豊臣秀吉と京都 聚楽第・御土居と伏見城

豊臣秀吉と京都 聚楽第・御土居と伏見城
出版社:文理閣
発行日:2001年12月初版
ページ数:249P
編者:日本史研究会
定価:5,200円+税
オススメ度:★★★★☆
書評:
「本書においては、豊臣政権期の京都・伏見に焦点をあて、最新の研究成果をまとめることとした。本書に収録した論稿には、政治史的な観点から首都としての京都・伏見の性格を解明したもの、文献史料はもとより考古学研究の成果や古地図の分析によって都市の実態を精緻に復元したもの、広く全国の城郭や都市と比較することで聚楽第や伏見の特質をうかびあがらせたものなどがある。研究の手法・視角は多様であり、まさに学際的に豊臣秀吉と京都の関係を解き明かすものとなっている。」
論文集なので少し専門的ではありますが、聚楽第や御土居、伏見城に関して詳細に書かれた類書はほとんどないので貴重な存在です。地方出版社のため発行から日が経ち入手が非常に困難な状態ですので、興味ある方は早めの入手をおすすめします。良い内容なので古書はおそらく定価以上になるでしょう。惜しいのは、この価格ながらモノクロであることでしょうか、折角貴重な発掘の遺物写真が掲載されていても現物の雰囲気が伝わりません。しかし、本書を読めば京都の町の印象がガラリと変わるでしょう。
この書籍をAmazonで購入する この書籍を楽天ブックスで購入する この書籍をbk1で購入する


[目次]
第一部 秀吉と都市京都を読み解く
 1 織田信長と京の城
 2 豊臣政権と首都
 3 「御土居」への道 -戦国・織豊期における都市の展開-
 4 城郭史からみた聚楽第と伏見城
第二部 よみがえる豊臣期京都
 1 豊臣政権の京都都市改造
 2 聚楽第と城下町
 3 聚楽第の築城と都市の発展
第三部 天下人の首都-伏見
 1 考古学からみた伏見城・城下町
 2 伏見城とその城下町の復元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です