日本建築史基礎資料集成 第十五巻 城郭Ⅱ

日本建築史基礎資料集成 第十五巻 城郭Ⅱ
発行:中央公論美術出版
発行日:1982年7月20日
ページ数:171P
定価:19,000円
オススメ度:★★★★☆
「本集成はわが国に現存する古建築のうち、とくに価値の高いものおよび建築設計資料として利用度の多いものを採録する。本巻は城郭関係遺構のうち、城郭Ⅰにつづいて、江戸時代の天守、櫓、塀、蔵、馬屋、長屋を採りあげた。」



[目次]
概説
一 宇和島城天守
二 高知城天守
三 弘前城天守
四 熊本城宇土櫓
  弘前城二の丸辰巳櫓
五 高松城二之丸月見櫓
六 大阪城千貫櫓
七 岡山城月見櫓
八 彦根城天秤櫓
九 姫路城化粧櫓、ヨの渡櫓
  熊本城監物櫓
一〇 旧江戸城田安門
一一 金沢城石川門、弘前城二の丸東門
一二 二条城二の丸東大手門
  姫路城りの門、水の一門、水の一門北方築地塀、水の一門西方土塀、水の五門南方土塀
  熊本城長塀
  大阪城焔硝蔵・金蔵
  二条城二の丸土蔵(南)(米蔵)
  彦根城馬屋
一三 旧厚狭毛利家萩屋敷長屋