栃木の城シリーズ4 常陸西部と下野南東部の城 -宇都宮氏と八田氏の関係を考える-

栃木の城シリーズ4 常陸西部と下野南東部の城 -宇都宮氏と八田氏の関係を考える-
編集・発行:宇都宮市教育委員会
発行日:2008年9月23日
ページ数:14P
定価:不明
オススメ度:★★★☆☆
「今回の企画展は、過去三回実施した栃木の城シリーズの第四弾です。これまでは、栃木県内の城を紹介してきましたが、今回は、宇都宮氏の一族といわれている八田氏や笠間氏が拠点とした常陸西部の城を紹介し、中世宇都宮氏の常陸方面における動向を垣間見てみたいと思います。」

今号は少し写真多めですね。

[目次]
一 常陸西部の城
 (1)小田氏の城
 (2)笠間氏の城
 (3)真壁氏の城
二 下野南東部の城
 (1)茂木氏の城
 (2)芳賀氏の城
 (3)益子氏の城
三 近年調査された中世遺跡の紹介
 (1)高島館跡と上城跡
 (2)長沼城跡
 (3)市ノ塚遺跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です