石田三成と直江兼続 CG日本史シリーズ20

石田三成と直江兼続 CG日本史シリーズ20
出版社:双葉社
発行日:2009年6月
ページ数:50P
定価:980円(5%税込)
オススメ度:★★★★☆
書評:
「戦国最高の英知と目された石田三成と直江兼続の密約とは? 三成と羽柴秀吉との出会いから、兼続との親交、2人の盟約が挫折した関ケ原合戦での敗戦までを、CG再現を交えながら解明する。 」
多くのCGで毎号楽しませてくれる本シリーズですが、今号では「三成と兼続」を取り上げています。NHK大河ドラマに合わせた非常にタイムリーな内容ですが、最近少なくなっていた城のCGが今号では多く掲載されています。やはりCGはイメージがしやすく、見ていて楽しいものですね。
この書籍をAmazonで購入する この書籍を楽天ブックスで購入する この書籍をbk1で購入する


[目次]
第一章 石田三成と羽柴秀吉
 長浜城
 賤ヶ岳合戦
 頭角を現していく石田三成
第二章 直江兼続との出会い
 水口城
 落水の出会い
 北條征伐
 忍城の水攻め
 豊臣政権下での三成と兼続
第三章 筆頭奉行石田三成
 名護屋城
 佐和山城
 米沢と会津
 武断派との対立が表面化
第四章 関ヶ原合戦
 大坂城出陣と伏見城炎上
 大垣城と杭瀬川の合戦
 関ヶ原合戦
 関ヶ原合戦図屏風
 長谷堂合戦
 潰えた三成と兼続の野望
石田三成と直江兼続関連の城郭と古戦場アクセスガイド
関連年表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です