よみがえる金沢城 1

よみがえる金沢城 1
出版社:北國新聞社
発行日:2006年3月初版
ページ数:159P
編集:石川県教育委員会事務局文化財課金沢城研究調査室
定価:2,000円(税込5%)
オススメ度:★★★★★
書評:
金沢城研究調査室が発掘調査などの結果を踏まえて5年間の研究成果をまとめている。金沢御堂の時代から現在までの移り変わりをイラストや古地図、古い写真などを多用してあり、興味を持って読み進めることができる。この書籍がこれから本格化する金沢城復元の盛り上がりの一助となることを願っている。
この「よみがえる金沢城」シリーズは全五巻で発行される予定であり、今回の出来から想像して次も楽しみである。
この書籍をAmazonで購入する この書籍を楽天ブックスで購入する

続きを読む よみがえる金沢城 1

日本城郭大系 第12巻 大阪・兵庫

日本城郭大系 第12巻 大阪・兵庫
発行元:新人物往来社
発行日:1981年3月初版
編者:[大阪府] 田代克巳、渡辺武 [兵庫県] 石田善人
ページ数:579P
定価:6,800円+税
オススメ度:★★★★★
収録城郭:大阪府135城郭、兵庫県283城郭
書評:
城郭辞典の決定版「日本城郭大系」の大阪府・兵庫県版。入手するには古本を探す以外にないが、城郭ファンにはまさにバイブルである。20年経た今日においてもこれほど詳細な辞典はなく、入手する価値は高い。

続きを読む 日本城郭大系 第12巻 大阪・兵庫

研究紀要 金沢城研究 第3号

研究紀要 金沢城研究 第3号
発行元:石川県教育委員会事務局文化財課金沢城研究調査室
発行日:2005年3月初版
ページ数:76P
定価:510円(税込5%)
オススメ度:★★☆☆☆
収録城郭:金沢城
書評:
「金沢城研究調査室」の報告書第3号である。創刊号に比べると本数は減っているが、その文一つ一つの論文が長くなっている。復元に向けた二の丸御殿の論文が2つ掲載されている。全国的にめずらしい石垣の石切丁場の論文がおもしろい。
石川県行政情報サービスセンター有償刊行物一覧

続きを読む 研究紀要 金沢城研究 第3号

研究紀要 金沢城研究 創刊号

研究紀要 金沢城研究 創刊号
発行元:石川県教育委員会事務局文化財課金沢城研究調査室
発行日:2003年3月初版
ページ数:78P
定価:730円(税込5%)
オススメ度:★★☆☆☆
収録城郭:金沢城
書評:
金沢城二の丸御殿復元に向けて石川県として「金沢城研究調査室」を設置した最初の報告書である。
創刊号のため、その後発行される第2号、第3号に比べ記事の本数が多い。石垣の宝庫である金沢城における石垣の分布に関する論文「金沢城石垣の変遷 1」は興味深い。
石川県行政情報サービスセンター有償刊行物一覧

続きを読む 研究紀要 金沢城研究 創刊号