三春城Ⅱ 本丸表門跡発掘調査報告書

三春城Ⅱ 本丸表門跡発掘調査報告書
編集・発行:三春町教育委員会
発行日:1993年3月
ページ数:88P(図版含む)
定価:1,500円(当時) 絶版
オススメ度:★★★☆☆
「江戸時代の三春城の姿を明らかにするために、まず本丸下の段にあったとされる表門(大門とも呼ばれていた)を発掘調査しました。その結果、間口が10.6m、奥行きが5.5mの大きな門とそれを囲む石組みの溝の跡が発見されました。また、門に葺かれた大量の瓦や釘なども出土しました。この門は表紙あるいは弘前城二の丸東門・南門のような二階建ての門で、当時非常に大きな門がお城山にたっていたことが確認されました。」

本書はすでに販売していませんが、三春町歴史民俗資料館で三春城跡のⅢ以降を購入できます。
三春町歴史民俗資料館 刊行物ホームページ
[目次]
Ⅰ 調査要項
Ⅱ 遺跡の周辺
 1 遺跡の位置と地理的環境
 2 歴史的環境
Ⅲ 調査の目的と方法
 1 調査の目的
 2 調査の方法
Ⅳ 遺構と遺物
 1 層序
 2 遺構
 3 遺物
Ⅴ まとめ
付編 三春町市街地整備事業関連遺跡調査報告
Ⅰ はじめに
Ⅱ 試堀調査の成果
 1 旧神田ガラス店跡地
 2 旧本田歯科医院跡地
 3 公民館駐車場
Ⅲ おわりに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です