研究会
発行:日本古城友の会
発行日:1977年11月5日
ページ数:40P
定価:会員頒布
オススメ度:★★★☆☆
「本稿では主として、石垣に刻まれた刻印を媒体として、大阪城の石垣のうち、藤堂和泉守高虎が助役構築した石垣丁場のなかで、寛永元年担当の空堀に面した石垣について述べてみたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です