復興熊本城 Vol.3 天守復興編Ⅱ 令和元年度上半期まで

復興熊本城 Vol.3 天守復興編Ⅱ
発行:熊本市、熊本日日新聞社
発行日:2019年10月1日
ページ数:63ページ
定価:1,000円+税
復興熊本城の三冊目。本書では外観復興された天守を報道写真で当時を振り返り、天守などの復旧状況を収録する。本書の売上げの一部は熊本城復元整備基金に寄付されるということで、熊本城の現状を勉強しながら応援できることがいいです。

復興熊本城 Vol.1 被害状況編 平成29年度上半期まで

復興熊本城 Vol.1 被害状況編
発行:熊本市、熊本日日新聞社
発行日:2017年12月18日
ページ数:63ページ
定価:1,000円+税
熊本地震で熊本城が大きく被害を受けたとき、全国の報道は天守と一本石垣の飯田丸に集中した。復興の進む今に至っても天守が中心になっている。自分としては外観復興の天守より本格木造復元がされた本丸御殿の被害状況がずっと気になっていたのだが、本書はしっかりと場所別の被害状況を確認できる。

琉球王国の象徴 首里城 シリーズ「遺跡を学ぶ」145

琉球王国の象徴 首里城
発行者:新泉社
発行日:2020年3月30日
ページ数:93ページ
定価:1,600円+税
本書は首里城の案内書ではなく、遺跡を学ぶシリーズとして首里城が建てられた歴史的背景や首里城の遺物にフォーカスした学術入門書である。たまたま出版時期が焼失後になってあとがきのように1節追加されているが、元は世界遺産指定20周年を記念したものだったようだ。

続きを読む 琉球王国の象徴 首里城 シリーズ「遺跡を学ぶ」145

緊急出版 報道写真集 首里城

緊急出版 報道写真集 首里城
発売元:沖縄タイムズ社
発行日:2019年11月15日
ページ数:88ページ
定価:1,000円+税
2019年10月31日失火により正殿が焼失した首里城について、復興前や復興後の行事、そして焼失時について報道写真を集めた写真集。

定本 国宝松本城

定本国宝松本城
編集:「国宝松本城」刊行会
発行:郷土出版社
発行日:1988年3月17日
ページ数:259P
定価:14,000円
オススメ度:★★★☆☆
「わが国最古の五層天守を誇る国宝・松本城の全容が今、あきらかに!武田信玄の戦国ドラマにも登場する天下の名城の歴史と構造を全解明」

松本城が深志城と言われていた時代からの歴史、中信の歴史が概観できる。この地方が小笠原氏、武田氏、木曽氏、上杉氏、徳川氏といつも抗争の地であったことをあらためて認識した。

続きを読む 定本 国宝松本城

定本 信州上田城

定本信州上田城
編集:東信史学会
発行:郷土出版社
発行日:1986年4月23日
ページ数:230P
定価:18,000円
オススメ度:★★★☆☆
「「真田太平記」で全国に知られた天下の名城。新発見の資料と多彩な図版でその歴史と構造を全解明!」

上田城を中心に、上田・小県地方の城館を紹介している。本丸東櫓門が復元される編集のため、櫓三棟の建つ少々寂しい写真であるが、上田城公園として本格的に整備される前の貴重な状況を見ることができる。三棟のうち、二棟は上田遊郭へ払い下げられたものを戦時中に買い戻して移築したという苦労話も書かれていて、上田城と真田氏の歴史を概観できる。

続きを読む 定本 信州上田城

研究紀要Ⅱ 大和の環濠集落

大和の環濠集落
著者:喜多芳之
発行:日本古城友の会
発行日:1976年3月5日
ページ数:28P
定価:会員頒布
オススメ度:★★★☆☆
奈良県内の環濠集落を概観して分析しているが、詳細な研究までは誌面の関係で立ち入っていない。

研究紀要Ⅳ 伊賀の古城

伊賀の古城
著者:伊賀中世城館調査会
発行:日本古城友の会
発行日:1976年8月5日
ページ数:46P
定価:会員頒布
オススメ度:★★★☆☆
「伊賀地区の比較的遺構が良く残っている52の古城をとりあげ、一般の関心と理解を求めるため小冊子を発行した次第である。」

研究紀要 大和高取城

大和高取城
著者:多賀左門
発行:日本古城友の会
発行日:2001年10月14日
ページ数:42P
定価:会員頒布
オススメ度:★★★☆☆
「本稿では主として石垣遺構に焦点を当てて、築城の主体とその経緯に迫ってみたいと考える。そのためにまずは高取城の構造的特徴について概観し、その上で本論に移りたい。」